So-net無料ブログ作成
検索選択

第24節 浦和戦 埼玉スタジアム2002 [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ0-2浦和
アウェイ浦和戦9連敗。
浦和に9戦ぶりのホーム勝利を献上。。。

浦和戦雑感
・埼スタに到着したのは11:00頃。横浜から埼スタまで1時間半強かかる。遠い。。。次回からは国立でお願いします。
・到着したときはポツポツと雨も残り、風も強く、寒かったがだんだんと青空が広がり、良いお天気となった。日向は心地よかった。
・アルビスタメン、ベンチには予想通りブラジル人の名前無し。
・厳しいな。。。点取れるのかね。。。
・試合前のアップ中にエジがアルビG裏に挨拶しに来た。今まで来たこと無かったのになんで急に来たんだ?
・浦和も観客動員に苦しんでいる。メインとバックはガラガラだ。
・浦和G裏は気が付くと密集していた。だが、チャントが終わると元の位置に戻っていた。あれは何?
ゲームはかなりの苦戦を予想した。しかし、優位にゲームを進めていたのはアルビ。
・出足早く、スピーディーにボールをつないで浦和に攻め込んでいく。
・マサル、亜土夢、ヨンチョルが軽快に動いている。
大島のポストプレーもさえている。
・柏木はボランチだとそんなに怖くない。
・目まぐるしく攻守が入れ替わる感じ。
・ホントよくアルビは浦和に食らいついている、いやパス回し早くて浦和を翻弄している感すらある。
・これでゴールが決まれば完璧なのであるがシュートは決まらない。
・マサルはシュートは大チャンスだったが、大外れ。。。
セットプレーのチャンスもあったのだが、亜土夢は思うようなボールを蹴れず。。。。。
・前半42分、ヨンチョルが左サイドから持ち込んでシュート。惜しくも浦和GKに阻止されてしまった。亜土夢が逆サイドに突っ込んできていたが間に合わなかった。惜しい。。。
・まあこのままアルビ優勢で前半を終了できれば後半はかなり期待できるぞと思っていた。
・ロスタイム表示は2分。へっ?、なんで2分もあるの?そんなに試合止まったっけ?
・ちょっと悪い予感がする。
・前半ロスタイム、浦和の逆襲。ゴール前でボールを受けたエジがチョロっと後ろから走りこんできた柏木にパスして、左足でシュート。これがきれいにゴール左隅に決まってしまい、失点。。。。・いつものエジだったら強引にゴリゴリ行ってボール取られているのにパスするだなんて。。。
・柏木のシュートは素晴らしかった。柏木はやっぱり怖かった。。。
・この失点で全てが狂ってしまった。シュートを打たせてしまったのが大きなミスだった。もっと詰めてシュートを打たせないようにすることはできなかったのだろうか。
・後半開始から小林に代えて三門投入。しかし、得点して勢いが出た浦和が優勢にゲームを進める。
・アルビは浦和のパスワークに翻弄される。前半飛ばし過ぎたせいなのか。。。
・思うようにプレスを掛けられず、後手後手になってしまう展開が続く。
・前半とは全く違うチームになってしまった。もしかして浦和の戦略にまんまと嵌ってしまったのか。。。
・後半17分、疲れに見えた大島に代えて明堂投入。ヨンチョルがFWに上がった。
・だが、流れは変わらず、浦和優勢が続く。
・大島が居なくなったことによりポスト役が不在で逆に厳しくなったような気がする。。。
・後半32分、亜土夢に代えてケンゴー投入。
・ケンゴーに同点弾を期待したが・・・・・・アルビに流れは傾かない。
・後半35分、右サイドを崩されエクスデロに決められ2失点目。正直、2点差はかなりきつい。
・絶対に取られちゃいけない点を取られてしまった。堪え切れなかった。。。。
・正直、追いつけないと諦めた。せめて1点返してくれと願った。
・試合終了間際、左サイドをゴートクが浦和選手数人を振り切って突進していった。何が何でも点取ってやるという気概を感じた。
・ゴートクの危機迫るプレーはゴールには結びつかなかったが後半の唯一の見所だった。
・結局、後半は後手後手になり、何もできず、させてもらえず、点取れず、敗戦。
・試合終了後の選手挨拶は負けたのが凄く悔しくて悔しくて選手達の顔を見ることができず、椅子に座りこんでしまった。拍手もできなかった。ただただ凹んだ。。。。。


・結果的に完敗だった。
・もう埼スタでは勝てないのではないかと思った。
・前半の出来がよかっただけに前半終了間際の失点が悔やまれる。あの失点で全てが狂ってしまった。
・前半はマルシオ・ミシェウさん不在でも充分に闘える展開だったが、後半は全く別のチームになってしまった。
・シュート数は珍しくアルビの方が多い。しかしアルビは無得点だ。
・試合終了時のピッチ上にはケンゴー、ヨンチョル、明堂、マサルと若く経験の少ない攻撃陣が踏ん張っていた。ヨンチョルを除けば練習試合でのメンバーだ。練習試合では自分たちのペースでゲームを進められる時が多く、得点も取っている。だが、トップではまだ何もさせてもらえない。経験豊富な浦和選手達にいいように弄ばれていた。ハッキリ言って力不足だろう。本人たちが一番よくわかっていることだと思うし、悔しいと思う。でも、この苦い経験はきっと「次」の糧となるはず。そう信じている。
・でも早く結果を出してほしい。
・亜土夢はメッシのような存在になれるといまだに思っているのだが。。。。
・ああ~、点取り屋のスタライカーがほしい。
・次節からはゴートクとマサルは代表に招集されてしまいアルビを離脱。この状態で好調な2人の離脱は痛いぞ。
・マルシオとミシェウさんの復帰はいつになるんだ?C大阪戦も期待しない方がいいのか?
・貴章が抜けてから4試合0勝1分3敗。7失点で毎試合失点している。得点はわずかに2得点。
・ブラジル人も思うように使えなくてかなり厳しい。
・開幕から勝てなくてもがきながら、チームの戦い方を模索していたときと感じが似ている。耐えるしかない。
・「誰それ不在で勝てない」から脱却するにはまだまだ我慢が必要だ。
・だが、前半終了間際に失点するまでは素晴らしい戦いをしていた。あれを90分持続できれば。。。。
・C大阪戦もかなり厳しいだろう。だけどきっと選手達は奮起してくれるはず。勝利を期待しよう。
・大阪ではどこで何食べようか(笑)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。