So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2009年04月 |2009年05月 ブログトップ

第8節 千葉戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

CIMG5553.JPG
アルビ2-2千葉
3位後退。。。
スワンで2戦連続の引分け。
今回ももったいない引分けだった。
ありゃ、絶対に勝たなくちゃいけないゲームだよな。。。。。

天気もすばらしく、心配された試合前の☆コレオもきれいに決まり、あとは「勝つだけ」のアルビ。
だが、立ち上がりは相変わらず悪い。
いきなりロングボールを入れられ、シュートを打たれる。
深井に走り回られ、シュートを打たれる場面が目に付く。
前半8分、谷沢にシュートを打たれるも、北野が弾く。
弾いたボールを深井がシュートを打つも、これも、北野がファインセーブ。
北野、すげーぞ。
前半10分過ぎからやっとアルビペースになってきた。
この立ち上がりの悪さは何なんだ。
前半19分、松下が強烈なミドルシュートを打つが、惜しくもクロスバーの上。
よしよし、ようやくエンジンがかかってきたか。
前半25分、PJが左サイドをドリブル突破し、そのまま中央にまで切れ込み、右サイドでフリーだった貴章へパス。
貴章はシュート打たずに、後ろから走りこんできたマルシオにパス。
マルシオはこれをきれいに決めてアルビ先制。
すばらしい連携での得点だった。
でも、私は貴章に決めてほしかった。。。。。
その後、千葉に攻め込まれる場面もあるが、前半はこのまま1-0でしのぐ。
千葉に攻め込まれる場面はあったものの、巻にほとんど仕事をさせず、セットプレーだけには十分気をつければ完封できると思っていた。
深井が邪魔だったけど。
後半7分、右サイドを攻められ、ジウトンが対処し、ボールを奪う。
しかし、ジウトンは簡単にボールをすぐ脇のタッチラインへ出す。
ここからロングスローでゴール前に入れられ、CKを与えてしまい、ボスナーに決められ、追いつかれてしまった。。。。。
うーん、ちょっとボスナーへのマークが甘かったか。。。
ジウトンも、もっと遠くのタッチラインにボール出さなきゃ。。。。。
だが、その2分後、アルビは突き放す。
後半9分、左サイドでジウトンのスローインからPJ→ジウトンとつながれ、ゴール前へクロス。
このクロスに大島が千葉DFに競り勝って、頭で押し込み、アルビ再びリード。
いいクロスだったぞ、ジウトン。
大島もさすがだった。
さらにアルビは千葉を攻め立てる。
後半18分、中央の大島からのポストプレーでPJが強烈なシュートを打つが、GK正面。
後半27分にはセットプレーのチャンスからマルシオが強烈なミドルを打つも、GKに弾かれ、さらにこぼれ玉を貴章が拾い、内田にパス。
内田がクロスを上げ、永田がうまく頭で合わせてゴールを狙うがこれもGKに弾かれる。
惜しい。。。。。
さらにCKからジウトンがヘディングシュートを打つが、これはクロスバーの上。
追加点が取れない。。。。
3点目を取れば確実に勝ちを確信できるのだが。。。。
後半35分、大島に代えてヨンチョル投入。
だがこのあたりからアルビ選手の足が止まり始める。
後半39分。松下に代えて千葉ちゃん投入。
守りを固めて逃げ切り体制だ。
しかし、直後の後半40分、左サイドから下村にクロスを簡単に上げられ、斎藤に頭で合わせられて痛恨の失点。
2-2と追いつかれてしまった。。。。。。
このとき左サイドでは貴章と内田がパス交換をしていたが簡単にボールを奪われてしまっていた。
そこから深井に右サイド深くにドリブルで走られた。
このとき深井の周りには3人のアルビ選手が囲んでいたが、ボールを奪うことができず、下村の位置には大きなスペースが開いていて、簡単にクロスをあげさせてしまった。
また、斎藤へのマークもかなり甘くなっていた。
後半44分、勲に代えて亜土夢投入。
ロスタイム表示は4分。
CKのチャンスから千代反田がヘディングシュートを叩きつけるがGKがしっかりとキャッチ
その後もジウトンがミドルを狙うも大きく枠外。
結局、2-2で痛い引分けとなってしまった。。。。。

またホームで「勝点2」を失ってしまった。
なんでホームで勝ちきれないの(怒)。。。。。

千葉戦雑感。
・千葉に「勝点1」を与えてしまったことがムカツク。
・立ち上がりの悪さはなんとかならんか。
・どフリーの状態でトラップミスしてボールを外に出しちゃだめだよ、ジウトン。
・簡単にタッチラインにボール出しちゃだめだよ、ジウトン。今回は間接的だけど失点につながったぞ。
・でもいいクロスをあげてたぞ、ジウトン。
・ジウトンがボール持つと一番歓声が大きい。
・マルシオが決めたけど、あれは貴章に決めてほしかった。まあ、マルシオにパス出したのは貴章の好判断なのだろうけど。。。
・大島はいいプレーを連発していた。さすがのヘディングシュートだった。
・セットプレーからの失点が気になる。なーんかマークがずれているような気がする。
・PJはちょっと強引過ぎないか。もっと周りを生かすといいと思うのだが。
・でもマルシオの先制点はPJのおかげだよね。
・やっぱりエビスビールは美味しいよね。
・サッポロ黒ラベルも美味しいよね。

第7節 大宮戦 埼玉スタジアム2002 [アルビレックス新潟]

CIMG5541.JPG
アルビ1-0大宮
今季2度目の劇的な「サヨナラゲーム」。
寒い寒い寒い雨の中、貴重で大きな、大きな、大きな、「勝点3」獲得。
これで2位浮上。

朝から雨がザンザカ降っている埼スタ。
雨のせいか、ビジター席以外は完売のはずなのに空席の目立つ埼スタs。
寒くて、寒くて、寒くてふるえながらの応援だった。
アルビは契約上の問題で出場できないPJに代わり、ヨンチョルがスタメン出場。
序盤は大宮にペースを握られかけるも、徐々にアルビペースに。
だが、雨降ってピッチが滑りやすいせいか、コケる選手が続出。
早めに先取点を奪い、優位にゲームを進めたい展開だった。
前半16分、右サイドから内田がゴール中央へ絶妙のクロスをあげる。
これに反応した松下が飛びついてボレーシュート。
ゴール左上隅に「入った~」と思い、両手をあげかけたが、ボールはクロスバーをたたき、跳ね返された。
なぜ松下のシュートはクロスバーに嫌われるんだ。。。。。。。
前半16分、CKの流れから藤本にボレーを打たれるが、これもクロスバーを叩き、枠外へ。
危ない、危ない。。。。
この後もどちらかといえば、アルビがボールを持っているが、肝心なところでのパスミス多く、またボールを奪われ、素早い逆襲を狙われる。
だが、千代反田・永田等のうまいカバーリングで大宮にチャンスを作らせない。
前半は0-0で折り返す。
ハーフタイムにはビールではなく、ホットコーヒーで体を温めた。
後半開始からもアルビペース。
ヨンチョル・大島がヘディングシュートを打つも得点できず。
逆に後半10分あたりから大宮にペースを握られ、防戦一方となる。
シュートを立て続けに打たれるが、大宮選手の決定力の無さにも助けられ、とにかく耐え、ボールを跳ね返す。
冷たい雨降って、スリッピーな状態でいつ失点してもおかしくない状況だ。
この時間帯に失点しなかったのは大きかった。
後半19分、松下に代わり、亜土夢投入。
ヨンチョルが左SHに下がり、亜土夢がFWに入った。
この交代で多少、アルビにゲームが傾く。
大宮守備陣を崩せるようになってきた。
後半21分、マルシオが絶好のチャンスを作り、シュートを打つも、枠外。。。。。
直後、大宮はデニス・マルケス投入。
怖い奴が入ってきた。
後半24分、CKから大島が頭から飛び込むが、ボールは惜しくも枠外。。。
惜しい。。。
後半33分、大宮の金沢に黄色紙提示。
後半35分、またもCKから決定的なチャンスを作り、大島がゴールを狙うが、ボールはピンボールのように跳ね返り、ゴールラインを割れず。。。。。。
ボールは左サイドでフリーとなり、まだ攻撃できると思ったら、審判はプレーを止めた。
なんでって思ったら、大宮GKが倒れていた。。。。。
当然、アルビボールから再開だと思ったが、ゴールキック。
なにかGKに対してファウルがあったのか。。。。。
このまま引き分け濃厚の状況だった後半43分、大宮の金沢に2枚目の黄色紙提示で退場処分。
金沢はユニを脱いでバックスタンド側からピッチ外へ出たが、審判はこれを認めず、メインスタンド側から出るように指示。
なぜ?
とにかくアルビは残り時間は少ないが数的優位になった
ロスタイム表示は5分。
まあ、選手交代とGKが倒れこんだことと、退場の時の時間を考えればそれくらいあるだろう。
十分に1点取れる。
だが、デニス・マルケスに右サイドからドリブル突破され、誰も止められない。
そのままシュートを打たれ、「ああ~」と悲鳴が聞こえる中、北野に「ネ申」が舞い降りた。
必死に伸ばした右手にボールが当たり、さらにクロスバーが弾いてくれた。
危ない危ない。
北野、ナイスセーブ。
ロスタイム3分過ぎ、左CKのチャンス。
蹴るのはマルシオ。
ショートコーナーからマルシオ→亜土夢→マルシオと渡り、ゴール前へクロス・・・・・・・・と思ったら、ボールは見事にゴール右隅に突き刺さった。 マルシオ、ゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーール!!!
まさかシュートだとは思わなかった。
でも、やっぱりクロスか?
とにかく素晴らしいビューティフルゴール。
ゴールを決めたマルシオはG裏に駆け寄り、喜びを爆発させていた。
喜んでいるのが長くて、なかなかピッチに戻らなかったから、黄色紙提示を心配したけど、提示されなくてよかった。
あんなに喜ぶマルシオも珍しい。
あとはうまく時間を使ってアルビが1-0で厳しい戦いを制した。

広島戦で失った「勝点2」を大宮戦で取り返した感じだ。
勝つには勝ったが、雨のせいもあり、イマイチなゲームだった。
鈴木監督も「ゲームは内容的によくありませんでした」と満足していない。
ただ、このところ守備陣が同じような形で失点していたのに完封できたのは大きい。
クロスバーにも助けられたけど(笑)。
それにPJ不在で大宮に勝ったことも大きい。
なにより「勝点3」が一番大きい。
次節は「休養十分」のPJがスタメンだろう。
PJのゴールとアルビ完封勝ちに期待しよう。

大宮戦雑感。


今日、気がついたんだけどアルビの得失点差+5って浦和・鹿島の+4を抜いて、1位だ。
得点数は1位広島(17得点)、2位G大阪(15得点)、3位アルビ(12得点)
失点数は1位浦和(4失点)、2位鹿島・山形(6失点)、4位アルビ・清水(7失点)。


で、大宮戦雑感。
・寒い、とにかく寒すぎる。
・焼酎お湯割りあったけど小さい紙コップで400円は高すぎる。飲んだけど。。。
・ビジター自由席以外は「空席なし」のはずなのに、あの「空席あり」状態はなんなの?
・「得点王」PJ不在でも大宮に、しかも、アウェイで勝ったぞ!!
・逆にPJはこのきついGW連戦でいい「休養」になった。温存できた。
・松下のシュートはなぜかクロスバーに嫌われる。
・大島のヘディングシュートは惜しかった。絶妙だったんだけどね。。。。。
・もう少し足早くならないか、大島。。。。
・貴章が背中でトラップして、大宮DFを抜き去った場面は凄かった。いつの間にあんな技を身につけたんだ?
・雨で滑りやすかったんだろうけど、1プレー中に2コケはだめだよ、ジウトン。・日刊スポーツに「絶妙なタイミングでゴール前に走り込んでも自ら倒れ、サポーターの失笑を買う始末だ」って書かれてしまっているけど、ジウトンのこと?
・雨で滑りやすかったんだろうけど、スローインの時はちゃんとボールを拭いて投げなきゃだめだよ、ジウトン。
・雨で滑りやすかったんだろうけど、ここ一番のクロスで「大宇宙開発」しちゃダメだよ、ジウトン。・でも、相手ボールをプレス掛けてよく奪取していたぞ、ジウトン。
・そのあとのパスがイマイチだったけどな、ジウトン。
・北野のスーパーセーブは凄かった。ネ申だった。
・だが、ゴールキックの時はコケちゃいかんよ、北野。
・それに藤本とデニス・マルケスのシュートを「阻止」した、埼スタのクロスバーは影のヒーローだ。浦和戦もその調子でヨロピク。
・退場者ってメインスタンド側から出なきゃだめなの?
・マルシオのゴールはクロスだと思ったが、ニュース映像で見ると・・・・ありゃ、シュートだ。
・磐田戦でFKを決めた時のような美しい弧を描いたゴールだった。・あんなに喜びを爆発させるマルシオも珍しい。
・千葉ちゃん、ジウトンにヘッドロック掛けて楽しそうだった(笑)。・大宮の張監督が「新潟の3枚のボランチ」ってコメントしているけど、勲と松下、マルシオのこと?
・埼玉高速鉄道って名前間違っているでしょ。ありゃ「埼玉高額鉄道」だよ。・試合後は温かい風呂が恋しかった。

なぎ [アルビレックス新潟]

新聞では「草彅」、ネットニュースでは「草なぎ(なぎは弓へんに前の旧字体その下に刀)」
なぜネットは「彅」を変換できないのか?
「飲んだら乗るな、飲んだら脱ぐな」
飲んべの皆さん、気をつけましょう。

さて、明日からアルビはGW5連戦となる。
大宮戦・埼スタ→(中3日)→千葉戦・スワン→(中2日)→浦和戦・埼スタ→(中2日)→磐田戦・スワン→(中3日)→山形戦・NDスタ
なーんだ、ほとんど新潟駅と大宮駅の往復じゃないか(笑)。
例年、GW連戦はかなり移動がきつかった。
去年なんて札幌→新潟→大分→新潟と日本縦断していた。
あれは体力的にも金銭的にもきつかった。
楽な戦いは無いだろうけど、移動が比較的楽なのはいいことだ。
まずは明日の大宮戦。
このところ大宮に勝ってないから、明日は絶対に勝たなくてはいけない。
ぜひ完封で勝って、勝利の美酒を飲みたい。
でも、私は脱ぎません。

矢野キショー発見! [アルビレックス新潟]

本日、事務所にて矢野キショー発見。
なぜここに??????
キリン1.jpgキリン2.jpg

第6節 広島戦 東北電力ビックスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

CIMG5534.JPG
アルビ3-3広島
実にもったいない引き分け
勝てた試合を引き分けにしてしまった。
「もったいないおばけ」が出てきそうだ。
負けなくてよかったという感じでもあるが。
とりあえず、勝点1で3位キープをよしとしよう。


アルビのスタメンは予想通り
GK:北野
DF:内田、千代反田、永田、ジウトン
MF:勲、マルシオ、松下
FW:貴章、大島、PJ
ベストメンバーだ。
立ち上がりはほぼ互角。
いや、ちょっとアルビの方が押し込んでいるか。
パスワークと攻撃力が売りの広島だが、そんなに怖くない。
いけるぞ、と思った前半15分。
アルビDFラインの裏にボールを出され、これに反応し走りこんできた佐藤寿に左足であっさりと決められた。
0-1。
えっ、オフサイドじゃないの。。。。。。
あっけにとられ、声も出ない。
たしか京都戦も同じような形で失点した。
ゴールを決めた佐藤寿はなぜかアルビG裏へ手をあげているが、当然ブーイング。
広島G裏と間違えたのか。
だが、今季のアルビは先制されても慌てない。
怒涛の攻撃ラッシュが始まる。
前半22分、千代反田が右サイドから上げたクロスをPJが頭で押し込む同点弾。
1-1と振り出しに戻した。
しかも広島GKがアルビ選手との接触で負傷退場。
交代で出てきたGKは公式戦初出場らしい。
前半30分、CKからのこぼれ球を左足でループ気味のシュートを決めてアルビ2-1と逆転。
GKのミスもあったけどね。
イケイケのPJはまだまだ止まらない。
前半43分、貴章が右サイドでボールをキープし、クロス。
待ち構えていたのはPJ。
これをきっちりと右足で決めてアルビ3-1と突き放して、前半を折り返した。
PJはハット達成で一気に得点王に躍り出た。
2点リードしているものの広島の攻撃力は侮れない。
「次の1点」が勝負の分かれ目になると思った。
後半開始から広島が攻勢に出る
アルビは引き気味となり、プレスも弱い。
後半10分、右サイドを突破され、最後は柏木に左足で決められ、3-2と1点差に詰め寄られる。
「次の1点」は広島に取られてしまった。
しかもいやな時間帯だ。
ああ、どうしてしまったんだ。
なんであんなにプレス弱いの?
いくらなんでも自由にさせすぎ。。。。。
柏木のゴールで完全に流れは広島に傾いてしまった
セカンドボールも思うように拾えず、防戦一方のアルビ。
なんとか打開して4点目を取って再び2点差にできれば。。。。。。。
後半21分、カウンターから内田がヘディングシュート。
さらにマルシオもヘディングシュートを打つも決められず。。。。。。。
この時点でアルビベンチは大島と交代してヨンチョル投入を準備。
プレーは何回か切れるものの、リスタートが早く、審判は交代を認めない。
後半27分、広島にCKを与えるが、まだ交代は認められない。
コーナーから柏木の蹴ったボールを「誰かが」きれいに合わせて、アルビゴールに吸い込まれていった。。。。。
3-3と追いつかれてしまった。。。。。。。
シュートを決めたのは・・・・・・大島。。。。。。
大島の「(同点にされたCKは)自分のミス」というコメントが悲しすぎる(涙)。
直後、大島に代えてヨンチョル投入。
ああ、この交代がCK前に認められていたら、もしかしたら。。。。。。。。
後半36分にはマルシオが絶妙なヘディングシュートを見せるも、GKにナイスキャッチされる。
ゲームはこのまま3-3で引き分け、後味の悪いゲームとなってしまった。

PJの「ハットトリックの3点が勝点だったらよかった」ってコメントが悲しすぎる。
鈴木監督は「3点を取ったし、悲観的な内容ではない」と言っているけれども、失点のパターンが決まっている。
確かに悲観的な内容ではないのだけれど、3失点はいただけない。
DFライン裏に素早く抜け出されると、アルビDF陣は対応できず、失点を繰り返している。
プレスが弱く、セカンドボールを拾えない場面が多いのも気になる。
「堅守」はアルビの売りなのだがら、しっかりと守らないと、何点取っても安心できない。
きっちりと修正してもらいたいものだ。
そーいえば、次節大宮戦にPJが出れない。。。。。。。
怪我でも出場停止でも何でもないのに「得点王」のPJが出れない。。。。
ヨンチョル(もしくは亜土夢)決めてくれ。

広島戦雑感
・「プレビュー」の表紙を見て・・・・・・・・・北野ファンには申し訳ないが、ちょっと買う気が失せた
・「清五郎Tシャツ」買った。
・勝たなくちゃね
FWがハット決めたのに勝てないなんて、金本が3本ホームラン打って負けてしまう阪神みたいだ 。
・PJの「ハットトリックの3点が勝点だったらよかった」ってコメントが悲しい
・負けなかったのが最大の収穫か
・でも、勝点-2は「優勝」するためにあまりに痛い
・失点したが、前半はよかった。
・だが、失点場面は、・・・・オフサイドかと思ったが、京都戦と同じような感じで失点
・課題が克服されていない
・後半は立ち上がりからユルユルでプレスがきいてなかった
・貴章が消えていた
・疲れか?
・2失点目は広島選手をフリーにさせすぎ
・内田のヘディングシュートは惜しかった
・3失点目はウオンゴールだったのね。大島のクリアミス。
・もう少し早くヨンチョルが入っていれば。。。。。。
・ヨンチョルのシュートも惜しかった
・マルシオのヘディングは入ったと思ったが。。。。
・勝てなかったからと言って審判へのブーイングはみっともないからもう止めようよ
・審判は普通にジャッジしていたと思う
・G裏は選手を拍手で迎えていたが、私は拍手する気にはなれなかった
・あっ、来週の大宮戦には「得点王」のPJが出れない。。。。
誰か「せこい大宮」と「PJは大宮戦に出場できない」って条文を「PJは大宮戦に出場できる」って条文に変更する「覚書」を締結してきてくれ

-|2009年04月 |2009年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。