So-net無料ブログ作成
検索選択

第4節 湘南戦 平塚競技場 [アルビレックス新潟]

DVC00008.JPG

アルビ0-2湘南
まさか、まさか、まさかの敗戦。
負け方も悪く、思いっきり凹んでしまう敗戦。
新聞見るのがつらかった。。。。

湘南戦雑感。
・平塚競技場に到着したのは9:00過ぎ。さーめかった。。。
・立ち見席には初めて入ったが、やはり見難い。
・寺川、野澤、男前湘南監督の名前が紹介されたときアルビG裏からは拍手。私はちょっと拍手しかけたけど、止めて、無反応。
・試合は序盤からアルビが攻め込み、湘南が引いて守る展開。まあ、アルビの方が圧倒的にボールを支配しているし、先制すればかなり楽な展開になるだろう
・だが、「点取る人」がアルビには不在。
・サイドでボール回せても肝心なところで湘南選手にボール取られ、クロスは野澤へのパスとなり、セットプレーのチャンスも生かせない。
・前半20分、アルビCKのこぼれ球を寺川に拾われ、素早いカウンターを食らい、あっけなく失点。
・あのシュートは防げたはず。東口と永田は対応をちょっと迷ったように見えた。
・やっちゃいけない先制点を与えてしまった。
・監督、選手が充分注意していたはずのカウンターでもろくも失点してしまった。
・まあ、まだ逆転する時間は充分にある。慌てずに落ち着いて攻めていけば大丈夫なはず。
・しかし、アルビは同じことを繰り返すだけ。サイドでボール回すだけでシュートまで持ち込めず、クロスは精度を欠き、CKのチャンスもことごとくつぶす。
・そんな中、寺川と勲の対決が面白かった。寺川はちょと半回りし、勲は「華麗に」回っていた(笑)。
・結局、湘南の堅い守りを崩せず、1点リードされて折り返した。
・後半は怒涛の攻撃で、アルビのゴールラッシュを期待した。期待通りマルシオが強烈なミドルを打つがボールは惜しくも枠外。まあ、これからだ。
・はやくアルビのゴールシーンが見たいぞ。周りとハイタッチしたいぞ。
・立て続けに貴章、マルシオ、三門とシュートを打つがゴールは割れない。
・後半17分、三門に代えてミシェウ投入。ん、4-3-3か?
・しかし、アルビは相変わらず湘南の堅守を崩せず、パス回しているだけ。点取る人が不在。
・野澤は「アルビの攻撃は怖くない」と思っていたであろう。
・男前湘南監督は「計算通り」と思っていたであろう。
・後半31分、攻めあぐねるアルビをしり目に、湘南にまたもカウンターをきれいに決められ0-2と突き放される。
・同じことを繰り返した。落胆以外の何物でもない。
・結局、アルビは数あるチャンスをものにすることができず、失意の敗戦。
・シュートは意外にも14本打っている。そんに打っている感じはしなかった。やはり精度の問題なのか。
・「点取る人」がほしい。貴章何とかしろ。
・選手たちは口々に「カウンター注意」と言っている。わかっていながらやられてしまっている。
・結局は男前湘南監督の策略にどっぷりとはまってしまい、あがいているうちに点を取られ、負けたということか。
・4-2-3-1だと貴章の守備の負担が大きく、また、マルシオのトップ下もあまり機能していないように見える。4-4-2の方がいいと思うのだが。。。
・あれだけセットプレーから得点のチャンスがあったのに無得点。得点の匂いがしない。。。。
・アルビは湘南に昇格後のJ1初勝利をプレゼントした形となった。アルビは優しい。アルビも今季未勝利だから「優しさ」を発揮している場合ではないんだけどね。「お人好し」すぎる(涙)。。。
・試合後、寺川と野澤がアルビG裏に挨拶に来た。正直、来ないでくれと思った。案の定、拍手が巻き起こった。かなり違和感を感じた。私は拍手できなかった。アルビサポはホントに優しいよ。。。。
・開幕して3試合良いゲームを展開していたが、勝てないことが気になっていた。調子がいいときに早く勝っておきたかった。この敗戦をきっかけに泥沼にはまってしまうんじゃないだろーか。
・磐田、G大阪に勝てなかったのは痛い。
・いつになったら勝てるんだろうとすごーく不安になってしまった。
・マルシオは「今日足りないのはゴールだけだった。やっていることは間違っていない」って言っているから必要以上にネガる必要はないと思う。
・だが、「点取る人」不在はかなり厳しい。
・これは相当「覚悟」しておかなければいけない。
・今週はどよよーんと過ごすことになるな。。。
・そう言ってもまだ序盤戦。充分に挽回できる。今は我慢。。。。。
・ナビスコ仙台戦、大宮戦、浦和戦とじっくりと新潟に腰を据えられる。巻き返せ。
・さすがにナビスコ仙台戦は行けません。たぶん残業。横浜からアルビの勝利を願います。。。

第3節 G大阪戦 万博記念競技場 [アルビレックス新潟]

DVC00003.JPG

アルビ0-0G大阪
スコアレスドロー。
また勝てなかった。
あれだけ調子悪いG大阪に勝てなかったのは痛いな。。。


G大阪戦雑感
・大阪は暑かった。
・万博には生暖かい強い風が吹いていた
・G大阪は肩を脱臼した佐々木がスタメンでチョ ジェジンとPJがベンチ。贅沢な選手起用だ。
・アルビのスタメンは予想通り。マルシオが復帰し、河原がベンチスタート。
・新加入GK金井の風貌は黒河によく似ていた。
・アルビのシステム大島1トップの4-2-3-1。
・立ち上がりからG大阪ペース。まあ、予想通り。でも、さほど怖さは無い。
・ルーカスはちょっと嫌だったけど。
・遠藤はFKを大きくふかす。かなり調子悪そうだ。
・リーグ戦初スタメンの東口が心配だったが・・・・・落ち着いている。フィードも黒河に劣らず、すばらしい。
・アルビDF陣もしっかりと守って東口をフォロー。
・シュートを打たれても東口はしっかりとボールをキャッチ。頼もしい。
・前半20分、右サイドを駆け上がったヨンチョルから中央のマルシオにパス。これをマルシオが直接シュート。ボールは無常にもバーを直撃しゴールならず。惜しい。。。。。
・なんでよりによってバーを直撃するんだろうね。。。。
・前半36分、G大阪は佐々木に代えてチョ ジェジン投入。佐々木よりチョ ジェジンの方が怖い。怪我人より最初からチョ ジェジン使えばいいのに。。。。
・G大阪はかなり調子悪い。
・前半のシュートはマルシオの1本のみ。でもアルビはいい戦い方をしている。
・貴章の攻撃があまり無いように見えた。
・後半開始からアルビペース。
・どうやらシステムを4-4-2に変えたみたいだ。
・貴章が躍動している。
・完全にゲームを支配し、G大阪を翻弄。
・後半9分、ルーカスに代えてPJ登場。嫌な奴が出てきた。
・だが、PJは目立たない。どこにいるのかわからない。
・後半16分、ヨンチョルがシュートするが、ポスト直撃でまたもゴールならず。。。
・運が無いのか。
・連続でCKのチャンスもあるがG大阪にしのがれる。
・後半29分、東口のゴールキックは風に乗って延びてG大阪ゴールへ。
・G大阪GKが必死に手を伸ばしCKへ逃れる。
・ナイスキックだ、東口。
・後半30分、ヨンチョルに代えてミシェウ投入。
・うーん、ヨンチョルの調子いいから代えて欲しくなかった。
・ミシェウは・・・・やっぱり小さい。
・後半33分、PJ交代。何しに出てきたんだ?
・現場では気づかなかったが、PJはかなり切れていたらしい。
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20100321-608468.html
・ミシェウは・・・ちょっとイマイチだった。あれだったら河原の方が良かったかもしれない。
・だが、ミシェウのシュートは惜しかった。
・最後の最後のチャンスにマルシオが渾身のシュートを打ったが、ボールはまたもポストを直撃。だが花帰ったボールがゴールの中に入ると思ったが、無常にもボールは枠外へ。その瞬間、ゲーム終了の笛が吹かれた。
・0-0のスコアレスドローか。。。十分に勝てた試合だったよな。
・アルビDF陣はしっかりと守ってG大阪の攻撃を寄せつけなかった。
・今季初の完封は喜ばしい。
・攻めては好機を作って、相手ゴールを何度も驚かせた。
・だが、シュート6本は少ない。
・しかもそのうち1本は東口のゴールキックであり、実質は5本だ。
・点取らなきゃ、勝てない。
・開幕して3戦、いい戦いを続けているが、勝てないのは辛い。
・とにかく早く、「1勝」がほしい。
・次節湘南戦ではアルビのゴールラッシュに期待したい。
・帰りの新幹線内でJ1の結果を流していた。間違いでいいから「G大阪0-1新潟」と流れてほしかったが「G大阪0-0新潟」と流れていた(笑)。

第2節 磐田戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00265.JPG

アルビ1-1磐田
また勝てなかった。。。。
いつになったらスワンで勝てるのだろうか。。。

磐田戦雑感
・往路の新幹線は「酒の陣」に向かう人(女性)だらけだった。
・「酒の陣」に向かう人(女性)は新幹線車内からハイテンションだった。「日本酒は会場で飲めるからまずはビールね」と飲んでいた。
・私の座席の隣の人は赤ちゃん抱えて、「ビールは小さい方ね」と言っていた。「新幹線に小さいビールなんて売っていたかな」と思っていたら350mm缶だった(笑)。
・寒い寒い寒い寒い新潟だった。
・雨も冷たかった。
・こりゃ、テレビ放送もあるし3万人入ればいい方だなと思った。スタジアムに入るとやはりスタンドはガラガラだった。
・アルビスタンメンは予想通り。マルシオは「温存」
・前半はちょっと押し込まれる場面もあったがほぼアルビーペース。川崎戦の時とは大きな違いだ。やはりホームの力だろうか。
・黒崎監督は川崎戦と同じように冷たい雨の中ずーとコーチングエリアで立ちっぱなしだった。
・イグノがちょっと嫌な感じだったが、まあ、アルビDF陣は落ち着いて対処していた。
・去年の「堅守」は健在で、点を取られる気はしなかった。
・黒河は低弾道のフィードを連発。素晴らしい。いや、あの低弾道フィードが普通なのか。
・だが、アルビも点が取れない。
・なーんか、ポスト役が大島じゃなくて貴章になっていたような気がする。
・河原はヘディングを「ツル」っと滑らせていた。これも雨の影響か(笑)。
・河原、ヨンチョル、大島が果敢にシュートを打つが磐田GKはファインセーブを連発。
・なんで相手チームのGKってアルビ戦でファインセーブを連発するんだろうね。。。
・先制すれば絶対に勢いづくのに。。。。
・アルビは終始攻め立てるもゴールは決まらず、0-0で折り返す。
・そーいえば、今年から担架にスポンサーが付いていた。
・待望の先制点は後半8分。CKから誰かがヘディングで鮮やかに決めた。選手がG裏に向かってゆりかごダンスしている。踊っているのは大島だ。大島が決めた。
・大島は磐田戦に強いね。
・やっとセットプレーから点が入った。CKを蹴っていた河原も自信が付いたであろう。
・さあ、アルビの怒涛の攻撃が始まった。勢いに乗って追加点だ。あと3点くらいほしいぞ(笑)。
・後半10分の三門のミドルシュートは素晴らしかった。入ったと思った。だが、磐田GKがまたもファインセーブ。三門の初ゴールを外へ掻き出してしまった。。。
・なんで三門のゴールって決まらないんだろうね(涙)。
・後半18分、河原に代えて小林投入。試合を落ち着かせにきたね、黒崎監督。
・しかし、直後、アルビG前で大アクシデント発生。磐田FKのボールを阻止しようとした黒河が誰かと接触して倒れる。担架が運び込まれ治療を受けるが、黒河は立ち上がらない。ちょっとやばいなーとアルビベンチを見たら東口がアップしている。サポ仲間がワンセグで確認し、どうやら流血し、止血に時間がかかっているとのことだった。流血ならなんとか出場できるだろうと思ったら、やはり黒河に代えて東口投入。黒河は担架で運ばれて退場した。
・交代までに5分以上経過していた。ちょっと時間かけ過ぎだと思った。もうちょっと早く交代の判断をしてほしかった。
・これで磐田に流れが傾くのが怖かった。とにかくゲームを落ち着かせて磐田にシュートを打たせないように守ってほしかった。
・だが、流れは磐田に傾いた。
・磐田にCKを与えてしまう。GK代わってすぐにCKはきついぞ。
・このCKは何とか防いだが、またもCKを与え、今度は痛恨の失点。。。。。
・あの場面で東口を責めるのは酷だろう
・DF陣にはなんとかしのいでほしかった。。。。
・そーすれば、東口にもかなり自信が付いたと思う。
・まあ、何事も経験だ。
・後半42分、ヨンチョルに代えて、満を持してファグネル投入。だがいきなり逆サイドからのパスをかすりもせずに後ろへ逸らす。おいおい、ウケを取る場面じゃないだろう。
・なんとか勝ち越し点がほしい。きっとロスタイムは5分以上あるはず。充分に時間はある。
・アルビ攻撃陣は果敢に攻めるも磐田はゴール前を固め、点取れない。
・結局、決め切れず1-1で引き分けてしまった。。。。。。。。
・残念で悔しい引分だ。
・これで去年の6/28名古屋戦以来スワンで10戦連続勝星無し。。。。。
・悪いゲームじゃないと思うし、良いゲームだったが、やはり「勝ち」がほしい。
・たしかに黒河のアクシデントは想定外だったけど、やっぱり、勝ちきらないといけない。
・まあ、川崎戦→磐田戦とかなり状態はアゲアゲになっている。
・試合後、黒河は貴章に顔を踏まれて出血したと聞いた。貴章。。。。。
・モバアルではまぶたの上を切ったと書いてあった。かなり腫れていることだろう。視界がふさがっていると思われる。G大阪戦に帯同できるだろうか。。。。
・今年のアルビGKは受難の年である。。。
・審判邪魔。アルビの攻撃中に2回連続でアルビのパスカットをしていた。それにハンドまで犯していた。ありゃ、黄色紙提示しなきゃダメだよ。
・観客は28,423人。。。。3万人を割ってしまった。。。。。
・さーめすけ、しょうがねーのかね。
・ちなみに暖かかった日産スタジアムは32,228人。俊輔に負けてしまった。。。。
・横浜FMに完敗した湘南男前監督は公約通りヒゲを剃るのだろうか?
・鈴木淳前監督はどんな解説をしたのであろうか。録画を見るのが楽しみだ。
・試合後の飲み会で選手はACLに出場したいと言っているという話を聞いた。だったらこういうゲームはきっちりと勝たないとダメ。あとフィジカルをもっと強化しないと。アルビはいつも連戦や夏になると失速する。息切れしてしまう。ACLのような
・「拍手多め、ため息少なめ」でお願いします。。。

第1節 川崎戦 等々力競技場 [アルビレックス新潟]

DVC00010.JPG

アルビ1-2川崎
負けました。。。


川崎戦雑感
スタジアムに到着したのは11:00過ぎ。だがアルビサポの待機列はすでに長蛇。。。。。
・みんな来るの早過ぎ。。。。
・今年のアルビユニデザインはどーしても違和感がある(笑)。
・試合前、サポ仲間と「開始直後は要注意だよね」と話していた。そしたら開始30秒で失点。。。。。
・黒河は一旦シュートを弾いたのだがそれを拾われきれいに決められてしまった。そして黒河は落ち着いてボールを見送った。。。。。
・心配的中。。。。。。
・まあ、これで落ち着いてくれればと願ったが、落ち着かずグダグダ状態。
・黒崎監督は雨の中1人で、最初っからコーチングエリアで立ちっぱなし。
・前半10分くらいだったかな、良いクロスが上がって貴章?が打点高く、頭で押し込んで同点~~っと喜んだらオフサイドの判定。。。。。珍しく貴章?が頭できれいに決めたのに。。。。残念。
・その後は後手後手になるアルビ。
・なんとか千葉ちゃん、永田が踏ん張って川崎の猛攻を跳ね返す。
・黒河は・・・落ち着いている。フィードは素晴らしい。
・中野がちょっときついぞ。
・河原はちょっと空回りしているか。
・とにかくこれ以上の失点はやめてと願っていたら、河原のミスからあっけなく失点。。。。
・前半はアルビのいいところがあまり見られず、0-2で折り返す。
・数年前の「悪夢」を思い出す。
・まだ今シーズンは45分しか経過していないのに、「これは過度な期待をしちゃいけない」「身の丈に合った経営だから、期待も身の丈に合わせなきゃいけないな」と思った。
・きっと黒崎監督はちゃぶ台ひっくり返しているに違いないと思った。
・後半開始からアルビの猛攻が始まり、川崎を圧倒する。
・CK、FKのチャンス多く、河原のプレースキックも良くなってきた。
・千葉ちゃん、永田、勲、ヨンチョル、大島と立て続けにゴールに迫るが、川島がナイスセーブを連発。
・こんなところで代表GKの実力を発揮しなくてもいいのに。。。。
・後半18分、アルビ待望の得点。チョンテセからボールを千葉ちゃんが奪う→内田→ヨンチョルとボールは渡り、ヨンチョルが押し込んだ。
・ヨンチョル、偉い。
・さあ、まだまだ十分に追いつける、いや、逆転できる。
・なおも攻撃の手を緩めず、攻め続けるアルビだが、得点が奪えない。
・1点が遠い。
・ファグネルはなかなか面白い存在だ。
・貴章は相変わらず、攻撃に守備に化け物的な運動量を発揮していた。
・結局、1点が遠く、1-2と無念の敗戦。
・今年も等々力で勝てなかった。
・最初はグダグダでホントどうなる事かと思った。
・後半のアルビは良かったけど、負けは負けなのである。
・後半の内容だけで満足しちゃいけない。
・でも、今後の試合では後半のアルビを90分間期待してしまう。かなり厳しいとは思うけど。
・試合後の挨拶の時、勲がかなり厳しい顔で悔しそうだったのが印象的だった。
・モバアルを読むと黒崎監督はホントにちゃぶ台ひっくり返していたんだね。実際はちゃぶ台じゃなくて、ホワイトボードを力強くたたいたらしいけど。
・中野の調子が悪かったのが気になる。
・第3のプレースキッカーは内田。いいFKだった。入ればもっとよかった(笑)。
・楽観はできないが、ネガる必要もない。
・色々と修正点は多いと思うが。。。
・試合後、新宿居酒屋のお兄ちゃんの客引きが「お客さん、いかがですか」とメニューを私の前にさし出してきた。だが、私の胸の亀田製菓の文字を見つけると「ダメだ」とメニューをひっこめた。「何がダメなんだ?」って思って通り過ぎたら、そのお兄ちゃんは「ヨンチョルのゴールを生で見たかった」と叫んでいた。あのお兄ちゃんはアルビサポだったのか、それともヨンチョルのファン?
・負けたけどアルビは12位。まだ下がいる(笑)。大宮が首位発進ってのが(以下自粛)。。。

PSM清水戦 [アルビレックス新潟]

DVC00003.JPG


PSM清水戦雑感
・私はまったりと座って見た。
・永田は髪の毛長かった。。。。
・GKコーチは現役選手かと思った。
・黒崎監督はジャージだった。
・新加入選手はなんとか判別できた。
・ヨンチョルがちょっと感じが変わっていた。
・マッサル(加藤大)は消去法で判別した(殴)。
・スタメン
GK:黒河
DF:内田、永田、千葉ちゃん、中野
MF:勲、三門
MF:河原、マルシオ、ヨンチョル
FW:貴章
システムは4-2-3-1でスタート。貴章の1トップ。大島は万全じゃないんだな。
・前半途中でマルシオ負傷退場。大島投入。だがシステムは4-2-3-1のまま。大島1トップで、貴章が下がって右サイド、河原がトップ下へ移動。
・マルシオは大事をとっただけだと思う。足を引きずることなく歩いていた。心配ないと思う。
・清水DFボスナーはガチすぎ。PSMだぞ(笑)
・黒河は落ち着いていた。フィードは相変わらず素晴らしい。ファインセーブもあった。大いに期待できる。だが、もっと声出せ。
・前半は守備も安定していたし、まあまあ良かったと思う。
・河原もヨンチョルも動きがよかった。でも得点がほしかった。。。。
・後半開始早々に失点。悪い癖は治ってない。
・マッサルはボランチではなくSHでの起用(だったと思う)。果敢でよかったと思う。
・2失点目は相手選手のシュートを褒めるしかないけど・・・・・
・慶行投入から三門をSHに上げ、4-4-2にシステム変更(したんだと思う)。
・だが、無得点で完敗した。
・まあ、そんなに悪くなかったと思う。
・前半は清水のた4-3-3にも対応できていた。
・失点シーンは・・・・今後の課題が開幕前に浮き彫りになってよかったと思いたい。
・チームとしての連携がイマイチ。まだまだ時間が必要だと思う。
・まあ、何とかなるでしょと私は楽観している。
・開幕まで新潟で調整となるわけだが・・・・・聖籠のお天気と、ピッチ状態が心配である。。。。。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。