So-net無料ブログ作成

第8節 広島戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

100424_182726.jpg

アルビ2-2広島
今季5度目の引き分け。
いったいどうしたら勝てるんだろうか。。。

広島戦雑感
・スワンの桜は満開だった
100424_152604.jpg
・でも風が冷たかった。
・スタジアムに入り、いつもの売店でお湯割り買おうとしたが、「あったかくなったから終わったのよ」と言われた
・まだ寒いよ~と言いながらレモンチューハイ買った
・キックオフ前に流れた「ニイガタスタイル」のビデオは泣けた
[parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLcANLw+Aok5LMqHImGDA2xS4P1czEhKQSALlHDuQ=]
・このビデオ作ったのはアルビフロントじゃないよね
・さあ、これで勝つぞ
・だが、開始5分、CKからシュートの跳ね返りを佐藤寿人に決められ失点
・前日コメントで選手達はかなり佐藤寿人を警戒していたはずなのに。。。。
・過密日程で中2日でアウェイ遠征してヘロヘロのはずの広島に開始早々に失点してしまうなんて。。。。
・厳しい展開である
・しかし、今日のアルビはちょっと違った。前半12分、右サイドのマルシオがゴール中央へボールを放り込む。これを貴章が必死に右足を伸ばし当て、コースがちょっと変わる。ちょうど真ん中に詰めていたヨンチョルの右足に当り、ボールは西川が必死に伸ばす右手をすり抜け、ゴール左隅に決まった。
・ヨンチョルのシュートはジャストミートしなかったのが幸いしたと思う。
・とにかく追いついた。さあ、一気に逆転だ。
・だが、追加点は奪えず、前半は1-1で折り返す。
・後半開始からは拮抗状態
・後半15分、ミシェウに代えて大島投入。これでアルビに流れが向いてきた。
・後半22分、右サイドハーフウェイライン付近で三門?がボールを奪い、マルシオへ。ボールは再び三門に渡り、逆サイドのヨンチョルへ。ペナルティエリア内で粘ったヨンチョルはフリーのマルシオへパス。これをマルシオが右足でシュート。ボールは広島DFの足に当ってゴールに吸い込まれた。アルビついに逆転。
・私は隣の男性と抱き合って喜んだ。
・これでやっと勝ったと思った。
・だが、ここからアルビ選手の運動量が少なくなる。
・DFラインは下がり気味。。。。
・残り時間耐えられるのか。。。。
・やはり勝ってないから守りに入っちゃうよね。。。
・後半35分、内田に代えて西投入。内田は担架で運ばれて行った。また故障か?
・後半40分頃から広島は果敢に攻めてくる。危ない場面も多々。
・引いて守るアルビ。プレスも弱い。後5分、なんとか耐えてほしい。
・願いは届かなかった。
・終了間際、ペナルティエリア付近でボールを回され、縦パスをゴートクが足に当てるもクリアできず、これを山岸に決められ、痛恨の失点。
・ロスタイムに決定的なチャンスがあったが大島が決めきれず引き分けで試合終了。
・勝点2を失った。。。
・名古屋戦では最後に追いついたが、広島戦では最後に追いつかれてしまった。
・なんで勝てないんだ?
・勝利が遠い。。。
・ペトロヴィッチ監督が「最後の場面は、14日間で5試合を戦ったのは新潟のように見えた」と皮肉なコメントを残されてしまった。
・守備陣ががんばっても点取れず、攻撃陣が点取ると守備陣が踏ん張れず。。。。
・「Go! Go!アルビレックス」の「編集デスクの眼」には『自滅』と書かれていた。
・どうやらアルビは「勝ち方」を忘れてしまったらしい。
・どーすればいいんだろうか?
・ここ3戦、点取ったし、負けちゃいない(勝ってもないけど)
・確実に調子は上向いていると思いたい。。。。
・試合後、サポ仲間と痛飲。ホテルに帰ったのは1:00頃。ホテルのエレベーターでサッカー解説者の早野さんと一緒になった。
・酔った勢いもあり「今日のアルビはどうでしたか」と聞きそうになったが、必死に耐えた(笑)。
・9:00頃、起きてコンビニに新聞を買いに行ったら、また早野さんとすれ違った(笑)。
・バスセンターのカレーをチョー久々に食べた。相変わらずまっ黄色。ごはんが見えない(笑)。でもうまかった。
100425_123728.jpg
・来週は神戸。勝って最下位脱出しよう。

第7節 名古屋戦 名古屋市瑞穂陸上競技場 [アルビレックス新潟]

DVC00004.JPG
アルビ1-1名古屋
また勝てなかった。。。。
いつになったら最下位を脱出できるんだろうか。。。。

名古屋戦雑感
・横浜は朝から冷たい雨が降っていた。
・新横浜発6:00の新幹線で名古屋に向かう。眠かった。。。。
・名古屋に到着すると晴れ。しかし、風は冷たく、日陰だとかなり寒い。
・名古屋港水族館で「イワシトルネード」を堪能。きっと水族館内のレストランでイワシ料理を頼むと「イワシトルネード」から網ですくってくるに違いないと思った(笑)。
DVC00007.JPG
・瑞穂運動場西に向かう地下鉄車内で代表の大木コーチと思われる人物を発見。サポ仲間に「あれ大木コーチだよね」と小声で話すと「すごーく似ているけど。。。私たちと同じ駅で降りたらきっと本人じゃない?」・・・・・大木コーチと思われる人物は瑞穂運動場西で降りた。
・えーと、代表コーチの視察の移動手段はお車じゃないんですね。
・貴章はいかがでしたか、大木コーチ。
・瑞穂も寒かった。風が冷たく、強かった。思わずトレーナーの下にジャージを着こんだ。寒くてもビールはうまい(笑)
・主審は家本審判。100試合目の花束贈呈の時、アルビG裏からは拍手が巻き起った。審判を味方にする作戦か。
・前半のアルビは風下。なんとか無失点で切り抜けたい。
・ゲームは予想通り名古屋の圧倒的な支配で進む。
・再三再四サイドをから仕掛けられるがアルビDF陣は根気よく跳ね返す。
・再三再四CKを与えるが東口は落ち着いてボールを処理。
・東口はフィードも素晴らしいが、クロスボールのキャッチングもすばらしい。安易にパンチングで逃げず、しっかりとキャッチしている。
・アルビはとにかく防戦一方だが、名古屋に決定的なシュートを打たせない。
・中2日のアルビだが疲れは感じない。みなよく動いている。
・ちょっと両翼の西とゴートクがイマイチな感じ。
・名古屋の両翼を上げさせ過ぎ。もっとおさえこまないと。。
・特にゴートクは自信なさそうにプレーしているように見えた。
・そんな中、FWミシェウさん走る走る。まあ、かなり上下左右に走っていた。
・ミシェウさんの高めのボールをトラップする技術は素晴らしい。ジャンプしながら右足を高く上げて見事にボールを足元に落とす。3回やって3回とも見事なトラップを披露してくれた。恐るべしミシュウさん。
・アルビは防戦に一方でシュートを打つチャンスがなかなかなかった。
・だが、貴章は2本のシュートを打つ。惜しかった。特に2本目は入ったと思った。
・前半終了間際、ペナルティエリア内に侵入してきたケネディを東口は倒してしまう。「あ~、PKだ」と落胆したがノーホイッスル。試合前の家本への拍手が生かされたか。
・名古屋の猛攻に晒されながらもなんとか無失点で折り返す。よしよし。上出来だ。
・後半開始早々、金崎に強烈なシュートを打たれるが、東口はしっかりとキャッチ。
・風上のアルビ。名古屋優位のゲーム展開は変わらないが、徐々にアルビのカウンターが決まり始める。
・後半10分過ぎくらいからなぜか中6日の名古屋の足が止まり始め、アルビの攻勢が続く。
・ヨンチョル、マルシオ、ミシェウさんとシュートを打つが、得点は・・・・
・いつもならこの時間帯でヨンチョルは交代させられるがヨンチョルはピッチに残っている。
・後半33分、貴章の「おしゃれな」ヒールシュート。惜しくも楢崎に取られてしまった。いい加減に決めてくれよ貴章(泣)
・後半37分、CKから痛恨の失点。決めたのは闘莉王。警戒していたはずなのになんで防ぐことができなかったのか。
・アルビは闘莉王が水戸にいても、浦和にいても、名古屋にいても、どこにいても決められてしまう運命なんだろうかね。。。。。。
・直後、黒崎監督は大島とファグネルを同時投入。「お、パワープレーか」と思ったら貴章とミシェウさんがアウト。うーん、大丈夫なのか。。。。
・だが、この2人が大活躍した。
・後半44分、マルシオがペナルティエリア前中央に控えていたファグネルにパス。ファグネルは名古屋DFを背中で押さえてボールをちょこっと出す。これに猛然と大島が足り込み、楢崎の股を狙ってシュート。これが見事に決まり、土壇場で追いついた!
・いや、ホント良いゴールだった。
・ファグネルのパスはトラップミスじゃないよね(笑)。
・落胆し、空を見上げる楢崎と闘莉王。喜ぶアルビ選手とアルビG裏。対照的な光景だった。
・このままゲームは1-1で終了。よく追いついた。とにかく負けなくてよかった。
・大島の劇的弾で引き分けたが、勝ててないのも事実。
・選手交代がズバリだった黒崎采配であるが、スタメン陣で点取らなきゃだめだろう。
・FW陣は貴章、大島、ミシェウさん、亜土夢と競争激化しているけど、得点できる人が不在なのは変わりない。特に貴章は何が何でも得点しないとダメだと思う。
・上位チームの名古屋にアウェイで引き分けたのは上出来だろうけど、未だリーグ戦未勝利。
・必死に闘った選手達をアルビG裏は拍手で迎えたが、また勝てなかったという厳しい現実がある。
・良いゲームだったけど勝てないでは進歩が無い。
・だから次節の広島戦は絶対に勝たなきゃいけない。
・長嶋茂雄さんじゃないけど「勝つ! 勝つ! 勝つ!」だ。

第6節 浦和戦 東北電力ビックスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ0-2浦和

スワンに到着してモバアルメールでスタメンを知った。
貴章がベンチで代わりに亜土夢がスタメン。
なんで?
セルビア戦に招集され約10分出場した影響か?
疲れか?
対する浦和は同じくセルビア戦に招集されスタメンフル出場した阿部勇樹はスタメンに名を連ねている。
この差は何なんだ?
貴章を温存している場合か?
試合前、コールリーダー氏の「拍手」演説があった。
ゲームが始まるとアルビ選手のプレーにいつもよりの多目の拍手が沸き起こっていた。
前半は永田や千葉ちゃんの浦和選手への密着マークもあり、無失点でしのぐ。
亜土夢は悪くないものの、アルビは相変わらずシュートが少ない。
後半早々に亜土夢が絶好の位置で左足でシュート。
「入った~~」と両手を挙げそうになったがボールはゴールをすり抜けていく。。。。。。
なんで入らないわけ????
後半10分過ぎに貴章登場。
これでアルビのスイッチが入るはず。
だが、逆に運動量が落ちていく。
次第に浦和に翻弄され、阿部勇樹に決められ、失点。
まだまだと思ったが、すぐに浦和にFKを与えてしまう。
幸いにもFKはゴールラインを割り、GKとなった・・・・・・・はずだった。
なのになぜかやり直し。。。。。。。
なんで???
このやり直しFKをまたも阿部勇樹が押し込み、アルビ2失点目。。。。
なんなんだ、一体。。。。。
これで私の心は半分折れた。
1点取ることができないアルビが残り10分で2点取れるわけ無い。
そう思って、声を出す気力が無くなってしまった。
だが、選手は諦めず、サイド攻撃から大島がヘッドで決めた。
これで追いつけると思ったが、オフサイドの判定。
何でだ?
どこがオフサイドなんだ(怒)。
やるせなかった。
アルビは運も無い、もう駄目だ。
そう思い、私の心は完全に折れた。
試合はこのまま0-2と完敗。
私は試合後、選手達の挨拶を見ることができず、ただ、下を向いて座って凹んでいた。
セルビア戦に10分出場しか出場していない貴章は途中出場で活躍できず、スタメンフル出場した阿部勇樹に2点決められる。。。。。。
一体何なんだ?
私はサポ仲間とバス乗り場に向ったが、浦和サポの人と一緒にバスに乗りたくなかった。
浦和サポが悪いわけではないのは充分に理解しているけど、とにかく一緒に乗りたくなかった。
サポ仲間と別れ、1人駅まで歩くことにした。
とにかく歩いた。
水を飲みながら1人で必死に歩いた。
弁天線に出たときに水が無くなり、コンビニに寄った。
水を買うつもりだったが「飲まなきゃやってらんねー」とチューハイを買った。
飲みながら新潟駅を目指し、チューハイ飲み終えると、またコンビニでチューハイを買い、歩いた。
新潟駅に到着したとき、宴会のセッティングをしてくれていたサポ仲間と会った。
その宴会には知り合いの浦和サポも来る。
どうも一緒に飲む気になれなくて、私の分の飲み代をサポ仲間に渡して、宴会は欠席し、ホテルの部屋で不貞寝した。
私は心の狭い人間だ
2時間ほど不貞寝してケータイを見るとサポ仲間から「こないのか」とメールが来ていた。
「ごめんなさい」と返信して、コンビニに酒を買いに行き、部屋に戻り、飲んで寝た。
私はとてもとてもとても心の狭い人間である。
そして、これから凹み続ける1週間が始まる。。。。

第5節 大宮戦 東北電力ビックスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00002.JPG

アルビ0-0大宮
またも無得点。
これで公式戦4試合連続無得点。
点取らなきゃ勝てるわけない。
アルビLの決定力がうらやましい。。。。。


大宮戦雑感。
・今回も新潟駅前の「志乃田」のわっぱめしを食べれる日帰りコースを利用した。店の人に完璧に顔を覚えられてしまった(笑)。「また来ます」と言い残してきた。
・機会があったら今度は「志乃田」に飲みに行こう(笑)。
・新潟は・・・・・・すっげー寒かった。風がものすごく冷たかった。
・スワンに到着したのは12:00頃。ものすごーく人が少なかった。
・知り合いのアルビ職員に「人少ないね」と声を掛けたところ「今日勝てば人増えますよ」。そーなってほしい。
・新ユニのレプリカ買った。後援会割引商品対象外と言われショックだった。
・スタメンのモバアルメールが届く。中野がスタメンでゴートクはベンチ外。怪我か?
・大宮は北野と安英学がスタメン。安英学は拍手だろうけど北野はブーイングだろう。
・スタジアムに入ってもガラガラ。コレオはできるのかと不安になった。
・ゴールネットが白になっていた。たしかオレンジにしてから勝てなくなったんだよな。
・寒くて焼酎のお湯割りを買いに行ったら、私が何も言ってないのに店の人は私の顔を見て「ああいつものね。梅干し2個だっけ」と言われた。ここでも顔を覚えられた(笑)。焼酎も濃くなっているように感じた。帰り際には「おかわり待ってるよー」と言われた。ハーフタイムにおかわりしてきた(笑)。
・東口と金井がアップに出てきたのを見届けてトイレに行った。盛大なブーイングが聞こえた。「何事だ?」と思ってピッチを見てみると大宮の北野がアップに出てきていた。私は無反応。
・選手紹介の時、北野にはまたもブーイング、安英学には拍手。予想通り。私は無反応。
・白髪のメガネかけた人が中野専務理事を従えて歩いていた。鬼武チェアマンだ。
・ゲームは・・・・他の人が色々と書いていると思いますのでそちらをご覧ください。
・ゲーム内容を書く気力があまりありません。
・もうどうすれば点取れるのかわけがわからなくなった。
・チャンスが無いわけではなかった。特に貴章は決定的なチャンスを2回も阻止されてしまった。私は悔しくてN74の壁を思いっきり蹴ってしまった。
・決め切れない選手が悪いのか、相手がうまいのか。
・もうね、ため息と愚痴しか出ない。
・何かきっかけがほしい。
・連続無得点試合はどこまで継続するだろうか。。。。
・今は「我慢」しかないのか。
・とにかく監督、選手を信じて応援するしかない。
「ビックスワンの誇り」ってなんだろう?
・勝てない原因はなんだ。選手?監督?フロント?サポ?
・スコア速報見ると大宮にシュートを18本も打たれている。そんなに打たれてたっけ?
・北野へのブーイングは凄かった。アルビへの応援をかき消していた。
・そんなにブーイングするほどの選手ではないと思う。
観客動員はまたも3万人を割り込み、24,000人。開幕戦より少ない。かなしい数字だ。・寒さが原因か?みんなどこへ行ってしまったのだろうか。。。。
・招待券が減ったのか?
・今年は観客動員でも厳しい戦いが続く。
・試合後、サポ仲間と「反省会」。「アルビだけ特別ルールでシュート10本打ったら1点にしてもらおう」とかバカなことを言ってしまった。
・だが大宮戦は7本のシュート。特別ルールでも点もらえない。。。。。
・頼むからこのまま「低迷」継続ってのはやめてくれ。
・磐田が勝ってしまったのでアルビは最下位。なぜかG大阪が3分2敗とお付き合いしてくれている。
・レースは始まったばかり。まだ向正面を流している段階。去年は「先行逃げ切り」を図ったが夏に失速。今年は最後尾から追い上げる。徐々に順位を上げて最後の直線でごぼう抜き。妄想か。。。。
・きっと次節からは勝って上昇気流に乗れるはず。悲観せずがんばろう。
・でも仕事行きたくない。。。。。。
・ああ、花見がしたい。。。。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。