So-net無料ブログ作成

ナビスコ杯予選 名古屋戦 名古屋市瑞穂公園陸上競技場 [アルビレックス新潟]

DVC00003.JPG

アルビ2-0名古屋
快勝だったけど決勝トーナメント進出を逃す。
残念。。。
でも、気迫がこもった良いゲームを堪能させてもらった。

名古屋戦雑感

・往路は「ぷらっとこだま」、復路は「のぞみ」で参戦
・瑞穂の観客動員は約4,000人。そのうち約120人がアルビサポ。平日ナイターだし、まあ、こんなもんでしょう。
・試合前の選手紹介でサブにも大島名前あり。せっかくベンチ入りした明堂の名前無し。いくら「アウェイの洗礼」でも酷すぎる。
・名古屋G裏はダンマクのみで応援拒否。アルビサポの声がどこまでも響き渡る(笑)。突然、アルビサポの太鼓叩きが「おーい」と大声で名古屋G裏に呼びかけたが反応無し。
・ゲームは開始からアルビペース。名古屋を圧倒。
・だが、シュートまでは打てないイライラする時間帯が続く。
・名古屋FKのチャンス。大きくふかし事なきを得たがアルビG裏から「ウマシカ~」と罵声が。。。。いくらなんでもそれは酷すぎる。
・前半19分、素早いボール回しできれいに左サイドを崩して最後はマルシオがシュートを華麗に決めてアルビ先制。
・ゴールが決まった時、私は興奮して「あと5点~」と叫んでいた(笑)。
・前半のうちにもう1点ほしい。
・だが、終了間際に名古屋に決定的なシュートを打たれ万事休す、と思ったら東口がファインセーブ。東口が必死に弾いたボールはさらにゴールポストに当たり枠外に外れた。ゴールポストよ、ナイスセーブだ!
・結局、前半は追加点取れず。
・応援拒否のチームと対戦するのは初めてだったがなんか変な気分だ。
・プレー中の選手の声は良く聞こえるしボールの音も聞こえる。
・ハーフタイムでFC東京が負け、仙台が勝っている状態を確認。北野、仕事しろと思ったのは私だけではあるまい。
・後半もアルビペース。
・千葉ちゃんが果敢にオーバーラップしている。
・絶好のチャンスからフリーのマルシオが右足で強烈なシュートを打つがGKがファインセーブ。
・決めようよ、マルシオ。
・マルシオはGKとの1対1はちょっと苦手だよね。
・後半10分、中野に代えて内田投入。より攻撃的にしてきたか。
・直後、ペナルティエリア付近で華麗に素早いボール回しから最後はミシェウさんが右足シュートを決めた。アルビ待望の追加点。
・もう1点取って久々に「蹴っ散らせ」歌いたいぞ。
・その後も果敢に攻め続けるが3点目は取れない。
・時折、名古屋に危ないシュートを打たれるが東口がナイスセーブ。スゲーぞ、東口!
・時間は刻々と過ぎて行く。早く3点目がほしい。。。
・終了間際、完全に名古屋守備陣を崩し、最後にミシェウさんへ。ちょんと当てれば入るはずなのにボールはまさかまさかまさかの枠外。
・なんでそれを外すんだ、ミシェウさん。まさかQBKか。。。。。
・結局、追加点は取れず2点どまりで試合終了。
・仙台、FC東京が勝ったためアルビはA組4位。
・試合終了後の挨拶で内田が何事が最前列のサポに話をしていた。「バイザイ無しよ」って事だったのね。
・まあ、しょうがないよね。でも名古屋に快勝して良いゲームだった。
・でも、もう2点は取れたよね、ミシェウさん・マルシオ。
・名古屋は不甲斐ない戦い方で名古屋サポも怒っていたけど、ピクシーもかなり怒っている。
・これで今季のアルビのナビスコ杯は終了。やはり他力じゃなくて自力で決勝に進める力をつけなきゃいけない。
・リーグ戦と天皇杯に期待しよう。
・帰りの「のぞみ」で「ぷらっとフリークーポン」でビールを購入。販売員のお姉さんに「ぷらっとフリークーポンを初めて見ました」と言われた(笑)。
・これからはW杯か。。。ほとんど見ないだろうな。。。。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。