So-net無料ブログ作成

第15節 鹿島戦 県立カシマサッカースタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00015.JPG

アルビ2-2鹿島
惜しいゲームだった。
勝てた試合だった。。。。。。。


鹿島戦雑感
・サポリンバスツアーで参加のため15:00に新宿駅西口集合。東京はクソ暑くて参った。
・カシマスタジアムには17:00過ぎに入場。暑いけど風が通っていてそれほど暑さを感じない。仙台とはえらい違いだ。
・まずはモツ煮とビールで食欲を満たす。ベーコン焼も食べようと思ったがお腹いっぱいになり食べれなかった。。。。
・鹿島のオリベイラ監督はブルーのシャツに白いパンツ姿。ちょっとラフすぎないか。。。
・ピッチを見るとかなり芝が荒れている。夏枯れか?スワンの芝はいつも青々としている。やはりスワンの芝管理は素晴らしい。
・アルビスタメンは予想通り。鹿島相手に4-3-3か。まあ、どっちかっていうと私には4-1-4-1に見えた。
・アンカーの小林にちょっと不安を抱いていたが、なかなか大丈夫(変な日本語だ)。
・GK黒河も仙台戦とは違い落ち着いているように見える。フィードも安定している。
・いいかげんに貴章の「変態ゴール」が見たいぞ。
・意外にもアルビの方がボールを持てている。いや、アルビの方が攻めている。鹿島はお疲れか。
・ただ、早いパス回しでいつの間にかゴール前まで攻めてきているのはさすがである。
・アルビ守備陣は何度もオフサイド取って鹿島の素早い攻撃をかわしていた。
・ジウトンがおとなしい。「ジウトン劇場」はいつ開演するのか。。。
・仙台よりも暑さを感じないせいかアルビ選手の動きがよいように見える。仙台戦よりもいいゲームを展開しているように思う。
・中2日のアウェイ2連戦だけど良く走っている。今年の夏はかなり期待できるかもしれない。
・でも、点取れねーナ。このまま前半は終了かと思ったら、貴章が相手ボールをカットし、ドリブル開始。そしてそのままミドルシュート。ボールは鹿島DFがクリアするも、クリアしきれずゴールへ吸い込まれていった。アルビ、貴章の「変態ゴール」で先制。
・ウオンゴールかと思ったが、貴章のゴール。やっぱり貴章のゴールは「変態ゴール」だ(笑)。
・今年もカシマスタジアムで勝てるぞと期待した。
・ハーフタイム、サポ仲間の知り合いの鹿島サポがホーム側で販売しているモツ煮を持ってきてくれた。ビジター側とは違って具も大きいし豆腐も入っている。味も濃厚でうまい。これをビジター側で売らないのはやはりアウェイの洗礼か。
・後半に入ってもアルビの運動量は落ちていない(たぶん)。
・ジウトンが左足で強烈なシュート。枠を外れたが一瞬ひやりとした。アルビ時代はあんな強烈なシュートを打ったこと無かったのに。。。。
・後半9分、素早い攻撃から左サイドを崩され、マルキーニョスに頭で決められ追いつかれる。
・やはり簡単には勝たせてくれない。
・後半11分、大島に代えて三門投入。4-4-2にシステム変更。
・アルビはひるまない。さらに鹿島ゴールに襲いかかる。
・後半23分、貴章のシュートはまたも鹿島DFにあたり、コロコロと鹿島ゴールへ。しかし、これは曽ケ端が必死にキャッチしてゴールならず。
・2連続「変態ゴール」ならず残念。
・後半24分、ヨンチョルが左サイドからゴール右隅にシュート。GKは反応できず見ているだけ。しかし、ボールはポストを直撃し、さらにGKに直接キャッチされてしまった。おしい。。。。いやツキが無い。
・積極果敢に攻めるアルビだがゴールできず、ちょっと嫌な展開。
・そしたらパス1本で大迫に抜けられ、黒河もかわされ、アルビ痛恨の失点。
・ありゃ、オフサイドだろう(怒)。知り合いの鹿島サポも「贔屓目に見てもオフサイドでした」と言っていたぞ。
・勝ちこされてしまったが、アルビの積極性は失われない。逆転目指して果敢に攻める。
・後半34分、細かいパス回しから貴章が右足を高く上げてボールを繋ぎ、最後は三門がこれを押し込んでアルビ追いつく。
・三門発ゴールオメ。選手達に手荒い祝福を受ける。特に千葉ちゃんはなぜか「電気アンマ」の洗礼(笑)
・貴章はアシストも「変態」だ(笑)。ヨガの成果か。
・この後は両者とも決め手を欠き、2-2の引き分け。

・勝てた試合だったと思う。アルビは運動量も豊富で鹿島に走り勝っていた。ちょっと鹿島のしたたかさにやられた感じがする。
・まあ、それでもカシマに負けなかったのは大きい。
・貴重な勝点1だと思う。
・アウェイ2連戦を1勝1分、勝点4は上出来である。
・試合後、バスで帰る途中、選手を乗せたと思われるバスに追い越される。私たちのバスは法定速度。あのバス、飛ばしすぎ。
・東京駅前に到着し、駅に向かう途中の鉄柵に気づかず、足を引っ掛け、転倒。左足親指付近を痛めた。今年の目標が「転ばない」だっただけに転んでしまってショックだ。。。。
・まだ左足が痛い。だが、腫れはない。痛いけど歩ける。とにかく痛い。。。。

第14節 仙台戦 ユアテックスタジアム仙台 [アルビレックス新潟]

DVC00019.JPG

アルビ3-2仙台
クソ暑く、クソ蒸し暑い中の点の取り合いを制す。
マルシオ△!
マルシオ△!!
マルシオ△!!!

仙台戦雑感
・ほぼ初の仙台遠征。意外と近かった。
・スタジアム到着は16:00頃。ビジターの待機列はむちゃくちゃ長かった。
・やっとスタジアムに入場し、ビールを調達しようとするがビールを販売している売店は1箇所しかなく、しかも長蛇の列。
・他の売店でもビール売りましょうよ、仙台さん
・サポ仲間の仙台サポにお願いして仙台エリアの売店からビールを買ってきてもらった。ありがとうございました。
・さらにサポ仲間から枝豆ゲット(笑)。うまうまでした。
・だが暑くて暑くて酸欠状態。く、く、く、苦しい。。。。
・ビジター席はオレンジでびっしり。周りのスタンドを見渡すとちらほらとオレンジの集団あり。大丈夫なのか?
・ゲームは開始からほぼアルビペース。
・だが、圧倒している感じではない。ガツガツいっている感じでもない。
・仙台にボールを持たされている常態なのか、シュートを打たせてもらえない。
・いや、シュートを打てないのか。えーい、シュート打て!
・徐々に仙台にペースを握られはじめ、危ない場面も多くなっていく。
・まあ、なんとか前半は無失点で後半勝負と思ったら絶妙の縦パスを千葉ちゃんと永田の間に通され、これを新加入の朴成鎬に決められ失点。。。。。
・なんでアルビは注目選手に決めれれてしまうんだろうね。。。。
・実に嫌な展開だ。
・後半開始早々、貴章がペナルティエリア内で倒されPK獲得。これをマルシオがきれいに決めてアルビ追いつく。
・マルシオのPKはちょっとドキドキする。コースは読まれていた。
DVC00014.JPG
・だけどマルシオ△!
・さあ、マルシオ劇場の幕開けだ。
・よほど仙台はこの失点がショックだったのかホーム側電光掲示板が故障。仙台の得点は表示するがアルビの得点は表示しない。電源を切ってしまった。きっとあの電光掲示板はアルビの得点は認めたくなかったのだ(笑)。
・しかし、大アクシデント発生。後半12分、相手選手との接触プレーで東口負傷。立ち上がれない。録画で見たけど相手選手がシュートした足がまともに顔面に入ってしまっていた。鼻血だろうか出血もしていた。東口は立ち上がったが、黒河と交代。ピッチを去っていくときの東口の悔しそうな泣き顔が切なかった。軽症であることを願う。
・さあ、黒河がんばれ!
・後半22分、FKのチャンス。蹴るのはもちろんマルシオ。ボールをセットして集中するマルシオ。壁さえ越えれば入る、そんな雰囲気だった。ボールは見事に壁を越え、きれいな弧を描き、ゴールに突き刺さった。GKは一歩も動けず、完璧なFKだった。超スーパーだった。
DVC00005.JPG
・マルシオ△!!
・さあ、これで勝ったと思ったら直後にCKから失点。。。。。
・どうもセットプレーからの失点が多すぎる。。。。
・追いついた仙台はなぜかちょっと引き気味。お疲れか?
・アルビはミシェウさん、マルシオ、ヨンチョルがシュートを打つも入らず。
・後半32分、小林に代え三門投入。さらにヨンチョルに代えて大島投入。うーん、ヨンチョルよりもミシェウさんじゃないかな。。。
・後半42分、右サイドの西から絶妙のクロスが上がり、貴章がジャンプ一番、ヘディングで合わせる。だがボールは枠内ではなく、まったく違う方向へ。。。。ナイスクリアしてどうするんだ?貴章。決めろよ(怒)。
・またもFKから西が頭でループ気味に狙うが惜しくもバー直撃。
・ロレックスタイム(ロスタイム)表示は8分。充分に勝ち越し点を取る時間はある。
・攻め続ける果敢にアルビ。
・後半48分、CKのチャンス。蹴るのはマルシオ。ボールは直接ゴールマウスに吸い込まれた。CKが直接入ってしまうなんて初めて見た。翼クンみたいだ。
・PK、FK、CKを全て決めるハットトリック達成。
・日刊スポーツには「直接男」と書かれていた(笑)
DVC00017.JPG
・マルシオ△!!!
・ミシェウさん、またもケテーイ的チャンスを外す。ありゃ、決めなきゃやばいでしょ。どうもアルビ選手はGKとの1対1に弱い。。。
・残り時間はなんとか凌いでアルビ3-2で勝利。


・黒河、初勝利。だがちょっと落ち着かず、ちょっと不安な場面が多々有り。
・マルシオのスーパーなゴールを見れて幸せな夜だった。
・セットプレーからの失点が気になる。あと試合の入り方も気になる。
・選手達は試合後はバスで新潟に帰った。直接、鹿島に向った方がよいと思ったのだが。。。
・中2日で鹿島戦。かなり厳しいががんばろう。
・そーいうば、勲が黄色紙累積で出場停止。まあ三門ががんばってくれるだろう。
・牛タンはおいしゅうございました。
DVC00016.JPG

第13節 C大阪戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00003.JPG
アルビ1-1C大阪
無念の引き分け。。。
初の5連勝ならず。。。。
やはりC大阪とは相性が悪いのか。
ここにきての決定力不足はちょっと痛い。
でもなかなか面白いゲームであった。

C大阪戦雑感
・8:00頃起きたら室内温度はすでに30℃オーバー。もっとゆっくりと寝ていようと思ったが暑くて暑くて起きてしまった。
・ちょっとクーラー入れてシャワー浴びて11:00頃に新潟へ向け出発。
・15:00頃、新潟に到着。こっちもあっちぇ~。
・まずは「黒崎茶豆」をスーパーでゲット。700g698円。安いのか?
・スワン到着後、サポCDを買う。2,000円。去年までは1,500円だったような。。。。
・そしてすぐに冷たいビール。うんまい。
・試合開始からC大阪ペース。どうもアルビは動きが鈍く、中2日のC大阪の動きが軽快。どうした?
・プレスもあまり強くかけずにちょっとゆるゆるな感じ。暑さを考慮しての「エコ」戦法か。
・だが前半20分過ぎからはC大阪の運動量が落ち、アルビペースに。
・まあ「試合勘の差」とのことだが。。。
・ヨンチョル等が決定的なシュートを打ち始めるがGKの活躍もありなかなか決まらない。
・C大阪GKはFKの時、かなり極端な守備位置を取る。壁さえ越えれば決まるのだけれどもマルシオのFKは必ず壁に当たる。ギリギリを狙っているからしょうがないのだろうね。
・アルビが優位にゲームを展開するも決められずこのまま前半終了かと思った時、中野がファウルスローを犯し、C大阪にボールを渡してしまう。
・ここからCKを奪われ、あっけなくアルビ失点。やってはいけないミスだった。もったいない失点だった。
・アドリアーノのバクテンにむかついた。
・C大阪はこの先制点を引いて守ってカウンター1発に出てくるはず。
・後半開始早々からアルビの猛攻。
・ヨンチョル等が次々とC大阪ゴールに襲いかかる。
・しかし、GKのファインセーブもあり得点できず。あのGKはうまいのか?
・待望の同点弾は後半10分。絶好の位置からからFKのチャンス。角度も丁度良い。蹴るのはもちろんマルシオ。GKは極端に右に寄っていて左が空いている。マルシオの蹴ったボールは壁を超えGKの頭上へ。GKはバイザイのような格好でボールを阻止しようとするがその手を弾いてゴールネットを揺らした。
・あのFKはブレ球だったのか?凄いFKを目の前で見させてもらった。
・マルシオ△!!!
・一気にボルテージの上がるスワン。これで貴章が逆転ゴールを決めてくれると言うこと無いだが。。。
・だが期待の貴章はちょっと空回り気味か。
・後半31分、勲のミドルは枠外。「アルビレックスタイムス」で「もう1~2点決めたい」って言っていたから決まった~~と思ったのに。。。。
・後半35分、貴章オーバーヘッドシュート!スワンがどよめくがボールは枠外。。。
・後半37分、三門に代えて大島投入。4-3-3だ。
・だが追加点を挙げることはできず無念の引き分け。
・試合終了直後、21:32の新幹線に乗るためタクシー乗り場へ駆け足で向かう。途中、サンダルの中に小石が入り、痛かったが構わず向かう。おかげさまでスムーズにタクシーに乗れて順調に新潟駅に到着。運賃を30円まけてもらった(笑)。
・新幹線には同じようにスワン帰りの人たちが多数いてちょっとびっくりした。

・まあ見ごたえのある面白いゲームではあった。
・しかし、引き分けは厳しい。
・来週は仙台→中2日→鹿島と厳しいアウェイ連戦だから確実に勝っておきたかった。。。
・マルシオは凄いFKを決めてくれたけど、ほとんど壁に当てていたのが気になった。「今までとは感覚が違う部分が多くあった」とコメントしている。本人も気になっているのだ。まあ、来週には修正してきてくれるだろう。
・公式戦を1試合こなしてゲーム感も養われたことだろう。
・来週の牛タンいや仙台戦が楽しみだ。

・さて、ちょっと先だけど8/29(日)の横浜FM戦。試合後の「祝勝会」を新横浜で大々的にやろうかなとちょっとだけ考え中(笑)。企画倒れの可能性も大。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。