So-net無料ブログ作成

第21節 横浜FM戦 日産スタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00016.JPG
アルビ0-3横浜FM
完敗。惨敗。
何も出来なかった、させてもらえなかった。。。。


横浜FM戦雑感
・スタジアムに行く前に浦和戦チケット購入しようと思いローソンへ。何度ロッピーを操作しても買えない。よく見ると30日販売開始とある。29日販売はぴあか。まあ、売り切れないだろうと思い、日刊スポーツ買ってスタジアムへ。
・スタジアム到着は12:00頃。クソ暑いのでスタジアム地下の「日産ウオーターパーク」へ。クーラー涼しい。
・ケータイのニュースサイトで山本小鉄さんが亡くなった事を知る。ちょっとショックだった。
・アルビスタメンは予想通り。
・開始早々、FKのチャンスから大島がヘディングシュート。枠は外れたがいい感じだ。
・マルシオ、ミシェウさんを中心にして華麗なパス回しで横浜FM陣内に攻め込む。大島も楔になっている。
・横浜FMを圧倒。こりゃ、スゲーぞって思った。
・前半10分、スローインからミシェウさんがドリブルで相手DF陣を翻弄し、そのままシュート。ボールはゴールバーを叩く。惜しい。。。。
・徐々に横浜FMにペースを奪われる。再三にわたり危ない場面が多くなる。
・ちょっと、いや、かなりやばい感じである。
・なんかアルビDFがバタバタしている。
・黒河とコミュニケーションがうまく取れていないような気がする。
・前半41分、大島が楔となりマルシオがGKと1対1の場面を作りシュートを打つがGKに弾かれる。
・なぜかアルビって1対1を外す場面多いよな。。。。
・前半はお互いに決定機を外し0-0で折り返す。
・とにかく守備陣がちょっと不安だ。。。
・後半立ち上がりから攻め込むアルビ。
・だが、パスカットされ、カウンターをくらう。俊輔のスルーパスから山瀬に抜けられあっさり決められて失点。
・うーん、やっぱり失点してしまったか。。。。
・後半10分、大島の左足シュート。惜しくも枠外れる。
・後半19分、マルシオのシュートもかなり惜しかった。
・こんなんばっかり。。。。
・後半25分、俊輔に右足で綺麗に決められ2失点目。かなり厳しくなった。
・後半30分、ヨンチョルが俊輔に無理なチャージ。倒れて負傷し、黄色紙もらい、担架で運ばれて退場。
・ヨンチョルは右ひじを痛めたらしい。
・ヨンチョルは何も出来なくてイライラしていたのかな。
・後半39分、CKから不味い守備対応で3失点目。
・このままアルビは得点できず0-3で敗退。
・試合後は去年も寄った中華屋さんで「ちくしょう会」。去年は料理を頼みすぎて惨敗したが、今年は強力2トップを従えて慎重に注文(笑)。おかげさまで沢山の料理を堪能し、完勝(大笑)。おいしゅうございました。


・「ちゃぶられて」しまった_| ̄|○。。。
・俊輔を再生させてしまった。
・前半15分頃までのアルビはすごーく良かった。
・だが、その後はグダグダだった。
・ベテランが多く試合巧者の横浜FMにしてやられてしまった感じ。
・アルビは何もさせてもらえなかった、いや、出来なかった。
・明堂、ジョン、木暮が入ったがゲームを落ち着かせることは出来なかった。
・ジョンは交代でボランチに入ったが、どこにいたのか、わからなかった。
・8月の戦いの疲れがどっと出てしまったのだろうか?
・それとも暑さにやられてしまったのか。
・貴章の穴は言いたくないがやはり埋めるのはかなり大変なことだ。
・貴章の穴を埋めようと空回りしてしまった。
・ヨンチョルの右ひじが心配だが、新幹線で一緒に帰ったとの事だから軽症だと思いたい。
・天皇杯を挟むがリーグ戦まで2週間ある。なんとか立て直してもらいたいものである。

第20節 川崎戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00014.JPG

アルビ2-1川崎
完勝

川崎戦雑感
・まずは実家に行くため東京発9:12に乗車。ナイター開催なのに川崎サポも多数乗車。新潟でたくさんお金を使ってください。
・実家で一休み。犬がまとわりついて離れない(笑)。そしてスタジアムへ。あちー。
・冷たいビールを数杯飲みながらキックオフを待つ。すると突然スプリンクラー稼動。ビジターエリアではピッチだけでなくスタンド方面にも水を飛ばしていた。水はスタンドまで届かないように見えたが、実際はかかっていた。2年連続で水かけ。。。。いくらくそ暑い中とはいえちょっとしゃれにならないような気がする。川崎サポさん、ごめんなさい。
・コイントスで勝った川崎がサイドを変更。これもキックオフ直前の放水が影響しているのか。川崎は2年前の悪夢を忘れたのか。後半は川崎のシュートをアルビサポの声ですべて跳ね返してやる、そー思った。
・ゲームは開始から川崎はちょっとお疲れ気味。やはり中2日はつらいのか。
・アルビは元気よく動いている(笑)
・いきなりFKのチャンス。マルシオのシュートは枠を捉えるがGKに阻まれる。おしいな。
・前半18分、細かくパスをつないで貴章がシュート。いい流れだ。
・アルビはリズムよく攻守を切り替え、川崎を圧倒。後は得点を待つのみ。
・ミシェウさんもヨンチョルもよく走っている。
・ヨンチョルは森に競り勝っていた(笑)。
・前半30分過ぎからは川崎ペースになりかけた。しかし、アルビは余裕を持って対処。無得点ではあったがほぼアルビペースで前半を終了。得点が欲しかった。
・後半立ち上がりは川崎が攻勢。だが、黒河が落ち着いて対処。黒河は積極的な守備ができるようになってきた。
・だが、川崎に流れかけたペースをミシェウさんとヨンチョルが引き戻す。
・後半10分、右サイドを攻めていたヨンチョルがミシェウさんにパス。ミシェウさんは右サイドから中央に走りこんでいたヨンチョルに縦パス。見事に通り、ヨンチョルはボールを横に移動しながらキープし、シュート。見事に決まってアルビ先制。
・ヨンチョル、スゲー!さすが韓国代表!
・これで川崎が攻勢に出てくる。ちょっと怖い場面もあったが、アルビ守備陣は落ち着いて対処。黒河の積極性が目立つ。
・後半20分、ミシェウさんの縦パスにヨンチョルが反応。落ち着いて決めてアルビ2-0とリードを広げる。
・ミシェウ△!、ヨンチョル△!
・ヨンチョルは2試合連続の2得点。これで今シーズン10得点目でとりあえず得点王!
・さすが韓国代表だ。
・このままあとは時間をうまく使ってアルビ勝利・・・・のはずだった。
・小林→三門、西→内田、ミシェウさん→ジョンと逃げ切り交代も万全のはずだった。
・ロスタイムは3分。うんうん、大丈夫だ。
・そー思っていた矢先、三門の不用意なパスが川崎選手に渡り、ジュニーニョがシュート。これが勲の足に当たり、コースが変わってゴールマウスに入ってしまう。。。。。
・ああ、去年の悪夢が頭をよぎる。ハラハラドキドキのロスタイムだ。
・だがジウトンはいない(笑)。きっと大丈夫だ。
・ハラハラドキドキのロスタイムは無事に過ぎ、アルビ2-1と勝利。
・よかったよかった(笑)
・試合後はいつものお店で祝勝会。2次会にも行ってしまい、実家に帰ったのは3:00でした。。。。。。。。。



・川崎はかなりお疲れモードだった。日刊スポーツによると憲剛は熱中症だったらしい。
・そんなくそ暑い中で足が止まらなかったアルビは凄い。
・ただ、お決まりの失点癖は何とかならんのか。
・まあでもほんとに今のアルビは強いよ。
・横浜FM戦も楽しみだ。

第19節 清水戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00008.JPG
アルビ4-1清水
完勝。快勝。
清水に2連勝。

清水戦雑感
・新潟に向う前に散髪。さっぱりした。
・清水は大幅にスタメンを変えてきた。ヨンセンはベンチにも入っていない。
・もしかしてアルビを軽くみられたのか。それとも中2日でお疲れなのか。
・アルビはミシェウさんが復帰し、ベストメンバー。
・ゲームは開始からアルビペース。清水は動きが鈍い。
・清水は最初から引いていた。引き分け狙いか。
・ヨンセン不在で怖さが無い。
・攻め立てるアルビ。いい感じで走れている。ミシェウさん絶好調(笑)。
・前半8分、右サイドからFKのチャンス。マルシオは直接狙うがGKに弾かれた。
・前半13分、左サイドからヨンチョルが右足でループ気味のミドルシュート。惜しくもポストに弾かれる。
・最近、ポストとかバーとか多くねーか?
・前半17分、ほぼ正面の位置でまたもFKのチャンス。マルシオのシュートはGK正面。でも鋭く落ちるシュートだった。
・その後も一方的に攻めているアルビだが得点できない。ちょっと嫌なパターン。
・早く先制点が欲しい。
・前半31分、ヨンチョルがペナルティエリア直前で倒され、FKのチャンス。マルシオ得意の位置だ。慎重に振りぬかれた右足から蹴り出されたボールはゴール左隅へ突き刺さった。アルビ待望の先取点。美しい軌道を描いたゴールだった。
DVC00004.JPG
・今のマルシオは壁さえ越えれば入る。
・千葉ちゃんはマルシオの顔に水をかけて喜んでいた(笑)
・さらに攻め立てるアルビ。貴章、小林と立て続けにシュート。いい流れだ。
・前半41分、左サイドでヨンチョルが相手のクリアミスを逃さず奪い、そのまま左足でシュート。これが見事に決まり、アルビ2点目。
DVC00003.JPG
・ヨンチョルのあのパフォーマンスは何(笑)?
・前半は2-0とアルビが圧倒して折り返す。
・それにしても清水は動けてない。かなりお疲れなのか。
・後半3分、ミシェウさんの絶妙の縦パスに貴章が走りこみシュート。見事に決まってアルビ3点目。
DVC00002.JPG
・ミシェウさんの魔法炸裂(笑)。
・この3点目はかなり大きい。
・後半8分、勲に代えて三門投入。3点差で次節に向けて勲温存か。
・この後は一進一退の攻防。
・清水に攻められる場面もあるがアルビは余裕を持ってゲームを進めている。
・後半26分、マルシオに代えてジョン投入。
・この交代も次節に向けての温存なのだろうがマルシオはかなりご立腹。
後半38分、ミシェウさんに代えて明堂投入。
・明堂、走る走る。
・このままなんとか無失点で試合を終わらせたい。
・しかし、後半39分、途中出場の原に右サイドをドリブル突破されそのままシュートも決められて失点。
・まあ、清水選手中で原が一番元気良かったけどね。。。。
・それにしてもリードしているとはいえ試合終盤の失点はいただけない。
・残り時間は少ないし、2点差あるがまだ失点するんじゃないかとかなり不安になってしまった。。。
・後半45分、明堂が左サイドを突破し、併走していたジョンにパスを出すがジョンは倒されボールはスルーされてヨンチョルへ。GKと1対1になったがGKに倒されPK獲得。ジョンが蹴ると主張しているようだったが、ヨンチョルはボールを離さず。きっちりとPK決めてアルビ4点目。
DVC00001.JPG
・G裏からは「ケッチラセ!」コール。気持ちいい~~。
・ロスタイム5分。きっちりと時間使ってアルビ4-1と快勝。


・ジョンのプレーを見ることが出来てよかった。積極的にシュートも打っていた。いいんじゃないでしょうかね。
・アルビは4得点したがマルシオがFKを決めたのが大きかった。あれで完全にゲームを掌握できた。
・4得点のうち2得点を山形戦に振り分けて欲しい(笑)
・ただ、終盤の失点は大きな反省点。
・明堂の献身的な走りはすばらしい。
・ゴートクが試合を重ねるごとに逞しくなっている。
・次節の川崎も名古屋に3-0と快勝している。だが、アルビは中3日だし、ホームだし、勲・マルシオを温存することが出来た。
・夏に強い、スワンで強いアルビを川崎に見せつけてやろう。

第18節 山形戦 NDソフトスタジアム山形 [アルビレックス新潟]

DVC00005.JPG

アルビ0-1山形
負けました。
リーグ戦4か月ぶりの負け。
ちょっと凹みます。
・・・・・負けました。


山形戦雑感
・行きの新幹線内で明訓初戦突破を知る。幸先いいぞ。
・山形駅到着後、路線バスで蔵王へ。大露天風呂に浸かる。気持ちよかったが身体を洗えないのは計算外だった。お昼は名物の「ジンギスカン定食」。去年も食べたけどおいしゅうございました。
・山形駅前のホテルにチェックインし、1時間ほど寝てからスタジアムへ。ビジター入場口からオレンジの長蛇の列が。。。。みんなお盆で来れないんじゃなかったのか?
・巨大スピーカー前あたりに場所を確保。相変わらずあのスピーカーはうるさい。なんとかならんのか。
・ピッチを見るとつぎはぎだらけ。相当コンディションが悪そうだ。
・ビールを飲みながら試合開始を待つ。いつもの時間にGKは出てきたのだが、他の選手は出てこない。山形の選手も出てきてアップしているのにアルビ選手は出てこない。いつもより10分程度遅れて選手登場。体力温存作戦か。
・スタメンには予想通り。ヨンチョルを起用。コンディションは大丈夫なのだろうか?
・ゲームは最初からアルビが支配。大島の1トップでマルシオが自由に動き回っているように見える。貴章は右サイドに張り付いてる。
・いつもだったら大島にボールがおさまるのだが、おさまらない。
・ヨンチョルもイマイチ動きが鈍いように見える。
・惜しいシュートもあったが、ほとんどは枠外。これはアルビがボールを支配しているが、アルビペースでは無くて山形ペースの試合だ。
・湘南戦の悪夢がちょっと頭をよぎった。
・前半35分、FKをゴール前に蹴られ、これに素早く走りこんだ北村に一瞬早くボールに触られ、アルビ痛恨の失点。
・千葉ちゃんと黒河で一瞬お見合いしたように見えた。どっちが先に対処するか迷ったのだろう。迷った分だけ北村に入り込むすきを与えてしまった。
・FKはアルビの強力な武器のはずなのに山形に決められちゃだめだろ。
・前半のうちに追いつきたかったが追いつけず。
・大島の不調が痛い。
・後半開始からヨンチョルに代えて明堂投入。うーん、やっぱりヨンチョルはイマイチだったんだな。
・明堂は裏を狙った素早い動きを披露。ボールにも触ったぞ。
・山形は早くも引き気味。アルビはなかなか崩せない
・後半10分、サイド攻撃から西が素晴らしいクロスを上げ、大島が頭で合わせるがボールはゴール上。おしい。
・6分後、右サイドを貴章がドリブルで突破し、クロスを上げる。これをジャンプ一番、大島が頭で合わせるが、ボールはクロスバー直撃。。。。決めてくれ大島。。。
・後半25分、大島に代えて内田投入。これで貴章と明堂の2トップ。西がSHかと思ったが、そのまま。うーん、内田SBの方がよいと思うのだが。。。
・CKやらFKやら多くなる。だが、マルシオ決め切れず。ちょっとCK・FKに頼り過ぎてないか。
・山形は守備をさらに固め、カウンター1発狙い。ときどきカウンターから危ない場面が続く。
・後半40分、三門に代えてケンゴー投入。おー、4-3-3だな。でも、ちょっと遅すぎな感じがした。もっと早く投入しても良いのに。。。
・明堂、ケンゴー、貴章の3トップは新鮮な組み合わせだ。
・ゲーム終了間際に猛攻。ゴール前でごちゃつく場面多かったが、押し込めず。
・最後まで山形の堅守を破ることができず無念の敗戦。
・なぜか決定力不足を露呈してしまった。。。。


・今年も8月に失速してしまうのか。
・このままズルズルと悪い方向に向かってしまうのが怖い。
・まあ、今年は8月にすでに1勝しているから一昨年・去年よりはましかもしれないが。。。
・今年のアルビは効率よく走っている感じがする。最初から全力で走って無いと思う。だから90分間トータルでは動けているようには見える。
・キープ率はアルビ68%と圧倒し、シュート数も14本と山形を上回っている。だが、ゴール数で負けた。
・まあ、負ける時ってこんなもんだよね。
・山形のやりたいゲームをやられてしまった感じ。
・この敗戦はちょっと痛いし、もったいない。
・ミシェウさん不在が痛かったのだろうか。
・なぜにヨンチョルをスタメン起用したんだろうか。明堂もしくは亜土夢でよかったのではないか。
・大島がボールキープできなかったのが痛かった。いつもはちゃんと大島がボールをためてくれるからいい攻撃ができているのだがそれができなかった。大島は調子悪かった。
・貴章が右サイドに張り付きっぱなしなのはもったいなかった。
・明堂、ケンゴー、貴章の3トップは斬新だった。でも点取らないと意味が無い。
・「京都の呪い」。某巨大掲示板に書いてあった。京都に勝ったチームは次節は勝てない。3分8敗らしい。
・さーて、中3日で清水戦の厳しい日程。でもスワンで戦えるし、清水は中2日だし、出場停止者もいる。アルビの方が有利のはず。
・上位進出に向けて踏ん張りどころである。

第17節 京都戦 西京極スタジアム  [アルビレックス新潟]

DVC00004.JPG

アルビ2-0京都
「鬼門」の西京極で初勝利。
「勝てない」8月を勝利でスタート。
これで7勝7分3敗の勝点28、5位で折り返す。

京都戦雑感
・今回は鞍馬山に立ち寄る。意外と込んでいてビックリ。あまり暑くなく風も心地よく、気持ちよかった。
・スタジアム到着は15:00頃。まずはビール!
・ピッチレベルの「エキサイティングシート」にもオレンジユニの姿がちらほら見える。京都はビジターにも販売しているんだ。
・しかし、スタンドの客入りは少なく、かなりさびしい。観客数は7,000人弱。J1の観客動員数じゃない。やはり負けが込んでいると観客動員にもかなり影響がでてしまう。
・アルビのスタメンは予想通り。京都のスタメンにアルビが苦手とするQBK柳沢の名前無し。これはラッキー(笑)。
・スタジアムは風もあり、それほど暑く感じない。これは運動量勝負のアルビにとって有利だ。
・ゲームは最初からアルビペース。京都はホームなのに守っている。
・だが、京都の守備はかなりゆるゆる気味。アルビは好きなように攻撃する。
・時折、カウンターから京都が攻撃を仕掛けてくるが千葉ちゃん、永田がしっかりとケア。ディエゴがボール持つと怖いけど、受け手が不在だから点取られる気がしない。QBK柳沢不在はホント助かる。
・アルビはマルシオ、貴章がシュート打つも入らず。まあ、そのうち得点できるだろうとは思っていたけど、点取れるうちに取っておかないと後で大変なことになるから早く先制したい。
・前半27分、ミシェウさんのスルーパスにヨンチョルが反応し、左サイドをあっさりと突破。そのままシュートをゴール右隅に決めてアルビ先制!
DVC00023.JPG
・ヨンチョル△!代表選出を自ら祝った。
・このゴール、決まったかどうかわからんかった。私の周りもわからんかったようで「入ったよね?入ったよね?入ったよね?」と各々がゴールを確認してからバンザイした(笑)。
・さあ、もう1点取って楽に試合を進めたかったが、前半は1点で終了。
・後半開始から京都が激しく攻撃してきた。ディエゴのシュートはやばかった(汗)。黒河ナイスセーブ。ハーフタイムに秋田監督がちゃぶ台ひっくり返したか。
・後半はこっち側でゲームを進めていくはずと思っていたからちょっと予想外。
・後半8分、アルビのスローインであるが、審判が何事かを他の審判に確認してる。そしてミシェウさんに一発赤紙提示。マジかよ。「乱暴な行為」ってミシェウさん何したの?
・これで戦局は一気に不利となり京都が攻め入ってくる。しかし、アルビは1点リードしてるし、10人になってかえって戦い方が「明確」になった。
・貴章を1列下げて、マルシオの1トップにチェンジ。貴章は時折DFラインまで下がり京都の攻撃を寸断。獅子奮迅の働きで守る。完全にDFだ。
・後半15分、ヨンチョルに代えて三門投入。3ボランチかと思ったが、そーでもないような感じか。よくわからん(笑)。
・後半23分、左からのクロスにディエゴに流し込まれる・・・・が、副審が旗上げてる(嬉)。オフサイドだ。完全にやられたと思った。審判、ナイスジャッジ。
・京都も選手を代えてきたがQBK柳沢の投入は無し。アルビにとってはQBK柳沢が一番怖いのに(たぶん)。。。。。
・後半31分、小林に代えて内田投入。勲と三門のダブルボランチで内田がSHか。よくわからんがとにかく守りをさらに固めてきた。
・直後、CKのチャンス。蹴るのはもちろんマルシオ。ゴール前にアルビ選手は3人しかいない。他選手は京都のカウンターに備えて控えている。マルシオはきっと仙台戦と同じように直接ゴールを狙ったはず。マルシオの蹴ったボールはGKの手を弾いてゴールの中に入って行ったように見えた。アルビ待望の追加点。マルシオ△!
・でも、実際は京都DFのクリアミスからのウオンゴール。マルシオのゴールでいいのに(笑)
・ゴールを決めたマルシオはなぜか「エキサイティングシート」にお座り(笑)。隣の京都マダムも大喜び(爆)。おちゃめなマルシオ△!
DVC00022.JPG
・京都選手はがっくり。数的有利なのにウオンゴール献上。勝てない時って歯車が噛み合わないんだよね。
・残り10分はとにかくしのぐ。
・ロスタイム4分表示。4分は長いだろ。3分で充分だ。
・マルシオが倒され、担架で運ばれる。ちょっと心配だったがピッチ外ですっくと立ち上がった。やはり時間稼ぎの演技だったか(笑)。
・守備固めに鈴木大輔投入かなと思ったら明堂投入。明堂公式戦初出場オメ。ハツラツとボールを追い回していた。
・このまま、完封でアルビ2-0と勝利。明堂はボールに触れた?
・選手がG裏に挨拶に来て恒例のバンザイ三唱。ユースの渡辺がとてもうれしそうにバイザイしていた。
・「オー チョ ヨンチョル~ オー チョ ヨンチョル~オー チョ ヨンチョル~ オオ イギョラー」に答えてヨンチョル1人で恥ずかしそうにG裏へ。メガホン持たされて何事かを言っていた。私はスタンドの最上段にいたんで何言っているのかわからなかった。周囲からは「ヨンチョル かわいいー」と野太い声がかかっていた(笑)
・京都G裏では何事かもめていたらしい。ペットボトルも投げ込まれた。せっかくペットボトル持ち込みOKになったのにまた持ち込めなくなりますよ。
・祝勝会は京都駅で1時間弱1本勝負(笑)。楽しくおいしいビールを飲みました。
・最終の新幹線で帰ってきたが、車内でも1人祝勝会。ビールロング缶1本とチューハイ1缶を飲む。そのうち寝てしまい、気が付いたら新横浜到着直前。危なく乗り過ごしてしまうところだった。。。。。


・スコア速報を見てみるとアルビのシュート数は5本で後半は無し。マルシオのCKは狙ったものだからシュート数に数えてもいいんじゃないかね。
・久々の完封勝ち。GK黒河では初の完封勝ち。ちょっとフィードの精度が気になる。
・苦手の8月を勝利で飾る上々のスタート。今年のアルビは暑くても良く走る。いや、走れる。
・次節からは真夏の厳しい厳しい3連戦。山形(アウェイ)→中3日→清水(スワン)→中3日→川崎(スワン)。スワンで連戦はありがたい。更なる上位進出のためにここが大きなヤマとなるような気がする。
・次節はミシェウさん不在でヨンチョルも代表帰り。ま、今のアルビは選手層が厚くなったから大丈夫でしょう(たぶん)。もしかしてパウロのデビューか?

第16節 FC東京戦 東北電力ビックスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00022.JPG

アルビ2-1FC東京
暑くて厳しいゲームだったけど勝った。
見事な勝利だった。


FC東京戦雑感
・とりあえず在来で新潟へ向う。各列車とも夏休みのためか結構混んでいた。鴻巣あたりからFC東京サポ多数に遭遇。
・越後湯沢で下車し、温泉へ。ゆっくりとお湯に浸かって、へぎそば食べて新幹線で新潟に向った。
・スワンのコンコースはゲーム開始後は風が無く、厳しい暑さだった。
・ビールが旨い(笑)
・さて、ゲーム。やはり選手達はちょっとお疲れ気味な様子。この1週間で3試合目だからしょうがない。
・ボールも幾分かFC東京が支配しているような気がした。
・まあ、それでも先制するのはアルビだろうなと勝手に思っていた。何も根拠はないけど。
・前半14分、高い位置でミシェウさんが相手パスをカットし、すぐさま貴章にパス。これを貴章は相手DFを振り切り、倒れながらシュート。GKも飛び込んで来ていた。ボールはGKの脇を抜けゴールに吸い込まれた。
DVC00014.JPG
・予感的中(笑)。アルビ見事に先制。
・最初は入ったように見えなかった。GKにシュートを阻まれたように見えた。
・貴章、2試合連続ゴール。量産体勢か。
・単純だけど、これで勝ったと思った。何も根拠はないけど(笑)
・後半27分、千葉ちゃんがペナルティアーク付近で森重を倒してしまいFKを与える。蹴るのは松下。ボールはクロスバーを直撃。助かった。松下のプレースキックは相変わらず危険だ。
・この後はお互いに決め手を欠き、1-0とアルビがリードして前半を折り返す。
・後半開始からFC東京に攻め込まれる場面が多くなる。
・アルビのDFラインも下がり気味か。
・だが不思議と失点するような気はしなかった。
・後半11分、小林に代えて三門投入。いつもより早めの交代だ。三門の豊富な運動量に期待だ。
・アルビ選手達はFC東京の攻撃に踏ん張って耐えている。虎視眈々とカウンターを狙っているように思えた。
・黒河も落ち着いている。だいぶゲーム感が戻ってきたのではないだろうか。
・大黒は怖いけどアルビDF陣は大黒に仕事をさせない。
・アルビの攻撃のチャンスがなかなか無い。
・我慢の時間帯が続く。
・まあ、それでも決定的なシュートは打たせていない。
・後半27分、ミシェウさんに代えて大島投入。これで起点が出来る。ナイス交代だと思った。
・だけど大島の動きがちょっと鈍いか。
・後半34分、アルビのチャンス。カウンターからFC東京ゴールに攻め込む。右サイドで貴章が粘り、マルシオへパス。後ろから勲が猛然と走りこんできてマルシオが勲へ絶妙のパス。これを勲はGKをかわしてゴールに蹴りこみ、アルビ待望の追加点。2-0とリードを広げた。
DVC00004.JPG
・勲△!
・マルシオのパスもすばらしかった。
・だが、3分後、あっけなく失点。
・西のクリアボールを大島がキープできずにボールを取られてしまった。
・また完封勝ちが消えてしまった。
・ハラハラドキドキの残り8分間だ。
・アルビは残り時間を必死に耐える。ロスタイム4分も何とか凌ぎ、アルビ2-1と勝利。
・試合終了後、FC東京がどたばたしていた。GKが平手打ちをされていた。何を揉めていたんだろうね。
・祝勝会はいつもの新潟駅前の「ゆた」。美味しいお酒を飲んだ。調子に乗って2次会も行った。そして酔っ払った(笑)。おかげでバッグを忘れる、財布は落とす、ケータイ見失う。全部無事に見つかったけど。見つけていただいたサポ仲間の皆様、大変、ご迷惑おかけいたしました。反省。。。。

・いや、勝ってよかった。勝つってすばらしい。
・いまいち調子は良くなかったと思うけ。調子悪くてもそれなりにゲームをつくり勝った。
・失点は余計だったけど。
・7月を2勝2分で乗り切れたのは大きい。
・次節は相性の良くない京都戦。京都は最下位。「お人よし」になりませんように。。。。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。