So-net無料ブログ作成
検索選択

第24節 浦和戦 埼玉スタジアム2002 [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ0-2浦和
アウェイ浦和戦9連敗。
浦和に9戦ぶりのホーム勝利を献上。。。

浦和戦雑感
・埼スタに到着したのは11:00頃。横浜から埼スタまで1時間半強かかる。遠い。。。次回からは国立でお願いします。
・到着したときはポツポツと雨も残り、風も強く、寒かったがだんだんと青空が広がり、良いお天気となった。日向は心地よかった。
・アルビスタメン、ベンチには予想通りブラジル人の名前無し。
・厳しいな。。。点取れるのかね。。。
・試合前のアップ中にエジがアルビG裏に挨拶しに来た。今まで来たこと無かったのになんで急に来たんだ?
・浦和も観客動員に苦しんでいる。メインとバックはガラガラだ。
・浦和G裏は気が付くと密集していた。だが、チャントが終わると元の位置に戻っていた。あれは何?
ゲームはかなりの苦戦を予想した。しかし、優位にゲームを進めていたのはアルビ。
・出足早く、スピーディーにボールをつないで浦和に攻め込んでいく。
・マサル、亜土夢、ヨンチョルが軽快に動いている。
大島のポストプレーもさえている。
・柏木はボランチだとそんなに怖くない。
・目まぐるしく攻守が入れ替わる感じ。
・ホントよくアルビは浦和に食らいついている、いやパス回し早くて浦和を翻弄している感すらある。
・これでゴールが決まれば完璧なのであるがシュートは決まらない。
・マサルはシュートは大チャンスだったが、大外れ。。。
セットプレーのチャンスもあったのだが、亜土夢は思うようなボールを蹴れず。。。。。
・前半42分、ヨンチョルが左サイドから持ち込んでシュート。惜しくも浦和GKに阻止されてしまった。亜土夢が逆サイドに突っ込んできていたが間に合わなかった。惜しい。。。
・まあこのままアルビ優勢で前半を終了できれば後半はかなり期待できるぞと思っていた。
・ロスタイム表示は2分。へっ?、なんで2分もあるの?そんなに試合止まったっけ?
・ちょっと悪い予感がする。
・前半ロスタイム、浦和の逆襲。ゴール前でボールを受けたエジがチョロっと後ろから走りこんできた柏木にパスして、左足でシュート。これがきれいにゴール左隅に決まってしまい、失点。。。。・いつものエジだったら強引にゴリゴリ行ってボール取られているのにパスするだなんて。。。
・柏木のシュートは素晴らしかった。柏木はやっぱり怖かった。。。
・この失点で全てが狂ってしまった。シュートを打たせてしまったのが大きなミスだった。もっと詰めてシュートを打たせないようにすることはできなかったのだろうか。
・後半開始から小林に代えて三門投入。しかし、得点して勢いが出た浦和が優勢にゲームを進める。
・アルビは浦和のパスワークに翻弄される。前半飛ばし過ぎたせいなのか。。。
・思うようにプレスを掛けられず、後手後手になってしまう展開が続く。
・前半とは全く違うチームになってしまった。もしかして浦和の戦略にまんまと嵌ってしまったのか。。。
・後半17分、疲れに見えた大島に代えて明堂投入。ヨンチョルがFWに上がった。
・だが、流れは変わらず、浦和優勢が続く。
・大島が居なくなったことによりポスト役が不在で逆に厳しくなったような気がする。。。
・後半32分、亜土夢に代えてケンゴー投入。
・ケンゴーに同点弾を期待したが・・・・・・アルビに流れは傾かない。
・後半35分、右サイドを崩されエクスデロに決められ2失点目。正直、2点差はかなりきつい。
・絶対に取られちゃいけない点を取られてしまった。堪え切れなかった。。。。
・正直、追いつけないと諦めた。せめて1点返してくれと願った。
・試合終了間際、左サイドをゴートクが浦和選手数人を振り切って突進していった。何が何でも点取ってやるという気概を感じた。
・ゴートクの危機迫るプレーはゴールには結びつかなかったが後半の唯一の見所だった。
・結局、後半は後手後手になり、何もできず、させてもらえず、点取れず、敗戦。
・試合終了後の選手挨拶は負けたのが凄く悔しくて悔しくて選手達の顔を見ることができず、椅子に座りこんでしまった。拍手もできなかった。ただただ凹んだ。。。。。


・結果的に完敗だった。
・もう埼スタでは勝てないのではないかと思った。
・前半の出来がよかっただけに前半終了間際の失点が悔やまれる。あの失点で全てが狂ってしまった。
・前半はマルシオ・ミシェウさん不在でも充分に闘える展開だったが、後半は全く別のチームになってしまった。
・シュート数は珍しくアルビの方が多い。しかしアルビは無得点だ。
・試合終了時のピッチ上にはケンゴー、ヨンチョル、明堂、マサルと若く経験の少ない攻撃陣が踏ん張っていた。ヨンチョルを除けば練習試合でのメンバーだ。練習試合では自分たちのペースでゲームを進められる時が多く、得点も取っている。だが、トップではまだ何もさせてもらえない。経験豊富な浦和選手達にいいように弄ばれていた。ハッキリ言って力不足だろう。本人たちが一番よくわかっていることだと思うし、悔しいと思う。でも、この苦い経験はきっと「次」の糧となるはず。そう信じている。
・でも早く結果を出してほしい。
・亜土夢はメッシのような存在になれるといまだに思っているのだが。。。。
・ああ~、点取り屋のスタライカーがほしい。
・次節からはゴートクとマサルは代表に招集されてしまいアルビを離脱。この状態で好調な2人の離脱は痛いぞ。
・マルシオとミシェウさんの復帰はいつになるんだ?C大阪戦も期待しない方がいいのか?
・貴章が抜けてから4試合0勝1分3敗。7失点で毎試合失点している。得点はわずかに2得点。
・ブラジル人も思うように使えなくてかなり厳しい。
・開幕から勝てなくてもがきながら、チームの戦い方を模索していたときと感じが似ている。耐えるしかない。
・「誰それ不在で勝てない」から脱却するにはまだまだ我慢が必要だ。
・だが、前半終了間際に失点するまでは素晴らしい戦いをしていた。あれを90分持続できれば。。。。
・C大阪戦もかなり厳しいだろう。だけどきっと選手達は奮起してくれるはず。勝利を期待しよう。
・大阪ではどこで何食べようか(笑)。

第23節 京都戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00012.JPG

アルビ1-1京都
痛恨の引き分け。。。。
とりあえず連敗は止まった。
しかし、10勝目が遠い。。。。

京都戦雑感
・びゅう商品の日帰り新幹線ツアーで参戦。新潟駅前の志乃田の昼食券付き。京都サポで同じ日帰りコースの方々が居てちょっとびっくり。さらにシャトルバス乗り場では新潟競馬場にバスで行き、馬券を買って新潟駅に戻り、スワンに向かった京都サポもいたと聞かされ更にびっくり。
・新潟は涼しかった。
・心配していたスワンの芝は先週に比べるといくらかは回復しているように見えた。
(先週)
DVC00003.JPG
(今週)
DVC00013.JPG
・スタメンに東口復帰。全治3カ月だから最悪は今季絶望かと思っていた。こんなに早く復帰するなんてすばらしい。
・マルシオはG大阪戦に続きベンチ外。重症なのか、大事を取っただけなのか、浦和戦に向けて温存したのか。。。
大島にはそろそろ決めてもらわないと。。。
ゲームは前節勝っている京都が勢いで果敢に攻勢をかけてくる。
・だけど決定的な場面は全く作らせず。
・うん、今日の守備は安定している(たぶん)と思った。
・京都のFWは2番。なんでDFがFWの位置にいるんだ?って何度も何度も見直してしまった(笑)。
・アルビは懸命にプレーしているんだけど、なんとなーくちぐはぐな感じ。
・大島はちょっと?って感じ。
・千葉ちゃん、永田、勲のカバーリングが素晴らしく、京都にチャンスらしいチャンスを与えていない。
・東口も落ち着いている。安心してみていられる。
・やはり今日の守備は安定している(たぶん)。
・こりゃ、怖いのはセットプレーだけだなと思っていたら、CKからあえなく簡単に失点。
・失点場面はアルビ選手の足が完全に止まっていた。相手選手のファウルか何かセルフジャッジしてしまったように見えた。
・前節もCKから失点し、充分に修正を掛けていたはず何に同じCKであえなく失点。
・いったい何をしていたんだろう。実にもったいない失点だった。やはり守備は不安定だ。
・攻撃陣はいいところまで行くんだけどやっぱりチグハグ。ポスト役の大島にボールが収まらない。
・ミシェウさんは必死に走っているけどちょっと空回り気味か?
・このままズルズルと点取れずに終わってしまうんじゃないかと思った。嫌なパターンだ。
・ハーフタイムはレモンチューハイを呑んで気持ちを落ち着かせていた(笑)
・後半早々、ヨンチョルがペナルティーエリア付近で倒れる。絶好の位置でFK獲得と思ったらヨンチョルのシュミレーションで黄色紙提示。そんな馬鹿な。。。。
・なーんか審判の判定も含めてツキが無い。
・後半12分、13分とミシェウさん、ヨンチョルがシュート打つがGKファインセーブ連発。ツキが無い。。。
・直後、大島に代えてケンゴー投入。ケンゴーの初ゴールに期待。これでアルビにツキがくるはず。
・後半19分、ミシェウさんがドリブルして果敢にゴールに攻め入る。相手GKは止めようと飛び出してしまうが、ミシェウさんはかわしてGK不在のゴールへシュート。しかし、相手DFに阻止され、ビックチャンスを逃し、頭を抱えるミシェウさん。だが、線審が何やらアピール。ミシェウさんのシュートは手に当てて阻止したとのことでPK獲得し、赤紙一発退場。やっとツキが巡ってきた(笑)。
・これをきっちりとミシェウさんが決めてアルビ追いつく。
・必ず何かが起きる京都戦である(笑)。
・数的優位のアルビは怒涛に攻め立てる。
・ヨンチョルがペナルティエリア内で倒されるが流される。。。うううう、あれもファウルでPKだろ。
・攻め続けるが、守りを固めた京都の壁を破れない。
・京都は勝点1死守に必死だ。
・アルビは強引な中央突破が目立ち、サイドをうまく使えてない。
・シュートも打ってはいるが、ほとんどがGK正面。決まった~と思ったシュートはファインセーブされる。私は悔しくて何度も何度も74の壁を蹴っていた。
・ケンゴーも得点を期待されての起用なのにちょっと期待外れ。もっと思い切ってプレーすればいいのに。。
・ロスタイムは5分。「サヨナラゴール」を期待した。
・逆に京都にボールを持たれ、結局引分け。
・試合後の「反省会」でしたたかに酔ってしまった。新潟発20:19で帰る予定が最終になってしまった。
・そして新幹線車内でも飲みながら「反省会」を続けた。
・「かんずりさきいか」が良い味出してた(笑)
DVC00009.JPG
・結論は「ケンゴーしっかりしろ」だったと思う。
・それとなんか約束してしまった、いや、約束させられてしまった(笑)

・残念なゲームだった。
・もったいないゲームだった。
・とにかく負けなくてよかった。
・凡戦になってしまった最大の理由はピッチコンディションだろうか?
・観客は30,000人を割ってしまった。雨予報の影響もあったのだろうが、京都戦のゲーム内容じゃあ観客は減る一方だ。
・選手たちはACLに行きたいと言っているがこんなんじゃあ(以下自粛)。。。。。。
スポーツ紙ではゴートクがサック監督に猛アピールみたいなことが書いてあるが、猛アピールよりアルビの勝利である。
・今週もどよよよよよ~~~んと過ごしてしまいそうだ。。。。。、
・いまのところ25日の予報は曇り。お願いだから雨は降らないでください。。。

第22節 G大阪戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ1-2G大阪
痛恨の連敗。
負けるゲームじゃなかっただけにとっても悔しい。。。

G大阪戦雑感

新潟に行く前に自宅で某巨大掲示板を読み、マルシオが傷んで試合出場が微妙らしいことを知った。
・スワンに到着し、「くくる」の大行列を見ながら軽くビールを飲む。私は「くくる」は毎日食べれるから(笑)
・モバアルからスタメンのメール。マルシオはベンチ外。やはり傷んでいるんだ。。。。
・代わりにマサルがスタメン。これはちょっと驚き。マルシオでなければ亜土夢に期待したのだがね。。。
・スタジアムに入場し、枯れた芝を見て唖然とした。見事に白く枯れている。砂でも撒いているのかと思った。サポ仲間に聞いたら天皇杯の時よりも悪化しているとのことだった。。。。
DVC00003.JPG
・12日の日刊スポーツには「エグザイルの影響」と書いてあった。エグザイル関係者は自覚しているのか?
・なんかどんよりとした気持ちのままゲーム開始。
・いきなりシュートを打たれちょっとひやっとしたが、とりあえずはアルビペース。G大阪はカウンター狙いか。
・G大阪がカウンター狙いなんて。。。まあいろんな意味でコンディションが整っていないからしかたないのか。
・アルビの攻撃時間の方が長く、良い流れ。各人がシュートを打つが枠外多い。
・マサルはルーキーとは思えない動き。運動量多くなかなか良いぞ。
・プレースキックは誰が蹴るのかと思ったらマサルだった。
・好プレーの時に大型ビジョンにスロー再生されるんだけれども、芝が白くなっていて雪の上でプレーしているのかと見間違えるほどだった。
・ヨンチョルは痛めている右腕に相手選手が当たるとかなり痛そうにしていた。
・西が積極的にシュートを打っている。
・アルビが押し気味にゲームを進め、チャンスも多かったがゴールできず、前半は0-0。
・良いゲーム内容だから早くゴールがほしい。
・後半の入り方が重要だぞと思っていたら、いきなりシュート打たれてヒヤヒヤした。
・このままズルズルと一発でやられるのが怖い。
・そー思っていたら勲のクロスがうまくファーに流れて、G大阪DF陣が崩れ、ヨンチョルがシュート決めてアルビ先制。良い時間帯だ。ヨンチョル、今季11得点目!
・これでとりあえず勝ったな、と思った。←これが大きな間違い、いや、勘違いであった。
・5分後にカウンターからCKを与え、あっさりと失点。。。。。
・向こう側のゴールなんで遠くてよくわからなかった。。。
・うーん、セットプレーからの失点、得点直後の失点には充分に注意しているはずなのに。。。。
・失点にめげず、勝ち越し点を目指し、攻めるアルビ。
・だが、いいところまで攻めるが決め手に欠ける展開が続く。
・プレースキックはミシェウさんも蹴っていた。
・サイドにフリーな選手がいるのに中央突破を図り、ボールを失う場面も目立つ。
・カウンターから大島にフリーでボールが渡る場面が2回あったが、大島は2回ともチャンスを潰してしまった。
・大島のゴール前での迫力が無くなってしまったのが気になる。
・亜土夢、三門、ケンゴーと攻撃的な選手を投入するが決定力に欠ける。
・特にケンゴーのシュートは惜しかった。。。。
・何度も決められるチャンスはあったが決定力不足で決まらない。
・逆にG大阪は終了間際にカウンターから勝ち越し点。ああ~、なんてこったい、逆転されてしまった。。。
・ゴール決めた選手は興奮してユニ脱いでやがる。ムキー。黄色紙じゃなくて赤紙出せと思ってしまった(涙)。
・ロスタイムは4分。最後まであきらめずゴールを狙うが、絶好の位置での亜土夢のFKは壁に当たり、ヨンチョルのシュートはわずかに枠を外れてしまう
・結局、追いつけず1-2の負け。

・痛恨の連敗である
・負けるゲームじゃなかった。最低でも引分けで終わらなきゃいけないゲームだった。
・終了間際の失点癖はなんとかならんのか?
横浜FMから3失点、2失点と多くなっているのが気になる。堅守はどうした?
・良い内容のゲームだっただけに負けたことがとてもとてもとても悔しい
・チャンスは多くつくっているのだからなんとか決めて欲しい
・ヨンチョルは得点ランキング1位。すばらしい。
・マサルはとてもよかった
・内容は良かったから悲観する必要は無いけど、ちゃんと勝点3を取らないと。。。
・貴章がいなくても、マルシオがいなくても勝てることを証明しないといけない。。。
京都戦に期待しよう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。