So-net無料ブログ作成
アルビレックス新潟 ブログトップ
前の10件 | -

第1節 福岡戦 レベルファイブスタジアム [アルビレックス新潟]

110305.JPG
アルビ3-0福岡
とりあえず、完勝。



福岡戦雑感
・福岡空港には10:00頃着。それから空港を見渡せるラウンジで約2時間ほど、飛行機の離発着を見ながら飲む。かなり楽しかった(笑)
・アルビのスタメンは↓。GK:東口
DF:藤田、千葉ちゃん、石川、ゴートク
MF:勲、小林、三門、ヨンチョル
FW:Bロペス、ミシェウさん
リザーブ:黒河、大輔、内田、大野、ジョン、ケンゴー、亜土夢
・リザーブに菊地と大島の名前が無い。大丈夫か。。。。
・スタジアムは寒かったが、日向になったら暖かくなった。
・立ち上がりから攻め込むアルビ。だが、ファーストシュートは福岡。ちょっと危ない場面だった。
・アルビは攻め込むも最後の精度を欠いている。まあ、まだ始まったばかりだしね、徐々にだ。
・スペースに出たボールを必死に走り、追う、Bロペス。追いつかなかったけどナイスプレーだ。
・5年ぶりJ1の福岡は攻守に気迫溢れるプレー。
・千葉ちゃんの背中が大きく、頼もしく見える。
・アルビの両サイドから攻め込む場面が多い。特にヨンチョルはキレキレみたい。
・前半12分、FKの場面。ゴートクが蹴ると見せかけてペナルティエリアに走りこみ、ミシェウさんがふわりとゴートクへボールを蹴るがタイミングが合わず、失敗。連携大丈夫か?
・この後、福岡の連続攻撃を喰らう。強烈なシュートを打たれるが枠を外れて助かった。
・福岡の攻撃はシュートで終わっている。気に入らん。
・一方のアルビはシュート打てない。連動性にかけている。
・DFラインからなかなかボールを前の運べない。福岡の気迫に押されているのか
・アルビのファーストシュートは後半30分近く。打ったのはヨンチョル。千葉ちゃんのフィードを受けGKと1対1となるがジャストミートできず、跳ね返される。跳ね返りをミシェウさんが狙うも枠を外れる。惜しかった。。。
・このあたりからやっとアルビの攻撃にリズムが出てきた。
・いい流れになってきたが、ミシェウさんがうまく攻撃できなくてイライラしている感じ。黄色紙も貰ってしまった。
・ヨンチョルはスペースを見つけて走りこんで攻撃のリズムをつくっている。
・前半終了間際、ゴール正面でBロペスが決定的な場面をふかしてしまい前半終了。
・まあ、失点しなくて良かった。後半はもっと良くなるだろう。
・後半開始早々、接触プレーで千葉ちゃん倒れる。千葉ちゃん、がんばれ。
・後半7分、右サイドの藤田からなぜか右サイドに張っていたヨンチョルにロングパスが通り、ゴールに向って走りこんでいたミシェウさんにパス。フリーで受け取ったミシェウさんが流し込んで見事にアルビ先制!
・YES、ミシェウさん!
・いや、見事な攻撃だった。ヨンチョルは何で右にいたんだ(笑)
・なんか福岡は足が止まっている感じ。前半飛ばしすぎて疲れたか?
・ゴートクが相手ボールを奪い、ドリブル突破し、Bロペスへパス。左足シュートは力なくGK正面。ゴートクのドリブルはエクセレント!
・続いても左サイドを崩して連続攻撃。ゴートクからファーサイドでフリーのBロペスにクロス。ヘディングシュートはGK正面。だんだんBロペスのシュートチャンスが多くなってきた。
・重松の右足シュートはやばかった。
・Bロペスはサイドに構えていた方がいい感じ。
・後半23分、小林に代えて大輔投入。ん?システムはどーなったんだ?
・直後、ヨンチョルが左サイドを崩し、G前にクロス。これを相手DFをうまくかわしてBロペスがダイビングヘッド。見事に決まってアルビ追加点。
・Bロペスは両手を広げ、次に右親指を口に持っていきおしゃぶりパフォーマンス。あれは何(笑)?
・いや、Bロペスがゴールを決めたのは大きい。
・アルビはCBに大輔、右SBにゴートク、左SBに石川で三門がボランチに下がり藤田が右SHに上がったのか?
・もしかしてこれは黒崎監督の「戦術的交代」ってやつですか?
・後半29分、ミシェウさんから左サイドのヨンチョルにスルーパス。ヨンチョルは角度の無いところからシュートを打つがGKがなんとか弾くも、こぼれ玉を藤田が身体ごとゴールに入れてアルビ3点目。
・私は背番号の「4」が見えたので決めたのはゴートクだと思ったが藤田だった。
・アルビG裏からは久々に「ケッチラセ」コール。気持ちいい~~
・後半31分、藤田の代えてケンゴー投入。ミシェウさんが下がったか。もうよくわからん(笑)
・後半34分、福岡選手に赤紙提示で退場。何がどーなったのかよくわからなかった。
・数的優位になったアルビだが、3点差もあって安心したのかここからちょっとグダグダ。
・とにかく無失点で。。。。
・ケンゴーは福岡DFを「オラオラ」と倒している。
・後半39分、Bロペスに代えて内田投入。ゴートクを1列上げたか。もうわからん(笑)
・後半40分過ぎからは時間を使い始め、ロスタイムも無事に経過してアルビは3-0で完勝、完封勝ち。
・選手達がG裏に挨拶に来て笑顔で万歳。ベンチ外だった大島、菊地もうれしそうな顔をしていた。
・Bロペスがアルビの人に万歳を教わりながらG裏に来たが、G裏はチャントを歌うばかり。万歳させてあげればいいのに。。。。
・夜は中洲で水炊きともつ鍋を堪能。しっかり美味しいお酒も飲んだ。お腹一杯で屋台は楽しまなかったが、下ネタ満載の「弁天図」に大笑い。福岡の夜、サイコー(笑)


・やっぱり勝つってすばらしい。
・前半は連携もイマイチで個人技頼みだったが、後半はよかった。
・ヨンチョルは全ての得点に絡む大活躍。キレキレなドリブルに萌え。
・Bロペスはやはりポストプレーはまだ難しい。サイドで生きる。でも大きなゴールを決めてくれた。
・選手交代でめまぐるしく選手のポジションが変わった。誰がどこに移ったのかわけわからんかった(笑)
・完封勝ちは何試合ぶりだろう。でも福岡の決定力不足に助けられた感じもする。
・でも要所要所はしっかりと締めていたし、安定していた。
・特に千葉ちゃんは頼もしい。フィードもすばらしい。
・さあ、山形も撃破しよう。

第34節 湘南戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ3-1湘南
勝ってよかった。
みんな笑顔でよかった。
「終わりよければ全て良し」だ。
2010リーグ戦成績12勝13分9敗 勝点49 得失点差+3 9位

湘南戦雑感
・東京駅は東北新幹線の新青森まで開業もあり混雑していた。そして各地に向う各クラブのサポの姿が目に付いた。東北新幹線に乗車する川崎サポが多く、そのまま青森まで行ってしまえ(笑)と冗談で思ったが、強風により新幹線が遅れ、キックオフに間に合わなかった川崎サポが大勢いたらしい。かわいそうに。。。
・上越新幹線は順調に新潟に到着。暴風雨と予想されていたが、雨は降ってない。風はちょっと強いが。。。。
・ランチして12:30頃にホテルに荷物を預けに行くと、「もうお部屋のご用意できてますから入れますよ」と言われ、チェックイン。チサンホテル、サイコー。
・スタジアムに到着すると風強い。そして寒い。
・アルビのスタメンは予想通り。湘南は野澤がスタメン。寺川はベンチスタート。
・アップで野澤が出てくるとスタジアム中から拍手。まだまだ愛されてますね、野澤。
・選手紹介で野澤、寺川、男前湘南監督が呼ばれると大拍手。拍手大きすぎ(笑)
・円陣で右足を高く上げ、バーにぶら下がる野澤。変わらない風景だ。
・ゲームはミシェウさんが倒され、FKのチャンス。蹴るのはもちろんマルシオ。ゴール前で弾んだボールは野澤が触れることすら出来ず、ゴールに吸い込まれた。アルビあっけなく先制!
YES!マルシオ!何度見てもマルシオのFKはすばらしい。
・マルシオは今季3度目の「ゆりかごダンス」を披露。ホント、好きだねマルシオ(笑)。いや、もしかしてゴートクのためのゆりかごダンスか?
DVC00006.JPG
・さあ、これでマルシオ得点王が現実味を帯びてきたぞ。
・ただ、早い時間帯に先制したアルビはこのあとグダグダになる傾向がある。早めの追加点が欲しい。
・そしたら2分後に勲がサイドチェンジし右サイドのマルシオへ。マルシオが中央へ折り返してミシェウさんが決めてアルビ追加点。
・YES!ミシェウさん!
DVC00005.JPG
・ゲーム開始5分以内に2得点。いつも一緒に見ている人が「今日は5点取れるね」。私は「いや、10点でしょ(笑)」。マルシオのゴールラッシュに期待だ。
・過去に同じような展開から追いつかれてしまったことが何回かある。油断は禁物だ。
・ここからが問題。更に突き放せるか、引いてしまい、痛い失点をしてしまうか。
・早めに3点目取りたい。
・ヨンチョルは「ゴール決めたい」って血気にはやっている。
・何が何でもゴール決めるって気持ちは素晴らしいが、ちょっと空回り気味か。
・東口→ヨンチョルラインは健在。相変わらず東口のフィードは素晴らしい。
・後半29分、ミシェウさんに代えて亜土夢投入。先ほどミシェウさんは自らピッチ外に出て治療を受けていた。どこか痛めてしまったのか。
・これでマルシオがトップに上がった。
・マルシオ得点王獲得のためマルシオにボールが集まる。だけどうまく繋がらない。
・なんか湘南の鋭いカウンターを食らい始めてきたような気がする。
・危ないシュートも何本か打たれてる。枠に飛ばないので助かっているけど。。。
・前半は3点目を決めることができず、2-0で折り返す。
・ちょっと中盤が間延びしているかな。。。。
・湘南は後半開始から寺川を投入。寺川、回れ~(笑)
・アルビはちょっと引き気味か。湘南の攻勢を受けてしまっている。
・いや、湘南の攻撃に合わせてしまっている。悪い癖だ。
・うーん、何しているんだかなって感じだ。
・こんな調子じゃあ、失点は時間の問題だぞって思った。
・ゴール前で大島のポストプレーからマルシオにボールが渡そうとした場面で大島がミス。マルシオは「なんでミスするの?」って感じだった。そんな顔しないでよ、マルシオ。。。。
・後半15分、右サイドを突破され簡単にクロスを上げられ、ドンピシャに合わせられ、見事に失点。
・後で知ったけど、湘南の得点者は17歳の高校生。余計なプレゼントしなくていいのに。。。
・最後は完封で勝って終わりたかったのに。。。。。。
・こりゃ、追いつかれるなと真剣に思った。
・後半16分、大島に代えて三門投入。まさかマルシオへのパスをミスしたからじゃないよな。。。
・アルビはなんとかしのいでいる感じ。嫌な感じだ。
・受身に回ってしまうと厳しいよな。
・だが、マルシオが試合を決めてくれた。後半30分、前線でヨンチョルが粘ってボールを奪い、右サイドの三門にパス。三門はファーサイドの亜土夢にロングボール。これを亜土夢が折り返し、前に詰めていたマルシオが落ち着いて決めて、アルビ3点目。
DVC00004.JPG
・黒崎監督に抱きつきに行くマルシオ。いい光景だ。
・さあ、これでマルシオ今季16点目。得点王が見えてきた。いや、同点で並んでいるかもしれない。結局、届かなかったけど。
・落ち着いて相手を崩せば充分にゴール決められるんだよな。
・この後はマルシオのハットを期待したが、ゴールは生まれず。残念。
・そして3-1でアルビ勝利。今季リーグ戦12勝目だ。
・寺川と千葉ちゃんがユニ交換をしていた。寺川、健在だったね。どこか拾ってくれると良いのだけれど。。
・湘南サポは試合後も必死に「ベルマーレ」コールしていた。アルビG裏からも「ベルマーレ」コール。すると湘南G裏からは「アルビレックス」コール。エール交換もいいかもしれない。
・セレモニーで雨が降っていることを知った。
・帰りのバスの中でFC東京のJ2降格を知り、かなり驚いた。ついに「首都陥落」か。
・渋滞につかまりノロノロと新潟駅を目指すバス。前には新潟交通の観光バス。弁天インターを通過したあたりから車線を右に代えた。代えても代わらないのにと思った。観光バスに並び、窓を見ると覚えのある顔が。野澤だ。後ろには寺川も座っている。手を振ると野澤が気がつき、手を振ってくれた。ナイス、運転手さん。


・試合内容はとにかく、勝ててみんな笑顔で今季を締めくくれてよかった。
・それに初めて(たぶん)浦和より上の順位だ。素直にうれしい。


・試合後はいつも一緒に試合を見させていただいてる方々と食事会。いや、飲み会。アルビのことや新潟のこと、サッカーのことを色々お話して、飲んで、食べてとても楽しかった。
・食事会をしたお店の店主さんもアルビ選手に詳しいアルビサポ。「永田?もういいでしょ」「マルシオはダメでしょ」と移籍を覚悟していた。
・食事会後は新潟駅に移動してサポ仲間と合流し、2時まで飲んでいた。
・日曜日はすっきりとしたお天気の新潟。ちょっと頭痛くて、気持ち悪かったが気分は悪くなかった。やはり勝って締めくくれたのは大きい。
・スポニチに目を通すとマルシオの来季去就は微妙との事。まあ・・・・覚悟してますから・・・・・
・永田は「チームに集中したかったけど移籍の問題を考えながらやってしまい。集中力が欠けてしまった」。ダメダメじゃん。でも、行っちゃうんだよね。。。。。。
・これからは「○○選手移籍のお知らせ」メールにびくびくしながら過ごす日々が始まる。覚悟はしているけどね。。。
・ああ~、天皇杯に勝ち残っているクラブがうらやましい。。。。。。。。。
・とりあえずは来季の遠征資金を増やすために26日の有馬記念に全力を尽くします(笑)

第33節 大宮戦 NACK5スタジアム大宮 [アルビレックス新潟]

DVC00003.JPG

アルビ1-1大宮
勝てないな。
いや負けてないのか。。。。
どっちだ?

大宮戦雑感
・連日の体調不良は回復せず、スタジアム到着後は待機列に荷物を置き、列から離れて水を飲みながらうずくまっていた。
・開門後、体調不良なのにビール飲みたいと思ったが、我慢した。サッカーを見に行って酒飲まなかったのは初めてだと思う。
・何かで読んだのだが「大宮が残留争いをしていると冬が来たなと思う」。すでに「大宮の残留争い」は冬の季語になっている(笑)
・試合前、トレンドマイクロの偉い人が挨拶。「アルビレックス」と言えずにブーイング&アルビレックスコール。あの偉い人はウイルスに感染していたのではないだろうか。「ウイルスバスター」信用できねー(笑)。
・アルビのスタメンは予想通りで右SBに三門が入っていた。
・素晴らしい運動量で右サイドを駆け回る三門。
・体調不良でへたり込んでいる私とはえらい違いだ。
・大島、亜土夢のFW陣もなかなか良い感じ。
・立ち上がりはいい感じのアルビである。
・点取ってないけど、何となくだけど、勝ったぞって思った。
・大宮は引き気味な感じ。
・鈴木監督のことだから堅守速攻で一発狙っているんだろうな。
・そして、前半18分、痛恨の失点。
・アルビゴール前で大宮選手のファウルとセルフジャッジし、プレーが止まってしまった。審判は笛吹いていないのに。。。。
・右サイドに展開され、ラファエルがシュート。ボールは千葉ちゃんの足に当たり、コースが変わってゴールに収まってしまった。
・セルフジャッジしてしまう悪い癖がまたも出てしまった。。。
・千葉ちゃんの足に当たっていなかったら外れていたかもしれない。運がない。
・でも、運を呼び込むのではなく、自ら厳しい展開にしてしまっているような気がする。
・前半28分、アルビの波状攻撃。いいシュートが2本くらい大宮ゴールを襲ったが北野に阻止される。ああ~、なんで入らないんだ~と思っていたら誰かが右サイドからシュートを打って、入った~!
・「入ったよな~」と周りに確認する私。うん、入ってる。追いついた。
・決めたのは三門だ!。スゲーぞ、三門!
・アルビの波状攻撃が見事に決まったのを見たのは久しぶりである。いや、初めてかもしれない。
・さらに攻め続けるアルビ。いい流れになってきた。
・前半38分、CKのチャンス。蹴るのはミシェウさん。誰かがうまくシュートを打ったが、北野がファインセーブ?。みな「えっ?入ってないの?」って感じだったが、マルシオ1人だけ指輪にキスをしてゴールを喜び、アルビG裏側に走ってきていた。決まったんだ!アルビ逆転!
・フィールドプレーヤー10人がマルシオの周りに集まり、一列に並んで「ゆりかごダンス」。アルビG裏も「ゆりかごダンス」。東口も混ざればよかったのに(笑)。
・CKはミシェウさんが蹴っていた。マルシオはFK、ミシェウさんはCKとしたのだろうか。それともマルシオが本調子でないから負担を減らすためにCKはミシェウさんになったのだろうか。
・前半ロスタイムは3分だったが、うまく時間を使う。後半終了時にもうまく使ってくれるとうれしいのだがね。
・後半開始から大宮は2人の選手を交代させてきた。アルビ時代の鈴木監督はそんなことしたこと無かったのに。。。。
・アルビも大島と亜土夢のポストプレーが好調。
・特に亜土夢は素晴らしい。
・だが、徐々に大宮が反撃してくる。そりゃ、負けているんだから当たり前だ。
・しっかりと大宮のカウンターを封じ込まなきゃいけない。
・ゴートク、三門の両翼が頑張っている。
・小林、勲のボランチもいいぞ。
・永田の不用意なプレーでピンチが。。。。
・大宮は早めに3人目の交代。こんなに早く3人の交代枠を使い切るなんてアルビ時代の鈴木監督じゃあ考えられないことだ。
・東口からミシェウさんへのロングフィードがピタッと決まる。すばらしい。
・とりあえずボールはアルビがキープしているが、大宮に押し込まれているような感じがしてきた。
・マルシオとかミシェウさんにボールが渡るんだけど、ちょっと孤立気味か。フォローがない。
・後半18分、またも失点。セットプレーから右サイドからのクロスに飛びこまれて見事に決められてしまった。。。。
・うあああああああ~~っ、やられた~って感じだった。
・直後、亜土夢に代わり木暮投入。やはりヨンチョルはまだ厳しいのか。
・マルシオがFWに上がった。
・追いつかれてからのアルビはちょっと攻撃の選手が孤立気味だったように思う。
・マルシオは何とか個人技で大宮選手を振り切っていたが、他の選手は囲まれてボールを奪取されカウンターを食らう場面が多くなった。
・ラファエルが決定的な場面を外してくれたのは助かった。
・アルビもゴール前までなんとかボールを運ぶが大宮の分厚い守備を破れない。
・CKも何本かあったがミシェウさんのキックは北野へのパスになってしまった。
・後半40分、大島に代えてヨンチョル投入。久々に見るヨンチョルのスパイクは赤かった。
・後半45分、小林に代えてジョン投入。ロスタイムは4分。
・しかし、ゴール決められずまたも引分で終了。
・試合後の選手挨拶で小林はバックスタンド側の子ども達とハイタッチ。招待してたんだろうか。スパイクを投げ入れる太っ腹ぶり。だが、片方のスパイクは奥にいた大人に届いてしまった。ちゃんと子ども達に届いていると良いのだが。。。。
・体調悪く、恒例の飲み会を強引に欠席し、帰った。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
・マルシオの得点王の可能性が出てきた。湘南戦ではマルシオの2得点以上を期待したい。一応、「初タイトル」だ。
・もっとも神戸戦とFC東京戦のPKを決めていて、京都戦のウオンゴールがマルシオのゴールと認定されていればマルシオが単独で得点王なんだな。。。。

・黒崎監督のコメントで三門が発熱していたことを知った。それでも慣れないポジションをしっかりとこなし、ゴールまで決めた。すばらしい。私とはえらい違いだ。
・この引き分けで賞金圏内も無くなってしまった。
・13引き分けはリーグトップ。喜んでいいのか。。。。
・引き分けのうち、「勝点2」を失ったゲームはいくつあるのだろうか。
・「勝てない」のか「負けない」のか、どっちだろうか。
・泣いても笑っても次節は今季最終戦。見納めの選手もいるであろう。
・勝って、笑って終わりたいものだ。
・くれぐれも湘南に「優しさ」を発揮しないようにお願いします。



山瀬功治、横浜FMを戦力外。
アルビにきてくれないかな。
今年の年棒5,000万(推定)は無理だけど。。。。

第32節 仙台戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00002.JPG

アルビ1-1仙台
勝てないね。
負けなくて良かったね。。。。


仙台戦雑感
・新潟にとても寒かった。
・この寒さでは観客数は期待できない。やはりこの次期の17:00キックオフはかなり厳しいぞ。15:00にしましょうよ。
・アルパカを横目に見てスタジアムに入場し、いつもの売店へ。
・お湯割り頼んで温まる。濃かった(笑)。
・仙台サポはかなり来ていた。だけどアルビサポは少ない。。。。
・大敗した広島戦からどれだけコンディションが戻っているか。内田は頭をグルグル巻いていた。
・ゲームは序盤からどちらかと言えば仙台ペース。
・アルビはあまり動けていないように見える。
・やはり疲れが溜まっているのか。
・それともペースを抑えて、あえて仙台ペースにしているのか。
・まあそんなに仙台に支配されている感じはしないのだが、シュートはポンポンと打たれている。
・特に中原に打たせすぎのような気がするけどあれでいいのか?
・それにしてもアルビはまったくシュート打てない。これでいいのか?
・シュート打てるようになったのは前半30分過ぎから。
・なーんか、グダグダな感じ。これは大丈夫なのか?
・残留を決めたい仙台の気迫に押されてしまっているのか。
・ちょっとチグハグな感じにも見える。
・タイトル獲得も無くなり、J1残留も確定してしまったからかね
・消化不良な感じがする。
・なんとなくだけどこんなんでいいのかっていう、なんとも変な感じで前半終了。
・それにしても寒い(笑)。お湯割が恋しい。
・後半はアルビペース。
・やはり前半はコンディションも考えて抑えていたのだろうか。
・でもチグハグ感はそのまま。
・消化不良感もそのまま。
・後半17分、内田に代えて中野投入。
・あれ、内田はそんなに悪くないと感じたのだが。。。
・攻めてはいるけどシュート打てない悪い展開。
・大島、亜土夢、三門は必死に走っているんだけど。。。。。。
・なんか点取れる気がしない。
・逆に1発にやられてしまうのではないかと嫌な心配ばかりしていた。
・お互いに攻め手無くって感じが続く。
・まあ、失点しないだけましなのか。
・後半28分、三門に代えてジョン投入。
・三門もお疲れか。。。
・後半32分、ついに失点。赤嶺に入ったボールを止めきれず、そのまま強引にシュート打たれ決められてしまった。
・嫌な心配が当ってしまった。こんな心配は外れて欲しい。
・失点の場面、なんとか赤嶺を止めることは出来なかったのか。
・「やられちゃった~~」って感じで、絶対に失点しなうと言う気迫が足りないんじゃないのか。
・それとも赤嶺の気迫に負けてしまったのか。
・このまま何も出来ずに負けてしまう、そんな感じがした。
・後半41分、永田に代えて木暮投入。えっ、3バック?しかも外すのが永田って。。。。。
・後半45分、マルシオの打ったシュートが仙台DFに当り、高く舞い上がる。ボールは亜土夢の前に落ち、これを亜土夢が流し込んでアルビ追いつく。
・亜土夢が決めたとき、丁度電光掲示板には「ロスタイム4分」表示が出ていた。
・ほとんど負けを覚悟してしまったから、亜土夢のゴールはホントにうれしかった。
・亜土夢のゴールはオフサイドくさかったらしいけど、気づかなかった。
・後半47分にもFKのチャンス。マルシオのサヨナラゴールを期待したがシュートはGKに弾かれた。
・結局、1-1で引き分けた。
・試合後、いつものお店で「反省会」。そんなに飲んでないつもりだったが、最終の新幹線ではかなりグダグダになり、最終の東海道線では眠りこけて横浜で降りられず、戸塚からタクシーで帰ってくるという失態を演じてしまった。。。。。

・まあ、とにかく負けなくて良かった。
・負けてないけどグダグダ感がどーしても気になった。
・各選手は必死なんだと思うけど、チグハグな感じが気になる。
・残り2戦、アルビらしい戦いで、勝利を見せてくれることを期待する。

第31節 広島戦 広島ビッグアーチ [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

広島戦雑感
・今回は初めて新幹線で広島に向う。約4時間は長かったが、まあ、快適であった。
・広島は暖かだった。でも日が落ちたら冷え込んだ。
・選手がアップに出てきたとき、ジョンは右手親指あたりを何かで巻いていた。内田、亜土夢は頭をぐるぐる巻いていた。マルシオは負傷で欠場。千葉ちゃんは体調不良で欠場。満身創痍だ。
・中2日でコンディションの難しい試合。
・予想通り、広島優勢でゲームは進む。だが、アルビ選手は思ったより走れている。
・テクニカルエリア最前線で指示を送っていた黒崎監督に広島選手の蹴ったボールが直撃。微動だにせず、痛がらない黒崎監督。▲!▲!▲!▲!▲!
・直後、ベンチへ下がっていく黒崎監督。やはり痛かったのか。
・広島の攻勢が続く。FKは槙野が外して助かっていた。
・アルビは必死に広島の攻勢に耐えていた。
・きつい状況だろうけど踏ん張っていた。
・必死に食らいついているように見えた。
・なんとか前半凌げればなんとかなると思った。
・前半はなんとか無失点で切り抜ける。
・後半も広島の優勢は変わらない。
・さすがに120分戦って、中2日の影響であろう、アルビ選手の足が止まってくる。
・押し込まれてラインが下がっていく。
・後半9分、小林に黄色紙。これで仙台戦は出場停止。。。。。
・それまで耐えていたが耐え切れなくなってきた。
・後半15分、クリアミスからシュートを打たれ、ついに失点。
・DFに当ってコースが変わる不運もあったがミスから失点だ。
・わけのわからんパフォーマンスもやられてしまった。
・この時間で1失点であればまだ十分に挽回できる。
・だが、失点により集中力が切れたのか、立て続けに失点。。。。
・後半19分にはFKから、後半22分にはカウンターから李忠成に決められてしまった。
・アルビはなんとか反撃しようと食いしばるがシュート打てない。
・後半34分にはミシェウさんに黄色紙提示。ミシェウさんも仙台戦は出場停止。
・後半41分、広島にPKを与えてしまい、これを決められて4失点目。
・最後までいいところなく0-4で大敗。
・試合後、勲がとても悔しそうな顔して他の選手より2歩前に出て深々と頭を下げていたのが印象的だった。

・仙台戦にどれだけコンディションが戻るのか。
・マルシオ、千葉ちゃんは大丈夫か。
・かなり不安である。。。。

第30節 神戸戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ1-1神戸
とりあえずJ1残留確定
また追いつかれて痛恨の引き分け
勝ちきれないね~~~。


神戸戦雑感
・大中さんのサッカー講座を聞いてからスタジアム入り。寒かったが思ったよりは寒くなかった。
・シーパス継続申込書を忘れずに総合案内所に提出してきた。
・焼酎のお湯割り飲んで温まった。
・スワンはブルーに染まっていた。
DVC00003.JPG
・ゲームは開始から神戸に押し込まれた。
・アルビは完全に受身に回ってしまった。
・神戸は勝点3のために必死だ(当たり前だ)。
・アルビは余裕こいているようにも見えるが。。。。。。いや、やはり受身に回っているだけだ。
・実に嫌な展開。
・ポポがやたらシュート打ち込んでる。ちょっと打たせすぎだろ。
・シュートは枠に飛んでないので助かっているがいつ失点してもおかしくない状態。
・あれほど受身に回るなと言ったはずなのに。。。。。
・それにしても観客少ねー。25,000人も入ってねーな。
・神戸はポポが元気だけど、ボッティも元気だ。嫌な感じ。。。。
・アルビは神戸に押されてどんどんどんどん下がっている。
・ボール取っても焦りからかすぐにボールカットされカウンターでピンチを招くの繰り返し。
・こうなってしまうと、とにかく我慢だな。
・前半25分、マルシオが個人技でボールを持ち込んで右足でシュート。ボールは神戸DFに当り、コースを変えてゴールの中へ。入ったんだな。入ったよな。入った~~~。
・入ったかどうか良くわからなかった。
・いつもと違ってあまりゴールを喜ばないマルシオ。
・劣勢の中、先制したのはでかい。
・先制ゴールでやっとアルビ本来の攻撃を見せ始めた。
・マルシオのFKや西のシュート等で攻め立てたが、追加点は奪えず。
・うーん、これまでの勝ちきれないゲームを見ているからなんとか早く追加点が欲しいのだけどね。。。。
・追加点取れずに前半終了。まあ、劣勢の中、先制できたからいいかと強引に思う。
・ハーフタイムにお湯割り買いに行ったら売り切れていた_| ̄|○。
・後半、やはり神戸はガンガンに攻めてきた。
・ポポに立て続けにシュートを打たれる展開。
・だからポポにシュート打たせすぎ。。。。。
・神戸、猛攻。アルビはとにかく凌ぐ。はね返す。
・いつ失点してもおかしくない状況だがとにかく我慢して凌ぐ。
・後半15分、小林に代えて木暮投入。
・三門をボランチに下げ、木暮が左SH。木暮は元気だ。
・マルシオ倒され、バックスタンド側のピッチ外へ。すぐに立ったけど、なんかトレーナーと話をしていてなんかプレーしなさそうな雰囲気だった。
・通訳の基治さん、ダッシュでベンチに戻る。その際、ピッチ内を2度ほどショートカット(笑)。
・後半19分、マルシオに代えジョン投入。えっ、マルシオ代えちゃうの?早くねーか?まあ、足痛めていたらしいから早め早めに交代させたんだろう。かなり削られてもいたしね。ジョンはそのまま右SH。
・木暮入ってちょっとアルビに流れがきた。
・観客は19,152人。。。。20,000人切ってしまった。。。。。
・後半33分、神戸にFKを与える。ポポの蹴ったボールを東口は弾くが詰めていた選手に押し込まれ、痛恨の失点。入っちゃったの?って感じだった。
・東口は「余裕を持って弾いた」とコメントしている。キャッチできていれば問題は無かっただろうけど。かなり悔しかったのであろう。
・耐えて耐えて耐えて跳ね返してきたのについに堪え切れなかった。。。
・後半40分あたりからやっとアルビ本来の攻撃が見られる。木暮は絶好のシュートチャンスを得たが左足で全く違う方向にふかしてしまった。三門はGKの逆をついたコロコロシュートを打ったが、惜しくも弾かれてしまった。
・後半41分、ゴートクに代えて内田投入。えっ、内田なの?亜土夢とかケンゴーじゃないの?
・ロスタイム表示は3分。果敢に攻めるものの点奪えず。最後はCKを内田が蹴って試合終了のホイッスル。
・またも残念無念の追いつかれての引き分けとなった。。。。
・G裏に挨拶に来た時、東口はマルシオに慰められていた。そうとう凹んだんだね。
・マルシオは左足を引きずっていた。左足の状態が心配だ。


・神戸の気迫に押されてしまった。
・いつ失点してもおかしくない状況だった。そう考えると引分は納得できる。
・でも、このところの失点癖はなんとかならんのか。
・ポポに10本もシュート打たれてる。いくらなんでも打たれすぎ。
・1点しか取れないのも問題ではあるが。。。
・まあ、開幕当初の点取れないよりはましであるが。
・1-0で逃げ切るサッカーか、それとも1失点しても勝てるサッカーがよいのか。
・一応、このところ5戦連続負け無し。喜んでいいのか?
・相変わらず「弱きを助け強きをくじく」性格ですな。
・11月ナイター開催は×。観客少な過ぎ。
・19:30キックオフも×。試合後の楽しみ時間が減る。
・復路のシャトルバスは新潟駅南の円形降車場で下してくれた。今回限りの処置らしい。今回限りなんて言わないで毎回、円形降車場で下してください(おねがい)。

第29節 磐田戦 ヤマハスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ1-1磐田
痛恨のロスタイム失点で勝点2を失う。。。
とりあえず、負けてない、負けてない。。。。。
でも、もったいない、もったいない。。。。


磐田戦雑感
・サポリンツアーバスの乗車場所の南町田駅に行く前に大宮戦のチケットを買うため、事前に調べておいた「つきみ野」駅前にあるローソンへ。9:30過ぎに駅に到着し、ローソンを探す。たしか改札口を出てすぐにあるはず。無い。そんな馬鹿な。。。焦る。駅に戻り駅名を確認してみた。「つくし野」だった。間違えた_| ̄|○。急いで電車に乗り、「つきみ野」へ。ローソン発見。大宮戦チケット無事確保。田園都市線の駅名は紛らわしい。。。
・新宿駅を出たサポリンツアーバスは東名の渋滞に捕まり、南町田に1時間半遅れで到着。でもキックオフには間に合った。よかったよかった。
・アルビスタメンには予想通り木暮と三門が入っていた。
・キックオフ前、コイントスでサイドが代わる。あれ?どうしたんだ?。
・磐田はやはりお疲れ気味か、アルビペースで試合が進む。
・前半11分、CKのチャンス。蹴るのは木暮。永田がヘディングで合わせるがボールはバーの上。フリーだったよな。
・前半19分、ボールを繋いで最後は勲がシュート。川口の逆を付いた形となってゴール右隅にボールは転がって行く。「入った~」と思ったボールを磐田の50番が横から出てきてクリア。惜しい。。。
・それにしても背番号50番って、アジアカップの登録メンバーみたいな感じだ。
・主審の人、良いガタイしている(笑)
・川口はファウルからのキック位置をボールを大きく投げ出してごまかそうとする。主審は見逃さず、もっと後ろと指示。川口はちょっと下がっただけで蹴ろうとするが主審はもっと後ろだと指示。川口、セコイ。
・それからアルビG裏の川口いじりがスタート(笑)。
・アルビ守備陣は怖い前田をしっかりと押さえ込んでいる。
・木暮も三門もがんばっている。ゴートク、西のSBも必死に走っている。
・大島のポストプレーはちょっとイマイチか。
・プレスも効いているし、良い展開だ。あとは得点だけ。
・前半34分、ミシェウさんがペナルティエリア内で倒されてPK獲得。ちょっとラッキーだった気がする。ボールをセットし蹴るのはミシェウさん。「ミシェウさんはアップ中にループを練習してたんだよね」とサポ仲間が教えてくれた。私たちは普通に蹴ってくれと願っていた。見事に普通に蹴ってゴールが決まり、アルビ先制!
・ミシェウさんは何か奇妙なパフォーマンスをしていた。娘さんへの誕生日パフォーマンスか。
・前半はミシェウさんのゴールだけ。チャンスは多くあったのだから1点だけってのはちょっと不満だ。もっと点取れたはず。
・後半は一転して磐田ペース。
・攻め込まれる時間が多くなる。うん、こーなるとスタンドとピッチの距離が近いヤマハでは東口の背中を直接後押しできるような感じになる。
・もしかして磐田が後半に攻勢をかけてくることを計算して勲がサイドを代えたのだろうか?
・アルビは守りをしっかりと固めて、カウンター狙いか。
・でも、リードは1点なんだよな。1点じゃ不安だよな。。。
・後半9分、小林に代えてジョン投入。ジョンがボールを持つと私も含め「ジョン!ジョン!」とか「ジョン走れ!」とか声が飛ぶ。ジョン、ジョンって・・・・ジョンは犬か(笑)。
・ジョンは久々の出場であったが、良い動きをしていた。そうえいばアルビでのボランチ出場は初めてだな。
・両手で「落ち着いて、落ち着いて」って指示していた。
・後半17分、カウンターから三門シュート。川口に止められ、決まらず。
・後半24分、木暮に代わりマサル投入。
・マサルはボールを持つとジョンにパスし、ジョンがそのままシュート。良いシュートだったが枠外。
・「ジャイアントキリング」でルイジ吉田(王子)が椿に「犬、走れ」と言ってパスを出す場面を思い出してしまった。
・なんとか追加点取って突き放したいがアルビは守備一辺倒。
・磐田の攻勢は続く。疲れているはずなのにガンガンと攻めてくる。かなりやばい雰囲気。
・後半30分過ぎからは完全に磐田にボールを支配されかなり苦しい展開が続く。
・アルビはとにかく耐える。ひたすら耐える。磐田の猛攻に耐え、凌ぐ。
・後半45分頃、ジョンにボールが渡る。ジョンはドリブルで磐田陣内へ。両サイドに走りこんでいる選手がいたがジョンはシュートを選択。シュートしたボールに力なく、川口がしっかりとキャッチし、カウンターを食らう。
・そこは時間使うべきでしょ、ジョン。。。。
・ロスタイム表示は4分。えっ、4分は長いでしょ。3分でしょ。
・磐田猛攻。アルビはひたすらボールを跳ね返す。何とか凌いでくれ。。。。
・CKから危ないヘディングシュート打たれる。枠を外れて大事に至らず。
・なんとかボールをクリアするが、大きくクリアできず、磐田選手にボールが渡ってしまう苦しい展開。
・私のストップウォッチはそろそろ49分。早く時間よすぎてくれ。。。。
・ジョンのクリアボールは短く、磐田の選手に渡ってしまう。右サイドからクロスを上げられ、これをヘディングで折り返され、フリーで走りこんできた前田に押し込まれる。東口は何とか手に当てたがボールはゴールの中へ。。。。
・痛恨の失点。最後の最後に追いつかれてしまった。。。。。。
・なんで前田をフリーにしてしまったんだ(涙)。
・もしかしてオフサイドじゃないかと思い、副審見たが、旗は揚げてない。。。。
・そりゃ、オフサイドじゃないよな。
・この直後、無念の試合終了の笛が鳴り、アルビ無念の引分け。



・もったいなく、残念無念のゲームだった。
・ロスタイムの失点癖はどうすれば治るんだ。
・やっとマルシオ不在でも勝てると思ったのに。。。
・黒崎監督と西は「失点までは狙い通りだった」とコメントしている。後半は守って攻めさせていたということか。
・だけど磐田は疲れず、攻めて勢いを増していた。
・守りきるのであれば大きくクリアしたり、しっかりと時間を使わないとね、ジョン。
・まあ、2点目を取るチャンスはあったわけだから、2点以上取れなかったのが一番の敗因だろう。
・守るのもいいけど点取ろうよ。もっと攻めようよ。
・木暮は身体張ってがんばっていた。三門も相変わらずの運動量だった。
・ジョンも時間稼ぎしなかったのは猛反省しなきゃいけないけど、良い動きをしていた。
・神戸戦の勝利に期待しよう。

第28節 鹿島戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00003.JPG

アルビ2-1鹿島 
8位浮上。
賞金が見えてきたぞ。


鹿島戦雑感
・9:00頃東京駅に到着すると鹿島サポ発見。「お、今日、鹿島はどこと対戦するんだ?」と思ってしまったおバカな私(笑)
・新潟到着後、須坂屋でお食事。鹿島サポ多数来店。みな同じツアーを利用しているんですね。
・食事後、ちょっとコーヒー飲んでから代理人の田邊伸明さんのトークショーに参加。面白かったです。知合いのスタッフに次回はぜひ溝畑氏を招いて欲しいとリクエストした(笑)
・サポは覚悟が必要だと言われた。同感。
・スタジアムに入ってからいつのも売店に寄り、「今日はお湯割りある?」と聞いたら「まだなんですよ。始めたら声かけるから」と言われた。ビール買った。1週間ぶりのビールはうまかった。
・アルビのスタメンは予想通り。黒崎監督曰く「正攻法」。なんの根拠も無いけど負ける気はしなかった。
・鹿島は2トップと言うよりはトップが流動的に変わる1トップ気味(なんのこっちゃ?)。戦法を変えてきた。
・お互いに攻守に切り替え早く、一進一退の攻防。
・千葉ちゃんの絶妙なスルーパスに萌え。
・東口のドンピシャロングフィードに萌え。
・大島のポストプレーに萌え。
・ヨンチョルも調子良いみたいだ。
・鹿島のカウンターは相変わらず早い。
・ジウトンがおとなしいのがつまらない(笑)。
・西がジウトンを抜くのに苦労していた感じがする。
・お互いにシュートチャンス少ない。お互いにきっちり守っている。
・でもお互いに攻め手を欠いている。
・まあ、かなり緊迫した良い試合。
・マルシオのマークがきつい。当たり前だよな。
・後半41分、マルシオ黄色紙もらう。ああ~4枚目だ。。。。。。
・前半終了間際、カウンターから本山→コオロキとつながり、シュートを打たれたが枠外。ちょっとヒヤヒヤした。
・後半開始から鹿島は本山に代えて野澤投入。私的には野澤が怖かった。
・後半3分、千葉ちゃんからペナルティエリア付近で構えていた大島にスルーパス。見事に通って大島が楔となり走りこんできたマルシオへパス。これを右足で見事にゴール右上にズドンと決め、アルビ先制!
DVC00006.JPG
・マルシオがアルビJ1通産301ゴールを決めた(FC東京戦で決めていれば・・・・)。
・スゲーシュートだった。
・実はゴールしたのはミシェウさんだと勘違いしていたのは内所だ(笑)。
・あんなスゲーシュートを決めることが出来るのに何でPKは止められてしまうのだろう。。。。
・先制したことで絶対に勝ったと根拠もなく思った。
・後半8分、ジウトンが左足で強烈なミドルシュート。東口、ナイスセーブ。ジウトン、いらん事するんじゃない。
・うーん、なんか鹿島が攻勢かけてきた。負けられないから当たり前だよな。
・後半14分、右サイドで新井場→野澤→新井場と回され左足で綺麗に決められてしまった。追いつかれた。
・新井場のプレーに思わず旨いなと見とれてしまった。ゴートクが必死に食らい付いていたけど簡単にかわされてしまった。
・この後はまた一進一退の攻防。いや、ややアルビが押され気味か。
・両チームともかなりエキサイト。オリベイラがなにやら怒っている。審判も大変だ。
・後半23分、マルシオが倒されFKのチャンス。もちろんマルシオが狙ったがわずかにゴールを外れた。惜しい。
・千葉ちゃんのパスが冴えている。ヨンチョルへのロングフィードは萌えた(笑)。
・後半33分、ミシェウさんに代えて三門投入。これ黄色紙対策でしょって思った。
・もしミシェウさんも黄色紙貰ってしまうと、磐田戦でミシェウさんとマルシオ不在となりかなりきついから。
・後半42分、小林に代えて大輔投入。千葉ちゃんがボランチに上がった。千葉ちゃんのボランチは、ちょっと不安って思った。
・この交代の直後、右サイドで千葉ちゃんが振り切られてパスを出され野澤がシュート。東口が必死にセーブし、弾いたボールに詰められシュート打たれるがまたしても東口がナイスセーブ。スゲーぞ、東口。
・ロスタイム表示は4分。
・後半45分、マルシオからのパスを大島が楔となり右サイドへ。これを西→ヨンチョルとつなぎゴール中央付近にいた勲へ渡る。勲はノートラップで右足を振りぬいてボールは見事にゴールに突き刺さった。勝利を決定付けるゴールだ!
DVC00005.JPG
・劇的なロスタイム弾。
・ジウトン_| ̄|○
DVC00002.JPG
・残り時間は落ち着いて対処してアルビ2-1と見事な勝利。
・試合後は「鶏ちゃんこ鍋」を予約していたため、タクシーに乗った。しかし、スポーツ公園を出るまでにかなり時間がかかり、その時点で料金メーターが上がってしまった_| ̄|○。でも勝ったからまあ、許す(笑)。
・祝勝会では美味しく食べて、ビールと日本酒飲んで、帰りに新幹線でもハイボール飲んでました。


・良いゲームだった。
・スワンでの強さを取り戻したと思った。
・CKから得点できないのが気になる。
・千葉ちゃんのパスが冴えていた。
・ジウトンが普通でつまらなかった。
・名古屋サポには喜んでいただけただろうか?
・スカパーの録画見たけど、ジャイアントキリングじゃないよ。。。。。。
・次節磐田戦はマルシオ不在。ヨンチョル・大輔不在。大丈夫だよね。。。

第27節 FC東京戦 味の素スタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ1-1FC東京
痛恨のドロー。
まあ、ある意味妥当な結果とは思うのだけれど。。。。
負けなくてよかったのか、勝てなくて残念だったのか。。。。
でも、やはり、もったいない、もったいない。。。。


FC東京戦雑感
・朝、寒さで起きた。あるはずのふとんが体にかかって無かった。まあ、寝相の悪さはいつものことだが。おかげで体調悪い。
・スタジアムに到着して待機列のサポ仲間と合流。日向で温かだったが、体調は戻らず。とりあえず缶コーヒー飲む。サポ仲間が集まりだし、ゆっくりとハイボールを飲みだすとかなり復活してきた(笑)。やはり酒だな。
・アルビのスタメンは予想通り。ヨンチョルが戻り、たぶんベストの布陣。うん、負けるわけがない。
・そー思っていたのがそもそもの間違いだった(涙)
・FC東京は意外にも引き気味の布陣。アルビは攻め込んでいくのだけれど肝心なところでボールを奪われ、カウンターを食らう展開。
・シュートも何本か打たれ、危ない場面も作られてしまう。
・大黒は相変わらず嫌な場所にいる。
・右サイドの石川が邪魔。
・ヒマラヤがドリブルしているのにはちょっと驚いた(笑)
・東口は落ち着いていて対処。
・アルビの調子自体は悪くないのだろうけど、ちょっと攻めにくそうな感じ。
・ヨンチョルの調子はイマイチか。
・ミシェウさんが徹底マークにあっていて動きにくそう。
・サイドをうまく崩して攻め込んでいくアルビ。パスワークは素晴らしいのだがシュートまで持ち込めない。
・シュートで終われない展開がつらい。
・このまま折り返すのかなと思った前半42分、左サイドからのパスをペナルティエリア中央付近で受けようとしたマルシオが倒されFK獲得。これをマルシオが低弾道高速FKを鮮やかに決めアルビ先制!
・J1通産300ゴールはマルシオが決めた。
・すげーFKだった。生でマルシオの鮮やかなスーパーなFKを見れるのは幸せだ。
・マルシオは絶妙の位置でファウルを貰うよね(笑)
・私の目の前で必死に応援している小さな女の子と思わず歓喜のハイタッチ。
・これで勝ったなと更に思った。そう思ってしまったのはやっぱり間違いだった。。。
・後半、攻め込んでくるFC東京。FC東京ベンチを見るとテクニカルエリアで大熊監督がオーバーアクションで指示を伝えていた。「大声攻撃」でアルビを威嚇しているのか。
・何とかこらえていたアルビ。後半14分、大島に代えて小林投入。
・大島はちょっと疲れているように見えたからしょうがないであろう。
・しかし、直後のFC東京のスローインからペナルティエリア内でハイボールを競り合った永田?がファウルを取られPK献上。何がいけなかったのかちょっと不可解な判定に思えた。
・このPKを梶山に決められて追いつかれた。東口はシュートコースを充分に読んでいたのだけれどわずかに届かなかった。。。
・この得点で勢いづいたFC東京は更に畳みかけてくる。
・だが、FC東京のシュートは枠を外れるものが多い。
・辛抱強く守り逆襲を狙うアルビ。
・だけどシュート打てない展開が続く。
・後半40分過ぎからはアルビらしい攻撃がまた見れるようになってきた。ロスタイム表示は3分。
・ロスタイム3分近く、右サイドを深くえぐった西がリカルジーニョに倒されPK獲得。審判が最後の最後にバランス取ってくれた~(笑)
・座って静まり返るアルビG裏。ボールを置き、蹴る準備をしているのはマルシオ。このとき「えっ、マルシオなの?ヨンチョルの方がいいんじゃない?」って思ったのは私だけではあるまい。神戸戦のPK失敗が脳裏に浮かんだのも私だけではあるまい。でも、マルシオが「サヨナラゴール」を決めてくれるとい固く固く固く信じていた。しかし、マルシオのPKは権田に完璧に弾かれ、直後に試合終了。勝利は消えてしまった。。。。。。
・ああ~、なんてこったい。。。
・もしかしてマルシオがPKを失敗したのは大熊監督の「大声攻撃」のせいではないだろうか(笑)。きっとそうに違いない。おそるべし大熊監督の大声攻撃。
・このときにリカルジーニョが2枚目の黄色紙もらって退場させられていたのを試合後に知った。
・試合後は新宿のフィオーリで「ちくしょう会」。放送されていた神戸-名古屋を肴に飲む。見に来ていた両サポの皆様、ごめんなさい。
・サポ仲間とマルシオの価値は2億5千万らしいが、あのFKで3億円に上がったけどPK失敗で2億円に下がった、でも、アルビにはそんなお金は無いと嘆いた。
・マルシオはあんなすばらしいFKを決めることができるのにPKを決められないのはなぜだろうと嘆いた。
・そのうちに他会場で飲んでいたサポ仲間も合流してきたが、私は日曜出勤のため一足早く泣く泣く?帰宅。
・おかげさまで二日酔いも無く、出勤。でも勝てなかったことで一日中どんよりとしておりました。。。


・もったいないゲームだった。
・勝点3獲得して「東京陥落」のはずが、勝点1を与えてしまい「東京歓楽」にしてしまった。
・PK合戦で負けてしまった。。。
・最後のPKは無かったものして考えればとも思うし、マルシオでだめなんだっらしょうがないと思う。
・でも、やっぱりあのPK場面で通算301ゴールが見たかった。
・FC東京のシュートの精度の低さに助けられた。東口のセーブにも助けられた。1点しか取られなかったのがちょっと不思議だった。だからなおさら最後のPKは決めてほしかった。
・エジとかアレみたいなPK職人が必要だな。
・マルシオ、ミシェウさん、ヨンチョルと揃ったが、ちょっとイマイチだったように思う。ミシェウさんは密着マークされて動きにくそうだったし、ヨンチョルはいつもの切れが無かったように見えた。
・マルシオもなんか無駄な黄色紙貰って累積3枚目。気をつけろよ。。。
・守りを固めた相手からの得点と決定力不足解消はアルビの永遠の課題である。
・さーて、今週も自宅酒は控えよう。どこまでもつでしょうかね。あっ、飲み会とかは余裕があれば参加しますよ(笑)。もちろん飲み会では飲みますよ(殴)。
・鹿島戦はイベントに参加してからスタジアム入りする予定。日帰り新幹線ツアーを申し込んできます。でも、加島屋ツアーは設定除外日。今回は須坂屋ツアーです。

第26節 名古屋戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00014.JPG

アルビ4-1名古屋
アルビ完勝。
やっとリーグ戦10勝目だ。

名古屋戦雑感
・スワンに到着すると丁度、山古志の闘牛も到着。
・日清さまのうどん試食とJA全農にいがたさまの餅つきは大行列。早々に諦めてJA全農にいがたさまの梨をいただいた。おいしゅうございました。
・ビールとハイボールを飲んでスタジアム入場し、おにぎりを貰い、食す。大変においしゅうごいざいました。
・キックオフ直前、雨が降ってくる。ありゃ、もたなかったか。。。。
・試合前JA全農にいがたさまはコシヒカリとおけさ柿を名古屋にもプレゼント。なんて太っ腹な。でも前は審判団にもあげていたような気がするが。
・審判団は外国人だった。
・ゲームはやや名古屋ペースで始まる。首位を走っていて勢いがある感じ。しょうがないか。
・だがアルビは慌てずにしっかりと対処。
・ケネディは怖いけど、金崎がちょこまかといやらしく動いていてとてーも邪魔。
・前半15分、マルシオが右サイドでロングパスを受け、切り替えして、すぐさまゴール中央へシュート気味のクロス。楢崎が弾いてゴールならず。すばらしいプレーだし、惜しかった。。。マルシオはキレキレである。
・復帰したミシェウさんもキレキレ。魔法を掛け捲っている(笑)。
・しかし、なかなかシュートを打てないアルビ。名古屋からは余裕を感じる。
・前半29分、ミシェウさんが名古屋ボールを奪い、左サイドをドリブルで独走。ペナルティエリア付近で中村に倒されFK獲得。中村には黄色紙。ミシェウさんの魔法炸裂。
・このFKをマルシオが鮮やかに決め、アルビ先制!これもミシェウさんの魔法だろうか(笑)。
DVC00012.JPG
・FKを決めたマルシオはボールボーイにボールを要求し、受け取るとユニの中へ入れ、赤ちゃんのしぐさ。そしてゆりかごダンスし、しっかりと産み落とすパフォーマンスを披露。だれのお子さんだろうと思ったらマルシオ夫人御懐妊との事。めでたいめでたい。
DVC00006.JPG
・しかし、直後に名古屋の反撃を受け、FK→CK→スローインでゴール前混戦をケネディに決められあっけなく追いつかれてしまう。
・集中して守らなきゃいけないのに。。。。何やっているんだか。。。。
・名古屋にはいつでも得点できるぞって感じの自信があるように思えた。
・だが、追加点を上げたのはアルビ。前半42分、西とのパス交換からミシェウさんが右サイド深くに侵入。名古屋DF2人に囲まれたが何とかゴール前にクロス。これを三門がスーパーボレーシュート。これが見事に右隅に決まりアルビ2点目!
DVC00003.JPG
・三門のスーパーファインゴールだった。スワン初ゴールおめでとう。
・ミシェウさんのクロスは苦し紛れに上げたものだと思ったが、ちゃんと狙いすましたクロスだった。すばらしいぞ、ミシェウさん。
・アルビの勢いは止まらない。前半44分、名古屋のシュートを東口が弾いたボールを勲が拾ってカウンター。ミシェウさん→勲とボールは渡り、最後は「加速装置」を点火して(笑)ゴール前に走りこんできた大島がスライディングで押し込んでアルビ3点目。
DVC00002.JPG
・大島に「加速装置」は装着されていたんだな(笑)。
・後半、2点差になってかなり楽になったのか後半も落ち着いて試合を進めている感じのアルビ。
・ボールは名古屋に持たれているものの虎視眈眈と4点目を狙っている感じだ。
・後半7分、マルシオがペナルティエリア直前で中村に後ろから倒された。中村には2枚目の黄色紙が提示され退場。アルビは数的優位となった。
・このFKからのチャンスは得点に結びつかなかったが、数的優位となったアルビは余裕を持って試合を展開。
・無理せず、ゆっくりとボールを回し、時間を使いようになった。
・サイドチェンジを有効に使い、名古屋の疲れを増大させた。
・危ないのはセットプレーだけだった。
・後半29分、アルビの華麗なパス回しから最後はマルシオがちょっとループ気味の芸術的なシュートが決まりアルビ4点目。マルシオはこのゲーム2回目のゆりかごダンスを披露。
DVC00001.JPG
・3点差をつけたアルビは中野、大輔、大野を投入し、きっちりと逃げ切り、4-1と完勝。


・選手達は「楽しかった」とコメントしているが、私も見ていて「楽しい」ゲームだった。
・芝の回復もかなり良い影響を与えたんだと思う。
・ゴールラッシュはホントにすばらしかった。
・でも得点直後の失点は猛反省である。
・ミシェウさん、マルシオのキレキレ振りは凄かった。
・ゴートクも気迫溢れるプレーを見せてくれたし、勲もよかった。
・大島の「加速装置」を次戦も期待したい(笑)
・闘莉王が出場したチームに勝ったのは初めてのような気がする。
・闘莉王から4得点できたのは痛快だ。でも彼は「負けられる時に負けて、いいんじゃないですか」と憎らしいことを言っている。やっぱり嫌な奴だ。
・ピクシー監督は「私もこのスタジアムは好きではない。新潟を破れないということが。彼らはチャンピオンのようにプレーした」とアルビを褒めてくれた(笑)。
・MOMはマルシオ。商品のコシヒカリとおけさ柿はどうするんだろうか(笑)。コシヒカリは持って帰ったらしい。
・さあ、これで勢いがついた。FC東京を叩きのめそう。
前の10件 | - アルビレックス新潟 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。