So-net無料ブログ作成
アルビレックス新潟 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

天皇杯3回戦町田戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00009.JPG
アルビ2-1町田
勝てて良かった。
でも、もっと点取れたはず。
ちょっと寒かった。


町田戦雑感
・古町の加島屋で食事してからスワンへ。スワンは風が強くて寒かった。。。。
・芝は見事に張り替えられていた。芝を張り替えた場所はちょっと色が薄かったがとにかく素晴らしい。
・アルビスタメンはマルシオが復帰し、三門が左SHで千葉ちゃんボランチ。
・主審は柏原ジョージ。まだ笛吹いていたのか(笑)。
・観客はかなーり少ない。5千人入っているかどうか。そんな中、町田サポは結構来ている。
・キックオフ早々、ボールを奪われ、シュートを打ちこまれる。シュートは枠を外れて助かった。しっかりとしろよ。でも、あの7番のハ○は危険な選手だ。
・このシュートで勢いづいたか町田が積極果敢に攻めてくる。おいおい、やばいぞ。。。。
・アルビはちょっと町田の勢いに押され気味か。。。
・しかし、三門が左サイドを抜け出し、ドリブルで独走。決定的な場面をつくるがシュートはGKがかろうじて足で弾く。くああああああ~、惜しいぃぃぃぃぃぃぃ~。き~め~ろ~よ~~~。
・徐々にペースを取り戻してきたアルビ。
・超危ない場面もあったが内田が落ち着いてナイスクリア
・CKからのつなぎで決定的なチャンス。永田が頭で合わせるもボールはバーの上。永田、色っぽくない。
・チャンスは作るのに得点できず、嫌な感じ
・左サイド内田のクロスに亜土夢が頭できれいに合わせてアルビ先制。ああ~、亜土夢のゴールが見れただけでも参戦した甲斐があった。
・しかも亜土夢のヘディングシュートを見れたなんて幸せだ(笑)
・亜土夢のゴールで勢いづいたアルビは怒涛の攻撃を展開。立て続けにシュートを打つがゴールならず惜しい場面が続く。
・特に左のクロスに三門、亜土夢、大島と3人が突っ込んでいったがいずれもボールに届かず。ああ~じれったい。。。。
・このまま1点で前半終わりかと思ったら右サイドからのクロスに町田選手はお見合いして、亜土夢が難なく押し込んでアルビ2点目。
・取れるときはあっけなく取れるんだよね。。。。
・これでかなり楽になった。でもあと1点ほしい。
・後半早々、絶好の位置でFKのチャンス。マルシオのFKは惜しくも枠を外れた。
・直後、右サイドを突破され、ゴール手前まで攻め込まれ、強烈なシュートを打たれて失点。。。。
・何やっているんだかね。。。
・これで一気に町田が勢いづいてしまった。
・アルビは千葉ちゃんに代えて小林投入。これでちょっと試合が落ち着いた。千葉ちゃんはイマイチだった
・徐々に町田がきわどいプレーを連発。マルシオ削られっぱなし。かなりイライラしている。
・不思議なことに柏原ジョージはカードを出さない。もしかしてカード忘れてきたのか(笑)
・まあ、町田が攻勢をかけているもののアルビ選手達は落ち着いて対処
・東口→亜土夢ラインにちょっと萌え
・町田の7番、攻守に邪魔。良い動きしている。いつの間にか嫌な場所にいる。良い選手だ。
・後半30分過ぎあたりから柏原ジョージはカード連発。温存していたのか
・アルビはチャンスつくっても決められない。勲は絶好のシュートチャンスをなぜか中央に折り返し、町田選手にボールを返してしまった。。。。シュート打て!
・お互いに決め切れず、アルビ1点リードのままロスタイム4分に突入。
・亜土夢に代えて大野投入。大野が左サイド、マルシオがトップ、大島が右サイドにいた
・ビックチャンスが2回ほどあったが、やはり決め切れず。特に三門、いい加減に決めろよ。
・このままなんとか逃げ切って、3回戦突破。
・ゲーム後は新潟駅構内の「日本海庄や」で祝勝会。ビールの後にハイボールを「濃い目で」と頼んだらものすごく「濃い」ハイボールが出てきた。おいしゅうございまあした。


・相変わらずの失点癖は何とかならんのか。
・決定力不足も何とかならんのか。5点は取れていたぞ。
・マルシオがイライライライライライライライライライラしていた。
・何本もあったCKから得点できなかったのも気になる。マルシオは良いボールを蹴っていたと思うのだがね。。。。
・まあ、なにはともあれ勝ったからよしとしよう。
・町田は良いチームだ。特にあの7番は攻撃だけでなく守備でも大活躍していた。
・4回戦は11/17(水)で相手は名古屋で場所は瑞穂らしい。。。行けるか????

第25節 C大阪戦 キンチョウスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00003.JPG

アルビ1-2C大阪
遠い、遠い勝利。
2連敗。
失点癖が止まらない。。。。。

C大阪戦雑感
・大阪は10月とは思えないほど暑かった。
・新世界で通天閣と串カツを堪能し、道頓堀をぶらついてからキンチョースタジアムへ向かった。途中、鶴橋駅で電車のドアが開いた時、ホルモン臭が漂い、ものすごーくホルモン食べたかった。
・キンチョースタジアムのビジター芝生席は噂通り、非常に見難い席だった。
・アルビのスタメンは予想通りで4-3-3。千葉ちゃんがアンカーだ。
・コイントスでサイドが代わった。代えたのはアルビかC大阪か?
・ゲームはC大阪ペース。
・亜土夢はちょっと空回り気味か。
・どうもアルビは中盤がガラ空きのように見えるが。。。。
・プレスを掛けているのだが、C大阪にかわされている感じ。
・時折、勲がサイドからトップ下に入り、パスを前線に供給。うんうん、これは面白いぞ。
・大島のポストプレーは相変わらずさえている。しかし、ボールを散らす位置が低い。。
・できれば大島に「加速装置」をつけてほしい。。。
・東口はフィードの感覚が戻ってきたみたいだ。
・特に東口→ヨンチョルラインが完全復活。あのフィードは「萌える」。
・しかしC大阪のボランチ2人が非常に邪魔で、思うように攻撃できない。
・むしろC大阪のパスがよく回り、アルビはピンチの連続。
・東口のファインセーブで凌いでいた。なんとか前半は無失点でしのいでほしかった。
・前半26分、堪え切れず失点。C大阪選手のミドルを東口が横っ跳びで弾いてセーブしたが、こぼれ球を前に詰めていた播戸に押しこめられた。
・アルビ選手はだれもこぼれ球に反応していなかった、いや、反応できなかったのか。。。。
・どうもアルビ選手は最初の1歩が遅い。
・球際にも弱い感じ。。。。。
・なんとか追いつこうと勲、ヨンチョルがシュートを打つが枠外。焦っている感じがする。
・前半は追いつけず、折り返す。
・後半もC大阪ペース。アルビは反撃の糸口がなかなか見つからない。
・後半12分、亜土夢に代わり明堂投入。さて、プレースキッカーは誰になるんだ?
・亜土夢はまたも期待にこたえることができなかった。
・C大阪は決定気を何度も作っていたが、東口が再三のファインセーブ連発。東口の必死のがんばりにフィールド選手は応えなきゃいけない。
・明堂投入でアルビに流れが傾いてきた。
・だんだんとC大阪を押し込み始め、サイドからもいい攻撃でできるようになってきた。
・あとはシュートを決めるだけだ。
・後半26分、待望のゴール。左サイドを深くえぐってゴール中央へ折り返す。これをきっちりと決めてアルビがついに追いついた。
・一連のプレーは遠くて誰が誰だがさっぱりわからなかったが、ボールが繋がってゴールに入ったのは何とか見えた。
・誰がゴール決めたのはわからなかった。電光表示板には明堂だと表示された。
・明堂初ゴールおめでとう。
・この後も逆転ゴールを目指して攻め続けるアルビ。いい感じだ。
・完全に流れはアルビだった。
・だが、後半38分、痛恨の失点。カウンターを食らってシュートを打たれたが、東口が必死に右腕を伸ばしセーブ。ボールは左ポストに当たったが、これを押し込められて失点してしまった。
・ポストに当たった時、クリアできたと思うのだが。。。。。
・後半40分、ヨンチョルに黄色紙提示。
・アルビは最後まであきらめず、反撃。前線にボールを集め必死の猛攻。なんとか決めてくれ、押し込んでくれと声を出したがゴール決まらず。
・ロスタイム4分。最後にFKのチャンス。蹴るのは内田。ボールは壁を越えて「入った~」と思ったがGKがしっかりとキャッチして試合終了。。。
・残念無念。。。。。。。
・来年はもっと見やすいビジター席にしてください。
・帰りの新幹線内で反省会。新幹線内に流れたJリーグ速報はやっぱりアルビが負けていた。。。
・自宅最寄り駅でアルビの得点者は明堂ではなく大島ということを知った。明堂残念、次に決めろ。


・今回の4-3-3は結果的に失敗だった。
・守備が不安定でC大阪のカウンターに四苦八苦していた。
・C大阪の2得点はシュートの跳ね返りを逃さず、しっかりと前につめて決めたもの。アルビにも同じような場面はあったが、アルビ選手はだれもつけていなかった。
・アルビはカウンターが出来なくなった、もしくは、しなくなったと感じているのは私だけだろうか?
・町田に勝てるんだろうかと不安になった。
・浦和戦は前半がよかった。C大阪戦は後半がよかった。90分続けないと。。。
・ヨンチョルは黄色紙4枚累積で名古屋戦は出場停止。。。
・人手不足状態は続く。。。。
・マルシオは練習に復帰したらしいが、ゲーム復帰はいつになるんだろうか。。。
・天皇杯町田戦は不参戦の予定(たぶん)。

第24節 浦和戦 埼玉スタジアム2002 [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ0-2浦和
アウェイ浦和戦9連敗。
浦和に9戦ぶりのホーム勝利を献上。。。

浦和戦雑感
・埼スタに到着したのは11:00頃。横浜から埼スタまで1時間半強かかる。遠い。。。次回からは国立でお願いします。
・到着したときはポツポツと雨も残り、風も強く、寒かったがだんだんと青空が広がり、良いお天気となった。日向は心地よかった。
・アルビスタメン、ベンチには予想通りブラジル人の名前無し。
・厳しいな。。。点取れるのかね。。。
・試合前のアップ中にエジがアルビG裏に挨拶しに来た。今まで来たこと無かったのになんで急に来たんだ?
・浦和も観客動員に苦しんでいる。メインとバックはガラガラだ。
・浦和G裏は気が付くと密集していた。だが、チャントが終わると元の位置に戻っていた。あれは何?
・ゲームはかなりの苦戦を予想した。しかし、優位にゲームを進めていたのはアルビ。
・出足早く、スピーディーにボールをつないで浦和に攻め込んでいく。
・マサル、亜土夢、ヨンチョルが軽快に動いている。
・大島のポストプレーもさえている。
・柏木はボランチだとそんなに怖くない。
・目まぐるしく攻守が入れ替わる感じ。
・ホントよくアルビは浦和に食らいついている、いやパス回し早くて浦和を翻弄している感すらある。
・これでゴールが決まれば完璧なのであるがシュートは決まらない。
・マサルはシュートは大チャンスだったが、大外れ。。。
・セットプレーのチャンスもあったのだが、亜土夢は思うようなボールを蹴れず。。。。。
・前半42分、ヨンチョルが左サイドから持ち込んでシュート。惜しくも浦和GKに阻止されてしまった。亜土夢が逆サイドに突っ込んできていたが間に合わなかった。惜しい。。。
・まあこのままアルビ優勢で前半を終了できれば後半はかなり期待できるぞと思っていた。
・ロスタイム表示は2分。へっ?、なんで2分もあるの?そんなに試合止まったっけ?
・ちょっと悪い予感がする。
・前半ロスタイム、浦和の逆襲。ゴール前でボールを受けたエジがチョロっと後ろから走りこんできた柏木にパスして、左足でシュート。これがきれいにゴール左隅に決まってしまい、失点。。。。・いつものエジだったら強引にゴリゴリ行ってボール取られているのにパスするだなんて。。。
・柏木のシュートは素晴らしかった。柏木はやっぱり怖かった。。。
・この失点で全てが狂ってしまった。シュートを打たせてしまったのが大きなミスだった。もっと詰めてシュートを打たせないようにすることはできなかったのだろうか。
・後半開始から小林に代えて三門投入。しかし、得点して勢いが出た浦和が優勢にゲームを進める。
・アルビは浦和のパスワークに翻弄される。前半飛ばし過ぎたせいなのか。。。
・思うようにプレスを掛けられず、後手後手になってしまう展開が続く。
・前半とは全く違うチームになってしまった。もしかして浦和の戦略にまんまと嵌ってしまったのか。。。
・後半17分、疲れに見えた大島に代えて明堂投入。ヨンチョルがFWに上がった。
・だが、流れは変わらず、浦和優勢が続く。
・大島が居なくなったことによりポスト役が不在で逆に厳しくなったような気がする。。。
・後半32分、亜土夢に代えてケンゴー投入。
・ケンゴーに同点弾を期待したが・・・・・・アルビに流れは傾かない。
・後半35分、右サイドを崩されエクスデロに決められ2失点目。正直、2点差はかなりきつい。
・絶対に取られちゃいけない点を取られてしまった。堪え切れなかった。。。。
・正直、追いつけないと諦めた。せめて1点返してくれと願った。
・試合終了間際、左サイドをゴートクが浦和選手数人を振り切って突進していった。何が何でも点取ってやるという気概を感じた。
・ゴートクの危機迫るプレーはゴールには結びつかなかったが後半の唯一の見所だった。
・結局、後半は後手後手になり、何もできず、させてもらえず、点取れず、敗戦。
・試合終了後の選手挨拶は負けたのが凄く悔しくて悔しくて選手達の顔を見ることができず、椅子に座りこんでしまった。拍手もできなかった。ただただ凹んだ。。。。。


・結果的に完敗だった。
・もう埼スタでは勝てないのではないかと思った。
・前半の出来がよかっただけに前半終了間際の失点が悔やまれる。あの失点で全てが狂ってしまった。
・前半はマルシオ・ミシェウさん不在でも充分に闘える展開だったが、後半は全く別のチームになってしまった。
・シュート数は珍しくアルビの方が多い。しかしアルビは無得点だ。
・試合終了時のピッチ上にはケンゴー、ヨンチョル、明堂、マサルと若く経験の少ない攻撃陣が踏ん張っていた。ヨンチョルを除けば練習試合でのメンバーだ。練習試合では自分たちのペースでゲームを進められる時が多く、得点も取っている。だが、トップではまだ何もさせてもらえない。経験豊富な浦和選手達にいいように弄ばれていた。ハッキリ言って力不足だろう。本人たちが一番よくわかっていることだと思うし、悔しいと思う。でも、この苦い経験はきっと「次」の糧となるはず。そう信じている。
・でも早く結果を出してほしい。
・亜土夢はメッシのような存在になれるといまだに思っているのだが。。。。
・ああ~、点取り屋のスタライカーがほしい。
・次節からはゴートクとマサルは代表に招集されてしまいアルビを離脱。この状態で好調な2人の離脱は痛いぞ。
・マルシオとミシェウさんの復帰はいつになるんだ?C大阪戦も期待しない方がいいのか?
・貴章が抜けてから4試合0勝1分3敗。7失点で毎試合失点している。得点はわずかに2得点。
・ブラジル人も思うように使えなくてかなり厳しい。
・開幕から勝てなくてもがきながら、チームの戦い方を模索していたときと感じが似ている。耐えるしかない。
・「誰それ不在で勝てない」から脱却するにはまだまだ我慢が必要だ。
・だが、前半終了間際に失点するまでは素晴らしい戦いをしていた。あれを90分持続できれば。。。。
・C大阪戦もかなり厳しいだろう。だけどきっと選手達は奮起してくれるはず。勝利を期待しよう。
・大阪ではどこで何食べようか(笑)。

第23節 京都戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00012.JPG

アルビ1-1京都
痛恨の引き分け。。。。
とりあえず連敗は止まった。
しかし、10勝目が遠い。。。。

京都戦雑感
・びゅう商品の日帰り新幹線ツアーで参戦。新潟駅前の志乃田の昼食券付き。京都サポで同じ日帰りコースの方々が居てちょっとびっくり。さらにシャトルバス乗り場では新潟競馬場にバスで行き、馬券を買って新潟駅に戻り、スワンに向かった京都サポもいたと聞かされ更にびっくり。
・新潟は涼しかった。
・心配していたスワンの芝は先週に比べるといくらかは回復しているように見えた。
(先週)
DVC00003.JPG
(今週)
DVC00013.JPG
・スタメンに東口復帰。全治3カ月だから最悪は今季絶望かと思っていた。こんなに早く復帰するなんてすばらしい。
・マルシオはG大阪戦に続きベンチ外。重症なのか、大事を取っただけなのか、浦和戦に向けて温存したのか。。。
・大島にはそろそろ決めてもらわないと。。。
・ゲームは前節勝っている京都が勢いで果敢に攻勢をかけてくる。
・だけど決定的な場面は全く作らせず。
・うん、今日の守備は安定している(たぶん)と思った。
・京都のFWは2番。なんでDFがFWの位置にいるんだ?って何度も何度も見直してしまった(笑)。
・アルビは懸命にプレーしているんだけど、なんとなーくちぐはぐな感じ。
・大島はちょっと?って感じ。
・千葉ちゃん、永田、勲のカバーリングが素晴らしく、京都にチャンスらしいチャンスを与えていない。
・東口も落ち着いている。安心してみていられる。
・やはり今日の守備は安定している(たぶん)。
・こりゃ、怖いのはセットプレーだけだなと思っていたら、CKからあえなく簡単に失点。
・失点場面はアルビ選手の足が完全に止まっていた。相手選手のファウルか何かセルフジャッジしてしまったように見えた。
・前節もCKから失点し、充分に修正を掛けていたはず何に同じCKであえなく失点。
・いったい何をしていたんだろう。実にもったいない失点だった。やはり守備は不安定だ。
・攻撃陣はいいところまで行くんだけどやっぱりチグハグ。ポスト役の大島にボールが収まらない。
・ミシェウさんは必死に走っているけどちょっと空回り気味か?
・このままズルズルと点取れずに終わってしまうんじゃないかと思った。嫌なパターンだ。
・ハーフタイムはレモンチューハイを呑んで気持ちを落ち着かせていた(笑)
・後半早々、ヨンチョルがペナルティーエリア付近で倒れる。絶好の位置でFK獲得と思ったらヨンチョルのシュミレーションで黄色紙提示。そんな馬鹿な。。。。
・なーんか審判の判定も含めてツキが無い。
・後半12分、13分とミシェウさん、ヨンチョルがシュート打つがGKファインセーブ連発。ツキが無い。。。
・直後、大島に代えてケンゴー投入。ケンゴーの初ゴールに期待。これでアルビにツキがくるはず。
・後半19分、ミシェウさんがドリブルして果敢にゴールに攻め入る。相手GKは止めようと飛び出してしまうが、ミシェウさんはかわしてGK不在のゴールへシュート。しかし、相手DFに阻止され、ビックチャンスを逃し、頭を抱えるミシェウさん。だが、線審が何やらアピール。ミシェウさんのシュートは手に当てて阻止したとのことでPK獲得し、赤紙一発退場。やっとツキが巡ってきた(笑)。
・これをきっちりとミシェウさんが決めてアルビ追いつく。
・必ず何かが起きる京都戦である(笑)。
・数的優位のアルビは怒涛に攻め立てる。
・ヨンチョルがペナルティエリア内で倒されるが流される。。。うううう、あれもファウルでPKだろ。
・攻め続けるが、守りを固めた京都の壁を破れない。
・京都は勝点1死守に必死だ。
・アルビは強引な中央突破が目立ち、サイドをうまく使えてない。
・シュートも打ってはいるが、ほとんどがGK正面。決まった~と思ったシュートはファインセーブされる。私は悔しくて何度も何度も74の壁を蹴っていた。
・ケンゴーも得点を期待されての起用なのにちょっと期待外れ。もっと思い切ってプレーすればいいのに。。
・ロスタイムは5分。「サヨナラゴール」を期待した。
・逆に京都にボールを持たれ、結局引分け。
・試合後の「反省会」でしたたかに酔ってしまった。新潟発20:19で帰る予定が最終になってしまった。
・そして新幹線車内でも飲みながら「反省会」を続けた。
・「かんずりさきいか」が良い味出してた(笑)
DVC00009.JPG
・結論は「ケンゴーしっかりしろ」だったと思う。
・それとなんか約束してしまった、いや、約束させられてしまった(笑)

・残念なゲームだった。
・もったいないゲームだった。
・とにかく負けなくてよかった。
・凡戦になってしまった最大の理由はピッチコンディションだろうか?
・観客は30,000人を割ってしまった。雨予報の影響もあったのだろうが、京都戦のゲーム内容じゃあ観客は減る一方だ。
・選手たちはACLに行きたいと言っているがこんなんじゃあ(以下自粛)。。。。。。
・スポーツ紙ではゴートクがサック監督に猛アピールみたいなことが書いてあるが、猛アピールよりアルビの勝利である。
・今週もどよよよよよ~~~んと過ごしてしまいそうだ。。。。。、
・いまのところ25日の予報は曇り。お願いだから雨は降らないでください。。。

第22節 G大阪戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00001.JPG

アルビ1-2G大阪
痛恨の連敗。
負けるゲームじゃなかっただけにとっても悔しい。。。

G大阪戦雑感

・新潟に行く前に自宅で某巨大掲示板を読み、マルシオが傷んで試合出場が微妙らしいことを知った。
・スワンに到着し、「くくる」の大行列を見ながら軽くビールを飲む。私は「くくる」は毎日食べれるから(笑)
・モバアルからスタメンのメール。マルシオはベンチ外。やはり傷んでいるんだ。。。。
・代わりにマサルがスタメン。これはちょっと驚き。マルシオでなければ亜土夢に期待したのだがね。。。
・スタジアムに入場し、枯れた芝を見て唖然とした。見事に白く枯れている。砂でも撒いているのかと思った。サポ仲間に聞いたら天皇杯の時よりも悪化しているとのことだった。。。。
DVC00003.JPG
・12日の日刊スポーツには「エグザイルの影響」と書いてあった。エグザイル関係者は自覚しているのか?
・なんかどんよりとした気持ちのままゲーム開始。
・いきなりシュートを打たれちょっとひやっとしたが、とりあえずはアルビペース。G大阪はカウンター狙いか。
・G大阪がカウンター狙いなんて。。。まあいろんな意味でコンディションが整っていないからしかたないのか。
・アルビの攻撃時間の方が長く、良い流れ。各人がシュートを打つが枠外多い。
・マサルはルーキーとは思えない動き。運動量多くなかなか良いぞ。
・プレースキックは誰が蹴るのかと思ったらマサルだった。
・好プレーの時に大型ビジョンにスロー再生されるんだけれども、芝が白くなっていて雪の上でプレーしているのかと見間違えるほどだった。
・ヨンチョルは痛めている右腕に相手選手が当たるとかなり痛そうにしていた。
・西が積極的にシュートを打っている。
・アルビが押し気味にゲームを進め、チャンスも多かったがゴールできず、前半は0-0。
・良いゲーム内容だから早くゴールがほしい。
・後半の入り方が重要だぞと思っていたら、いきなりシュート打たれてヒヤヒヤした。
・このままズルズルと一発でやられるのが怖い。
・そー思っていたら勲のクロスがうまくファーに流れて、G大阪DF陣が崩れ、ヨンチョルがシュート決めてアルビ先制。良い時間帯だ。ヨンチョル、今季11得点目!
・これでとりあえず勝ったな、と思った。←これが大きな間違い、いや、勘違いであった。
・5分後にカウンターからCKを与え、あっさりと失点。。。。。
・向こう側のゴールなんで遠くてよくわからなかった。。。
・うーん、セットプレーからの失点、得点直後の失点には充分に注意しているはずなのに。。。。
・失点にめげず、勝ち越し点を目指し、攻めるアルビ。
・だが、いいところまで攻めるが決め手に欠ける展開が続く。
・プレースキックはミシェウさんも蹴っていた。
・サイドにフリーな選手がいるのに中央突破を図り、ボールを失う場面も目立つ。
・カウンターから大島にフリーでボールが渡る場面が2回あったが、大島は2回ともチャンスを潰してしまった。
・大島のゴール前での迫力が無くなってしまったのが気になる。
・亜土夢、三門、ケンゴーと攻撃的な選手を投入するが決定力に欠ける。
・特にケンゴーのシュートは惜しかった。。。。
・何度も決められるチャンスはあったが決定力不足で決まらない。
・逆にG大阪は終了間際にカウンターから勝ち越し点。ああ~、なんてこったい、逆転されてしまった。。。
・ゴール決めた選手は興奮してユニ脱いでやがる。ムキー。黄色紙じゃなくて赤紙出せと思ってしまった(涙)。
・ロスタイムは4分。最後まであきらめずゴールを狙うが、絶好の位置での亜土夢のFKは壁に当たり、ヨンチョルのシュートはわずかに枠を外れてしまう
・結局、追いつけず1-2の負け。

・痛恨の連敗である
・負けるゲームじゃなかった。最低でも引分けで終わらなきゃいけないゲームだった。
・終了間際の失点癖はなんとかならんのか?
・横浜FMから3失点、2失点と多くなっているのが気になる。堅守はどうした?
・良い内容のゲームだっただけに負けたことがとてもとてもとても悔しい
・チャンスは多くつくっているのだからなんとか決めて欲しい
・ヨンチョルは得点ランキング1位。すばらしい。
・マサルはとてもよかった
・内容は良かったから悲観する必要は無いけど、ちゃんと勝点3を取らないと。。。
・貴章がいなくても、マルシオがいなくても勝てることを証明しないといけない。。。
・京都戦に期待しよう。

第21節 横浜FM戦 日産スタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00016.JPG
アルビ0-3横浜FM
完敗。惨敗。
何も出来なかった、させてもらえなかった。。。。


横浜FM戦雑感
・スタジアムに行く前に浦和戦チケット購入しようと思いローソンへ。何度ロッピーを操作しても買えない。よく見ると30日販売開始とある。29日販売はぴあか。まあ、売り切れないだろうと思い、日刊スポーツ買ってスタジアムへ。
・スタジアム到着は12:00頃。クソ暑いのでスタジアム地下の「日産ウオーターパーク」へ。クーラー涼しい。
・ケータイのニュースサイトで山本小鉄さんが亡くなった事を知る。ちょっとショックだった。
・アルビスタメンは予想通り。
・開始早々、FKのチャンスから大島がヘディングシュート。枠は外れたがいい感じだ。
・マルシオ、ミシェウさんを中心にして華麗なパス回しで横浜FM陣内に攻め込む。大島も楔になっている。
・横浜FMを圧倒。こりゃ、スゲーぞって思った。
・前半10分、スローインからミシェウさんがドリブルで相手DF陣を翻弄し、そのままシュート。ボールはゴールバーを叩く。惜しい。。。。
・徐々に横浜FMにペースを奪われる。再三にわたり危ない場面が多くなる。
・ちょっと、いや、かなりやばい感じである。
・なんかアルビDFがバタバタしている。
・黒河とコミュニケーションがうまく取れていないような気がする。
・前半41分、大島が楔となりマルシオがGKと1対1の場面を作りシュートを打つがGKに弾かれる。
・なぜかアルビって1対1を外す場面多いよな。。。。
・前半はお互いに決定機を外し0-0で折り返す。
・とにかく守備陣がちょっと不安だ。。。
・後半立ち上がりから攻め込むアルビ。
・だが、パスカットされ、カウンターをくらう。俊輔のスルーパスから山瀬に抜けられあっさり決められて失点。
・うーん、やっぱり失点してしまったか。。。。
・後半10分、大島の左足シュート。惜しくも枠外れる。
・後半19分、マルシオのシュートもかなり惜しかった。
・こんなんばっかり。。。。
・後半25分、俊輔に右足で綺麗に決められ2失点目。かなり厳しくなった。
・後半30分、ヨンチョルが俊輔に無理なチャージ。倒れて負傷し、黄色紙もらい、担架で運ばれて退場。
・ヨンチョルは右ひじを痛めたらしい。
・ヨンチョルは何も出来なくてイライラしていたのかな。
・後半39分、CKから不味い守備対応で3失点目。
・このままアルビは得点できず0-3で敗退。
・試合後は去年も寄った中華屋さんで「ちくしょう会」。去年は料理を頼みすぎて惨敗したが、今年は強力2トップを従えて慎重に注文(笑)。おかげさまで沢山の料理を堪能し、完勝(大笑)。おいしゅうございました。


・「ちゃぶられて」しまった_| ̄|○。。。
・俊輔を再生させてしまった。
・前半15分頃までのアルビはすごーく良かった。
・だが、その後はグダグダだった。
・ベテランが多く試合巧者の横浜FMにしてやられてしまった感じ。
・アルビは何もさせてもらえなかった、いや、出来なかった。
・明堂、ジョン、木暮が入ったがゲームを落ち着かせることは出来なかった。
・ジョンは交代でボランチに入ったが、どこにいたのか、わからなかった。
・8月の戦いの疲れがどっと出てしまったのだろうか?
・それとも暑さにやられてしまったのか。
・貴章の穴は言いたくないがやはり埋めるのはかなり大変なことだ。
・貴章の穴を埋めようと空回りしてしまった。
・ヨンチョルの右ひじが心配だが、新幹線で一緒に帰ったとの事だから軽症だと思いたい。
・天皇杯を挟むがリーグ戦まで2週間ある。なんとか立て直してもらいたいものである。

第20節 川崎戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00014.JPG

アルビ2-1川崎
完勝

川崎戦雑感
・まずは実家に行くため東京発9:12に乗車。ナイター開催なのに川崎サポも多数乗車。新潟でたくさんお金を使ってください。
・実家で一休み。犬がまとわりついて離れない(笑)。そしてスタジアムへ。あちー。
・冷たいビールを数杯飲みながらキックオフを待つ。すると突然スプリンクラー稼動。ビジターエリアではピッチだけでなくスタンド方面にも水を飛ばしていた。水はスタンドまで届かないように見えたが、実際はかかっていた。2年連続で水かけ。。。。いくらくそ暑い中とはいえちょっとしゃれにならないような気がする。川崎サポさん、ごめんなさい。
・コイントスで勝った川崎がサイドを変更。これもキックオフ直前の放水が影響しているのか。川崎は2年前の悪夢を忘れたのか。後半は川崎のシュートをアルビサポの声ですべて跳ね返してやる、そー思った。
・ゲームは開始から川崎はちょっとお疲れ気味。やはり中2日はつらいのか。
・アルビは元気よく動いている(笑)
・いきなりFKのチャンス。マルシオのシュートは枠を捉えるがGKに阻まれる。おしいな。
・前半18分、細かくパスをつないで貴章がシュート。いい流れだ。
・アルビはリズムよく攻守を切り替え、川崎を圧倒。後は得点を待つのみ。
・ミシェウさんもヨンチョルもよく走っている。
・ヨンチョルは森に競り勝っていた(笑)。
・前半30分過ぎからは川崎ペースになりかけた。しかし、アルビは余裕を持って対処。無得点ではあったがほぼアルビペースで前半を終了。得点が欲しかった。
・後半立ち上がりは川崎が攻勢。だが、黒河が落ち着いて対処。黒河は積極的な守備ができるようになってきた。
・だが、川崎に流れかけたペースをミシェウさんとヨンチョルが引き戻す。
・後半10分、右サイドを攻めていたヨンチョルがミシェウさんにパス。ミシェウさんは右サイドから中央に走りこんでいたヨンチョルに縦パス。見事に通り、ヨンチョルはボールを横に移動しながらキープし、シュート。見事に決まってアルビ先制。
・ヨンチョル、スゲー!さすが韓国代表!
・これで川崎が攻勢に出てくる。ちょっと怖い場面もあったが、アルビ守備陣は落ち着いて対処。黒河の積極性が目立つ。
・後半20分、ミシェウさんの縦パスにヨンチョルが反応。落ち着いて決めてアルビ2-0とリードを広げる。
・ミシェウ△!、ヨンチョル△!
・ヨンチョルは2試合連続の2得点。これで今シーズン10得点目でとりあえず得点王!
・さすが韓国代表だ。
・このままあとは時間をうまく使ってアルビ勝利・・・・のはずだった。
・小林→三門、西→内田、ミシェウさん→ジョンと逃げ切り交代も万全のはずだった。
・ロスタイムは3分。うんうん、大丈夫だ。
・そー思っていた矢先、三門の不用意なパスが川崎選手に渡り、ジュニーニョがシュート。これが勲の足に当たり、コースが変わってゴールマウスに入ってしまう。。。。。
・ああ、去年の悪夢が頭をよぎる。ハラハラドキドキのロスタイムだ。
・だがジウトンはいない(笑)。きっと大丈夫だ。
・ハラハラドキドキのロスタイムは無事に過ぎ、アルビ2-1と勝利。
・よかったよかった(笑)
・試合後はいつものお店で祝勝会。2次会にも行ってしまい、実家に帰ったのは3:00でした。。。。。。。。。



・川崎はかなりお疲れモードだった。日刊スポーツによると憲剛は熱中症だったらしい。
・そんなくそ暑い中で足が止まらなかったアルビは凄い。
・ただ、お決まりの失点癖は何とかならんのか。
・まあでもほんとに今のアルビは強いよ。
・横浜FM戦も楽しみだ。

第19節 清水戦 東北電力ビッグスワンスタジアム [アルビレックス新潟]

DVC00008.JPG
アルビ4-1清水
完勝。快勝。
清水に2連勝。

清水戦雑感
・新潟に向う前に散髪。さっぱりした。
・清水は大幅にスタメンを変えてきた。ヨンセンはベンチにも入っていない。
・もしかしてアルビを軽くみられたのか。それとも中2日でお疲れなのか。
・アルビはミシェウさんが復帰し、ベストメンバー。
・ゲームは開始からアルビペース。清水は動きが鈍い。
・清水は最初から引いていた。引き分け狙いか。
・ヨンセン不在で怖さが無い。
・攻め立てるアルビ。いい感じで走れている。ミシェウさん絶好調(笑)。
・前半8分、右サイドからFKのチャンス。マルシオは直接狙うがGKに弾かれた。
・前半13分、左サイドからヨンチョルが右足でループ気味のミドルシュート。惜しくもポストに弾かれる。
・最近、ポストとかバーとか多くねーか?
・前半17分、ほぼ正面の位置でまたもFKのチャンス。マルシオのシュートはGK正面。でも鋭く落ちるシュートだった。
・その後も一方的に攻めているアルビだが得点できない。ちょっと嫌なパターン。
・早く先制点が欲しい。
・前半31分、ヨンチョルがペナルティエリア直前で倒され、FKのチャンス。マルシオ得意の位置だ。慎重に振りぬかれた右足から蹴り出されたボールはゴール左隅へ突き刺さった。アルビ待望の先取点。美しい軌道を描いたゴールだった。
DVC00004.JPG
・今のマルシオは壁さえ越えれば入る。
・千葉ちゃんはマルシオの顔に水をかけて喜んでいた(笑)
・さらに攻め立てるアルビ。貴章、小林と立て続けにシュート。いい流れだ。
・前半41分、左サイドでヨンチョルが相手のクリアミスを逃さず奪い、そのまま左足でシュート。これが見事に決まり、アルビ2点目。
DVC00003.JPG
・ヨンチョルのあのパフォーマンスは何(笑)?
・前半は2-0とアルビが圧倒して折り返す。
・それにしても清水は動けてない。かなりお疲れなのか。
・後半3分、ミシェウさんの絶妙の縦パスに貴章が走りこみシュート。見事に決まってアルビ3点目。
DVC00002.JPG
・ミシェウさんの魔法炸裂(笑)。
・この3点目はかなり大きい。
・後半8分、勲に代えて三門投入。3点差で次節に向けて勲温存か。
・この後は一進一退の攻防。
・清水に攻められる場面もあるがアルビは余裕を持ってゲームを進めている。
・後半26分、マルシオに代えてジョン投入。
・この交代も次節に向けての温存なのだろうがマルシオはかなりご立腹。
後半38分、ミシェウさんに代えて明堂投入。
・明堂、走る走る。
・このままなんとか無失点で試合を終わらせたい。
・しかし、後半39分、途中出場の原に右サイドをドリブル突破されそのままシュートも決められて失点。
・まあ、清水選手中で原が一番元気良かったけどね。。。。
・それにしてもリードしているとはいえ試合終盤の失点はいただけない。
・残り時間は少ないし、2点差あるがまだ失点するんじゃないかとかなり不安になってしまった。。。
・後半45分、明堂が左サイドを突破し、併走していたジョンにパスを出すがジョンは倒されボールはスルーされてヨンチョルへ。GKと1対1になったがGKに倒されPK獲得。ジョンが蹴ると主張しているようだったが、ヨンチョルはボールを離さず。きっちりとPK決めてアルビ4点目。
DVC00001.JPG
・G裏からは「ケッチラセ!」コール。気持ちいい~~。
・ロスタイム5分。きっちりと時間使ってアルビ4-1と快勝。


・ジョンのプレーを見ることが出来てよかった。積極的にシュートも打っていた。いいんじゃないでしょうかね。
・アルビは4得点したがマルシオがFKを決めたのが大きかった。あれで完全にゲームを掌握できた。
・4得点のうち2得点を山形戦に振り分けて欲しい(笑)
・ただ、終盤の失点は大きな反省点。
・明堂の献身的な走りはすばらしい。
・ゴートクが試合を重ねるごとに逞しくなっている。
・次節の川崎も名古屋に3-0と快勝している。だが、アルビは中3日だし、ホームだし、勲・マルシオを温存することが出来た。
・夏に強い、スワンで強いアルビを川崎に見せつけてやろう。

第18節 山形戦 NDソフトスタジアム山形 [アルビレックス新潟]

DVC00005.JPG

アルビ0-1山形
負けました。
リーグ戦4か月ぶりの負け。
ちょっと凹みます。
・・・・・負けました。


山形戦雑感
・行きの新幹線内で明訓初戦突破を知る。幸先いいぞ。
・山形駅到着後、路線バスで蔵王へ。大露天風呂に浸かる。気持ちよかったが身体を洗えないのは計算外だった。お昼は名物の「ジンギスカン定食」。去年も食べたけどおいしゅうございました。
・山形駅前のホテルにチェックインし、1時間ほど寝てからスタジアムへ。ビジター入場口からオレンジの長蛇の列が。。。。みんなお盆で来れないんじゃなかったのか?
・巨大スピーカー前あたりに場所を確保。相変わらずあのスピーカーはうるさい。なんとかならんのか。
・ピッチを見るとつぎはぎだらけ。相当コンディションが悪そうだ。
・ビールを飲みながら試合開始を待つ。いつもの時間にGKは出てきたのだが、他の選手は出てこない。山形の選手も出てきてアップしているのにアルビ選手は出てこない。いつもより10分程度遅れて選手登場。体力温存作戦か。
・スタメンには予想通り。ヨンチョルを起用。コンディションは大丈夫なのだろうか?
・ゲームは最初からアルビが支配。大島の1トップでマルシオが自由に動き回っているように見える。貴章は右サイドに張り付いてる。
・いつもだったら大島にボールがおさまるのだが、おさまらない。
・ヨンチョルもイマイチ動きが鈍いように見える。
・惜しいシュートもあったが、ほとんどは枠外。これはアルビがボールを支配しているが、アルビペースでは無くて山形ペースの試合だ。
・湘南戦の悪夢がちょっと頭をよぎった。
・前半35分、FKをゴール前に蹴られ、これに素早く走りこんだ北村に一瞬早くボールに触られ、アルビ痛恨の失点。
・千葉ちゃんと黒河で一瞬お見合いしたように見えた。どっちが先に対処するか迷ったのだろう。迷った分だけ北村に入り込むすきを与えてしまった。
・FKはアルビの強力な武器のはずなのに山形に決められちゃだめだろ。
・前半のうちに追いつきたかったが追いつけず。
・大島の不調が痛い。
・後半開始からヨンチョルに代えて明堂投入。うーん、やっぱりヨンチョルはイマイチだったんだな。
・明堂は裏を狙った素早い動きを披露。ボールにも触ったぞ。
・山形は早くも引き気味。アルビはなかなか崩せない
・後半10分、サイド攻撃から西が素晴らしいクロスを上げ、大島が頭で合わせるがボールはゴール上。おしい。
・6分後、右サイドを貴章がドリブルで突破し、クロスを上げる。これをジャンプ一番、大島が頭で合わせるが、ボールはクロスバー直撃。。。。決めてくれ大島。。。
・後半25分、大島に代えて内田投入。これで貴章と明堂の2トップ。西がSHかと思ったが、そのまま。うーん、内田SBの方がよいと思うのだが。。。
・CKやらFKやら多くなる。だが、マルシオ決め切れず。ちょっとCK・FKに頼り過ぎてないか。
・山形は守備をさらに固め、カウンター1発狙い。ときどきカウンターから危ない場面が続く。
・後半40分、三門に代えてケンゴー投入。おー、4-3-3だな。でも、ちょっと遅すぎな感じがした。もっと早く投入しても良いのに。。。
・明堂、ケンゴー、貴章の3トップは新鮮な組み合わせだ。
・ゲーム終了間際に猛攻。ゴール前でごちゃつく場面多かったが、押し込めず。
・最後まで山形の堅守を破ることができず無念の敗戦。
・なぜか決定力不足を露呈してしまった。。。。


・今年も8月に失速してしまうのか。
・このままズルズルと悪い方向に向かってしまうのが怖い。
・まあ、今年は8月にすでに1勝しているから一昨年・去年よりはましかもしれないが。。。
・今年のアルビは効率よく走っている感じがする。最初から全力で走って無いと思う。だから90分間トータルでは動けているようには見える。
・キープ率はアルビ68%と圧倒し、シュート数も14本と山形を上回っている。だが、ゴール数で負けた。
・まあ、負ける時ってこんなもんだよね。
・山形のやりたいゲームをやられてしまった感じ。
・この敗戦はちょっと痛いし、もったいない。
・ミシェウさん不在が痛かったのだろうか。
・なぜにヨンチョルをスタメン起用したんだろうか。明堂もしくは亜土夢でよかったのではないか。
・大島がボールキープできなかったのが痛かった。いつもはちゃんと大島がボールをためてくれるからいい攻撃ができているのだがそれができなかった。大島は調子悪かった。
・貴章が右サイドに張り付きっぱなしなのはもったいなかった。
・明堂、ケンゴー、貴章の3トップは斬新だった。でも点取らないと意味が無い。
・「京都の呪い」。某巨大掲示板に書いてあった。京都に勝ったチームは次節は勝てない。3分8敗らしい。
・さーて、中3日で清水戦の厳しい日程。でもスワンで戦えるし、清水は中2日だし、出場停止者もいる。アルビの方が有利のはず。
・上位進出に向けて踏ん張りどころである。

第17節 京都戦 西京極スタジアム  [アルビレックス新潟]

DVC00004.JPG

アルビ2-0京都
「鬼門」の西京極で初勝利。
「勝てない」8月を勝利でスタート。
これで7勝7分3敗の勝点28、5位で折り返す。

京都戦雑感
・今回は鞍馬山に立ち寄る。意外と込んでいてビックリ。あまり暑くなく風も心地よく、気持ちよかった。
・スタジアム到着は15:00頃。まずはビール!
・ピッチレベルの「エキサイティングシート」にもオレンジユニの姿がちらほら見える。京都はビジターにも販売しているんだ。
・しかし、スタンドの客入りは少なく、かなりさびしい。観客数は7,000人弱。J1の観客動員数じゃない。やはり負けが込んでいると観客動員にもかなり影響がでてしまう。
・アルビのスタメンは予想通り。京都のスタメンにアルビが苦手とするQBK柳沢の名前無し。これはラッキー(笑)。
・スタジアムは風もあり、それほど暑く感じない。これは運動量勝負のアルビにとって有利だ。
・ゲームは最初からアルビペース。京都はホームなのに守っている。
・だが、京都の守備はかなりゆるゆる気味。アルビは好きなように攻撃する。
・時折、カウンターから京都が攻撃を仕掛けてくるが千葉ちゃん、永田がしっかりとケア。ディエゴがボール持つと怖いけど、受け手が不在だから点取られる気がしない。QBK柳沢不在はホント助かる。
・アルビはマルシオ、貴章がシュート打つも入らず。まあ、そのうち得点できるだろうとは思っていたけど、点取れるうちに取っておかないと後で大変なことになるから早く先制したい。
・前半27分、ミシェウさんのスルーパスにヨンチョルが反応し、左サイドをあっさりと突破。そのままシュートをゴール右隅に決めてアルビ先制!
DVC00023.JPG
・ヨンチョル△!代表選出を自ら祝った。
・このゴール、決まったかどうかわからんかった。私の周りもわからんかったようで「入ったよね?入ったよね?入ったよね?」と各々がゴールを確認してからバンザイした(笑)。
・さあ、もう1点取って楽に試合を進めたかったが、前半は1点で終了。
・後半開始から京都が激しく攻撃してきた。ディエゴのシュートはやばかった(汗)。黒河ナイスセーブ。ハーフタイムに秋田監督がちゃぶ台ひっくり返したか。
・後半はこっち側でゲームを進めていくはずと思っていたからちょっと予想外。
・後半8分、アルビのスローインであるが、審判が何事かを他の審判に確認してる。そしてミシェウさんに一発赤紙提示。マジかよ。「乱暴な行為」ってミシェウさん何したの?
・これで戦局は一気に不利となり京都が攻め入ってくる。しかし、アルビは1点リードしてるし、10人になってかえって戦い方が「明確」になった。
・貴章を1列下げて、マルシオの1トップにチェンジ。貴章は時折DFラインまで下がり京都の攻撃を寸断。獅子奮迅の働きで守る。完全にDFだ。
・後半15分、ヨンチョルに代えて三門投入。3ボランチかと思ったが、そーでもないような感じか。よくわからん(笑)。
・後半23分、左からのクロスにディエゴに流し込まれる・・・・が、副審が旗上げてる(嬉)。オフサイドだ。完全にやられたと思った。審判、ナイスジャッジ。
・京都も選手を代えてきたがQBK柳沢の投入は無し。アルビにとってはQBK柳沢が一番怖いのに(たぶん)。。。。。
・後半31分、小林に代えて内田投入。勲と三門のダブルボランチで内田がSHか。よくわからんがとにかく守りをさらに固めてきた。
・直後、CKのチャンス。蹴るのはもちろんマルシオ。ゴール前にアルビ選手は3人しかいない。他選手は京都のカウンターに備えて控えている。マルシオはきっと仙台戦と同じように直接ゴールを狙ったはず。マルシオの蹴ったボールはGKの手を弾いてゴールの中に入って行ったように見えた。アルビ待望の追加点。マルシオ△!
・でも、実際は京都DFのクリアミスからのウオンゴール。マルシオのゴールでいいのに(笑)
・ゴールを決めたマルシオはなぜか「エキサイティングシート」にお座り(笑)。隣の京都マダムも大喜び(爆)。おちゃめなマルシオ△!
DVC00022.JPG
・京都選手はがっくり。数的有利なのにウオンゴール献上。勝てない時って歯車が噛み合わないんだよね。
・残り10分はとにかくしのぐ。
・ロスタイム4分表示。4分は長いだろ。3分で充分だ。
・マルシオが倒され、担架で運ばれる。ちょっと心配だったがピッチ外ですっくと立ち上がった。やはり時間稼ぎの演技だったか(笑)。
・守備固めに鈴木大輔投入かなと思ったら明堂投入。明堂公式戦初出場オメ。ハツラツとボールを追い回していた。
・このまま、完封でアルビ2-0と勝利。明堂はボールに触れた?
・選手がG裏に挨拶に来て恒例のバンザイ三唱。ユースの渡辺がとてもうれしそうにバイザイしていた。
・「オー チョ ヨンチョル~ オー チョ ヨンチョル~オー チョ ヨンチョル~ オオ イギョラー」に答えてヨンチョル1人で恥ずかしそうにG裏へ。メガホン持たされて何事かを言っていた。私はスタンドの最上段にいたんで何言っているのかわからなかった。周囲からは「ヨンチョル かわいいー」と野太い声がかかっていた(笑)
・京都G裏では何事かもめていたらしい。ペットボトルも投げ込まれた。せっかくペットボトル持ち込みOKになったのにまた持ち込めなくなりますよ。
・祝勝会は京都駅で1時間弱1本勝負(笑)。楽しくおいしいビールを飲みました。
・最終の新幹線で帰ってきたが、車内でも1人祝勝会。ビールロング缶1本とチューハイ1缶を飲む。そのうち寝てしまい、気が付いたら新横浜到着直前。危なく乗り過ごしてしまうところだった。。。。。


・スコア速報を見てみるとアルビのシュート数は5本で後半は無し。マルシオのCKは狙ったものだからシュート数に数えてもいいんじゃないかね。
・久々の完封勝ち。GK黒河では初の完封勝ち。ちょっとフィードの精度が気になる。
・苦手の8月を勝利で飾る上々のスタート。今年のアルビは暑くても良く走る。いや、走れる。
・次節からは真夏の厳しい厳しい3連戦。山形(アウェイ)→中3日→清水(スワン)→中3日→川崎(スワン)。スワンで連戦はありがたい。更なる上位進出のためにここが大きなヤマとなるような気がする。
・次節はミシェウさん不在でヨンチョルも代表帰り。ま、今のアルビは選手層が厚くなったから大丈夫でしょう(たぶん)。もしかしてパウロのデビューか?
前の10件 | 次の10件 アルビレックス新潟 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。